⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️【高評価投稿!】執着の手放し本

あなたの「心」の苦しみを送信してください
解くために役立つ情報提供
心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

子は天からの授かりもの!そして子は鎹!子は親に気づきを与えるために生まれてきた

未分類(仕分け前)

子は天からの授かりもの

この記事は個人的意見が多く含まれます。

どんな子も「子は天からの授かりもの」なんです。

そして「子は鎹」ともいわれますね。

あなたも、このことを聞いたことがあるかもしれません。

子は鎹(かすがい)

鎹

「鎹(かすがい)」とは、上記の画像のように材木と材木をつなぎとめるために打ち込む大釘のことです。

お父さんとお母さんが木材で、つなぎとめるための大釘が子どものイメージです。

子は鎹というのは、子どもには「出会った二人を繋ぎとめる素敵な力がある」という意味なのです。

子は親に気づきを与えるために生まれてきた

私たち人間は、どんな素敵な出会いがあっても、喧嘩をしたり、別れそうになったりします。

二人の仲が悪くなり、本当に分かれてしまいそうな時に、可愛い我が子を考えると「この子にとって別れることは好ましくない…」そう思わせてくれ二人を繋ぎとめてくれるんです。

そして「子は親に気づきを与えるために生まれてきた」のです。

三つ子の魂百までの正体

引きこもりの人は親の苦しみを背負い引きこもったのです。

対人恐怖症の人は親の苦しみを背負い対人恐怖症になったのです。

いつ?

0歳~3歳の間に、無意識に大量に、親の苦しみが子どもにインストールされたのです。

ほぼ、すべて。

これが「三つ子の魂百までの正体」です。

供養とは「気づき」を共有すること

つまり、もしも、あなたが今苦しいのなら、自信を持って下さい。

あなたは通常よりも「難しい試練」を選んだのです。

本当は比較すべきではないのですが、あえて比較するのなら「温室の中」ではない「厳しい環境」を選んだのです。

あえて苦しむ覚悟で、親を救いたいという強い思いから、選んで生まれてきたのです。

ですので、苦しいことは恥じることではありません。

世代間連鎖による苦しみの背負い

あなたの苦しみはあなたのものではなく、それは基本、親の苦しみなのです。

私たちは信じると相手の苦しみなどがインストールされるようになっているのです。

相手の苦しみを実感し体感し理解できるからです。

私たち人間は、信じ切ると、不思議と、相手の悲しみや苦しみが分かってくるのです。

そして自分の苦しみと相手の苦しみの区別がつかず自分の苦しみだと思ったりするのです。

子供は無条件で親を信じます。

子供は苦しんでいる親の苦しみを一緒に背負うために生まれてくるから「子は天からの授かりもの」と言われるのです。

子供の功績による進化

そして、本物の「供養」とは「供に心の中で繋がっているものと養うこと」を言います。

偽物の、金だけ供養とはわけが違うのです。

供に養う。

つまり「気づき」です。

既に亡くなった方でも、心の中では生きているのです。

自分に「気づき」を出せば、それは心の中で生きている者と供に養うことになるのです。

これが本物の供養です。

もしも、あなたが今苦しんでいるのなら、それを解決する為にあなたは背負ったのでしょう!

真っ白な赤ちゃんが、何もなしに、苦しみたいと願うことはありません。

苦しむようになっていく理由。

それは世代間連鎖による他者の苦しみを背負うからです。

ですので、私は断言できます。

苦しんでいる人は立派だと。

子供が生まれてきていることで、過去歴史振り返ってみても分かるように、人はだんだん良くなってきているのです。

それは子供の功績なのです。

そして皆さんも子供時代があるので、みんなの功績なんです。

幸せな家族

親子の幸せに向けた自己認識・自己理解・自己受容・過去受容の重要性

(以下の文章はChatGPT3.5を活用して書きました)

親子が幸せになるためには、お互いの自己認識、自己理解、自己受容、過去受容が重要です。これらの要素を深めることで、より健康で良好な関係を築くことができます。

自己認識は、自分自身の特性や価値観を正しく把握することです。親は自分がどんな人間であるのかを理解し、子どもも自分自身の個性を受け入れることが必要です。

自己理解は、自分の感情や思考、行動の動機を理解することです。親子はお互いの感情や行動の背後にある意味やニーズを理解し合うことで、より深い絆を築くことができます。

自己受容は、自分自身を受け入れることです。親も子どもも完璧ではなく、間違いや欠点を持っています。しかし、それらを否定せずに受け入れることで、お互いに寛容で優しい関係を築くことができます。

過去受容は、過去の出来事や体験を受け入れることです。親子は過去のトラウマや苦しい経験を共有し、お互いを支え合うことで癒しを促進することができます。

これらの要素を深めるために、書くことが非常に効果的です。文章を通じて自分自身と向き合い、自己探求や感情の整理を行うことで、自己認識や自己理解が深まります。また、書くことは内省的な行為であり、自己受容や過去受容のプロセスを促進する手段となります。

そこで、セルフヘルプ教材「サヨナラ・モンスター」をご紹介します。この教材は書くことを通じて自分自身を深く知り、過去の傷や困難と向き合い、癒しと成長を促すためのツールです。自己認識、自己理解、自己受容、過去受容を促進する様々なエクササイズや質問が提供されており、個々のペースで取り組むことができます。

「サヨナラ・モンスター」は、親子関係の改善や心の癒しを求める方々にとって有益な教材となることでしょう。書くことを通じて自分自身と向き合い、より深い自己理解と成長を達成しましょう。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。