【質問】文章中に「纏まる」という言葉(三文字)を使用しています。知らない人からパクったと言われて怖いです。

238 views

「執着を手放す方法と悩みの正体!(第二版)」(2022年1月14日 販売開始)

【質問】文章中に「纏まる」という言葉(三文字)を使用しています。知らない人からパクったと言われて怖いです。

Q:私は文章を書いてブログで公開しているのですが、文章中に「纏まる」という言葉(三文字)を使用してします。そしたら全く知らない人から「私の言葉パクらないで!」と言われました(コメントで)。とても怖い気持ちになりました。もちろんパクっていませんし、意味がわかりません。気持ち悪さも感じます。三文字でもパクったことになるのでしょうか?

質問は「お問い合わせ」から

これは、あり得ないですね。三文字をパクる…、、、意味不明です。

例えばですが、今僕が「意味不明」と書きました。4文字です。これに対して「お前は俺の意味不明という言葉をパクった悪人だ!」とブツブツ言う人がいた場合、それは「被害妄想を抱いている可能性がかなり高い」と思います。ですので、相手にせず関わらない方が良いと思います。健全な人間なら、3文字4文字でパクられたという人はいませんので…。

パクるというのは盗用のことで、他人の文章を自分の文章であるかのように装うことを言います。3文字や4文字では、そもそも装うも何もありません……。それがパクるということなら、罷り通るなら、一人残らず全員パクっていることになります。そんな異常な話は通りません。

キャッチフレーズにすごく詳しい記事を見つけたので、その記事から引用をさせていただきます。

一般的には、キャッチフレーズのような短い文章は著作物とは言えないとされています。

それと同様に、この裁判でも、記事冒頭に書いたキャッチフレーズには著作物性が認められないと判断されています。

引用元:キャッチフレーズを無断で使ったら著作権侵害となる? | 著作権のネタ帳

短い文章は著作物とは言えないとのこと。ですから10文字程度で騒ぐ人は、ちょっと、いやかなりおかしいと思います。引用元の記事に書いてあったのですが、裁判でも認められなかったキャッチフレーズは(18文字)です。

3文字4文字でパクられたと騒いでいる人は、ほぼ確実に妄想者か、またはネット当たり屋(ネットチンピラが因縁つけてくる)か、相手を陥れるためにわざと騒いでいるガスライター(巧妙な心理的虐待の一種ガスライティングを仕掛ける加害者)でしょう。無視して離れて、逃げましょう。

盗まれているという被害妄想を抱いている人もいます。これはSNSなどでも見受けられることがあり、自分の作品(文章、詩、絵等)が優れているから狙われている…という妄想を抱いていて、妄想が進み、「言葉が盗まれた!」という被害妄想を抱いている場合もあります。

認知症の初期に起こりやすい被害妄想で「物盗られ妄想」というものがありまして、これは「若年性認知症(18歳以上65歳未満で認知症発症)」でも起こる場合もあるものですが、「文章が盗まれた!」と騒ぐのも、これと似ている場合もありますので、騒いでいる相手は認知症の可能性もあると思います。

何れにせよ、3文字4文字で「盗まれた!」と思うのは何かしらの問題を抱えていることは間違いないかなと僕は思います。

この記事のレビュー(一覧)

5
Rated 5 out of 5
星5つのうち5 2件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)100%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

これは

Rated 5 out of 5
2021年12月16日

盗まれた妄想してる人最近多い気します😅
誰も盗んでないんだよーって声がけしましたが
ムリでした💧

ぶったりん

No Title

Rated 5 out of 5
2021年12月16日

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

恐怖・トラウマ克服
「サヨナラ・モンスター」

恐怖・トラウマ克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

良かったらグッドボタンを押そう!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)

239 views

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。