Google検索

人生観とは?自分の輝く器にプラスを多く入れよう!感情は解釈の結果、生まれるのです。

img_1

人のは10あるとすれば、その10にプラスとマイナスをどんな割合で入れるかが大事です。つまり、目の前の対象から良いところを見るのも悪いところを見るのも自分次第なんです。マイナスプラスなら、何をみてもマイナスにしか見えやすい。だけどマイナスプラスなら何をみたってプラスに見えやすいのです。同じものを見ても自分の器の中に何を入れるかでこんなに違うんです。

自分が成長して器が大きくなって10から50にパワーアップした場合、マイナスが入ってしまう確率も高くなるので、自分が成長すればそれだけマイナスになりやすいので注意が必要です。

<<下に続く>>

これを人生観といいます。人生観とは「人生の目的や本質について持つ考え方」の事を言います。感情に呑まれるではなく、自分がどんな感情を使うかが大切なのです。私たちは勝手に感情が生まれていると思い込んでいますが、感情は私たちの解釈の結果、生まれているのです。感情発生のメカニズムは、科学的に効果が立証されている認知療法で、既に明らかなことですが、現実で起こる出来事を次から次へと解釈して、その解釈の結果、感情が作られているのです。つまり同じ出来事でも人それぞれ生まれる感情が違うのも解釈が違うからです。

その解釈の結果、作られている感情。この感情の合計で人生観は決まるのです。つまり、プラスな感情を作り出せば出すほど人生観もプラスなものとなるのです。例えば旅行先で楽しむこと=人生観と考えてみて下さい。そこに車で移動するにはガソリンが必要です。これと同じで私たちの感情がガソリンなのです。認知とは解釈する過程のことを言います。ですので認知の歪みを修正することが大事なのです。認知の歪みを修正するというのは、解釈する過程が変わるという事です。解釈する過程が変わると生まれる感情も変わってくるので人生観が変わるという事です。

ですので、プラスな感情を作り出すトレーニングが大事になります。そのトレーニングはプラス感情トレーニング「emotion plus」ですが、メールと自分のやる気次第で、いつでも出来ます。

ここでは感情は勝手に出て来るものではなく、私たちが自覚していてもいなくても、解釈の結果、感情が生成されていると覚えておくと良いです。

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by SAKUZOU

    ひとつ勉強になりました。
    トレーニング次第で良くなるんですね。

  2. by 名無し

    一度、マイナスの感情を持ってしまうとなかなかプラスにすることは難しいですよね。悪いところばかりを探している訳では無くても、人は無意識に解釈してしまっていると思います。トレーニングでプラス感情を持てるようになるのなら試してみたいです。

  3. by LV

    私は10あるとすれば
    マイナスの方が大きいのかなっと思います。

    勝手な感情が出る訳ではなく
    結果、生成されているのですね!

    ばっちり、頭にインプットさせて貰いました。

  4. by 名無し

    私の今後の目標は、まず器の中の不要なプライドや思考をゴミに出し、そして認知の歪みで黒ずんでしまった部分をピカピカに磨く。それからプラスな思いや大事にしたい強さや優しさ、癒しの心を入れて増やしていく事です。
    やがては花も飾れるような余裕も持てるようになりたいです。

    言葉を少しお借りして例えるとこんな感じです(^-^)b

  5. by angemini

    凄くうなづけるご意見だと思います。

    器の大きさが一緒なら、プラスをたくさん入れていきたいところです。

    私は、ここ10年程は10のマイナスどころか、器を破壊して1000のマイナスで心を真っ暗にしていました。

    ここ4年程で、やっと壊してしまった器を直し、少しずつプラスが入れる事ができつつあります。

    器を全てプラスでいっぱいにするのはもちろん無理でしょうが、少しずつ、そして、器のサイズも大きくしていければ…と、思っています。

    人間始めて42年。

    「40は不惑」と言いますが、だんだんその境地に近付いているような気もしてきました。

    菅原さんも、お体大切に頑張ってください。

    これからもよろしくお願いいたします(・ω・人)(・ω・人)

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      ありがとうございます(*^_^*)

      器を破壊して1000のマイナスで心を真っ暗にしたからこそ見えるもの、感じれるものがありますので、
      そのことがバネになることで、素晴らしい素質が出てくると思いますよ^^
      内なる子どもを育てる内なる親になっていけば、素晴らしい個性が出てくると思います。

      40は不惑という言葉は分からなかったので調べてみました^^
      40歳になれば、道理を知って迷わないというような意味なんですね(*^_^*)

      私は10年若返りたいと思っていたのですが、この言葉を知って若返りたいと言う気持ちは要らないと感じました。
      40代の素晴らしさを証明するような言葉ですね(*^_^*)

      歳をとるっていいことだなとも私も思うようになりました。
      死ぬ瞬間まで向上をしていきたいなぁと思います。
      死ぬ瞬間に誰も泣かずに笑って死ねるような、そんな人生をおくってみたいなと(笑)

      こちらこそ、宜しくお願いします^^

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。