人には無意識のうちに作り出している「目的」がある。そこに進んでいる。それだけではない。他人が勝手に人の心に「目的」を作り出せる場合もあるのです。これは人生を明け渡す…。魂を侵される…。ということです。

人には無意識のうちに作り出している「目的」がある。そこに進んでいる。それだけではない。他人が勝手に人の心に「目的」を作り出せる場合もあるのです。これは人生を明け渡す…。魂を侵される…。ということです。

心理学三大巨頭の1人アドラーの言葉を引用しますので読んでみて下さい。

本当です。人には無意識のうちに作り出している「目的」がある。そこに進んでいる。そして、この目的だけではなく、無意識のうちに作り出している「目標」があります。目的達成のための目標。意識して作り出しているものもありますが、無意識のうちに作ってしまっている場合もあるのです。

それだけではありません。カルト教祖などは信者の心に「目的」を作り出すことを得意としています。つまり、他人の潜在意識(無意識)に他人が勝手に人の心に「目的」を作り出せる場合もあるのです。これは人生を明け渡す…。魂を侵される…。ということです。

しかし、これは必ずではありません。カルト教祖が他人の心に「目的」を作り出せない場合もあるのです。そんな人はなぜ他人に勝手に「目的」を作られることをされないか。それは自分の心をしっかり管理しているからです。つまり心の管理者になっているからです。心の管理者になるには勇気が必要です。勇気がなければ意味さえ理解できないでしょう。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)