自分の直感を信じましょう!無意識のうちに非言語から情報を受け取っているから理由がわからなくても無意識のうちに判断している!

自分の直感を信じましょう!無意識のうちに非言語から情報を受け取っているから理由がわからなくても無意識のうちに判断している!

直感的に相手を信じられないと感じた場合、たぶんその直感は正しいはずです。自分の直感を信じましょう。何故なら人は互いに無意識のうちに非言語(仕草、視線、表情、声のトーンなど)から情報を受け取ってます。意識では理由がわからなくても無意識のうちに判断しています。

こちらは、昨日のツイートの中で「反応」が良かったものですが、もう少し詳しく書いていこうと思います。

まず「非言語コミュニケーション」について引用を交えてお伝えします。

人間は非言語的コミュニケーションを、顔の表情、顔色、視線、身振り、手振り、体の姿勢、相手との物理的な距離の置き方などによって行っている[4]。また、非言語コミュニケーションには身振り、姿勢、表情、視線に加え、服装や髪型、呼吸、声のトーンや声質などの種類がある、とも。

引用元:非言語コミュニケーション – Wikipedia

人は、意識しているもの、無意識のもの、両方含めて上記引用にあるような非言語でコミュニケーションをとっています。無意識のうちに相手の髪型から指先、靴などを瞬時に見て、相手のイメージを作り出しています。

相手のイメージは7秒とか3秒で決まるとか言われていますけど、その通りなんです。意識している場合もあれば、無意識で見ている場合もあるのです。それに対して、相手も無意識で反応していたりもします。

こういった非言語によるものからお互いに情報を受け取ってます。意識では理由がわからなくても無意識のうちに受け取った情報から相手を判断しています。それによって直感で「何か嫌だ」とか「何かイイ」とか思ったりして、それが後で「直感が当たっていた」と思うこともあります。

直感は、「まだ意識化できない知識」です。過去の色々な経験などから得た情報を、勉強不足などによって、まだ意識化出来ていない無意識の知識みたいなものです。私は直感ですべてがうまくいった経験が昔にあるので直感の大切さはよくわかっています。

どんなコンピューターよりも優れているのが「直感」です。私が過去に嫌なことが沢山あったのにも関わらず悲観していないのは「直感力」に繋がっているからです。嫌な過去が「まだ意識化できない知識」になっているのです。

まだ意識化できない知識」を意識化するには、過去の蓋を開けて、過去の嫌な出来事に対して新しいプラスな解釈をするのです。例えば、さっきも言ったように、私の過去の辛かったこと、傷ついたこと、これを思い出します。このままだと、嫌な記憶に苦しめられますよね。だから過去の辛かったこと、傷ついたことを思い出したらすぐにプラスを思い出したり見つけるのです。

「あっ、あの嫌なことがあったから、これが直観力に繋がっているぞ!」と。そうすれば過去の嫌な記憶が書き換えられます。

それがこのことです。

過去の蓋を開けて、こういったマイナスを思い出して、プラスの解釈にする。または、プラスを思い出す。これを繰り返していくと過去の嫌な記憶が薄れていきます。例えば掲示板で誹謗中傷されたとする。誹謗中傷された掲示板を見ると嫌な気持ちになる。その瞬間にすごく楽しかったことや幸せだったことを思い出すのです。これでもかというくらい。

これを繰り返していくと過去の嫌な記憶が薄れていきます。つまり嫌がらせをするような者に心の世界で打ち勝てます。

直感的に相手を信じられないと感じた場合、たぶんその直感は正しいはずです。自分の直感を信じましょう。そして、直感を信じて相手を選んでも自分が傷ついて嫌な気持ちの囚われてしまうことはあります。

そんな時はこの記事でお伝えしたマイナスを思い出して、プラスの解釈にする。または、プラスを思い出す。これを繰り返していくと過去の嫌な記憶が薄れていきます。

こうやって自分の心のメンテンナンスをしっかりやってください。苦しみも心の傷も、蓄積で悪化しますので、悪化させないために蓄積させないことです。その為に、マイナスをプラスで書き換えてしまうのです。ちゃんとやればしっかり効果が期待できますよ。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)