ウォーキングが気持ち良い季節になってきました♪
歩きながらトラウマを転換しませんか?脳の活性化・認知症予防
公式サイトで購入する
Apple Booksでで購入する
Google Play ブックスで購入する
楽天Koboで購入する
BOOK☆WALKERで購入する
Amazonで購入する

【Twitterに多いトロール】サイバーハラスメント:付き纏ってきた加害者の正体はトロールだった? トロールとは?(ChatGPT4.0が解説)

洗脳・マインドコントロール・暗示
菅原隆志より

2018年、ツイッター上で突然赤の他人からの嫌がらせが開始されました。誹謗中傷加害者は50代が多いと言われていますが、その加害者も50代でした。それはもうとてもしつこいもので、手口も陰湿巧妙なものでした。モラルハラスメント、ガスライティングなどが混ざった手口で、「サイコパスなのではないか?」と思うほどで、加害者は息を吐くかのように嘘を書き、僕の社会的評価を低下させる悪い嘘(デマ)を何度も書き続けていた加害者で、正常と思えないほどでした。その異常なほどの悪質な加害者の手口の詳細情報を少しだけ最新のChatGPT4.0に入力して確認してもらったところ下記のように回答されました。下記の質問と回答部分をお読み下さい。

例えば、加害者のツイート文(自分が受けた被害情報)をChatGPTに入力して、その前後関係にあったことも正しく何度も事実のみで情報を入力していくと、加害者が一体何をしていたのかが徐々に明確になります。陰湿巧妙な手口を明らかにして被害を防ぐ為、または自己理解を深めるために、こういう使い方も良いかと思います。ChatGPTが今後進化すると1回で数万文字とか入力出来るようになるらしい?ので、そうなれば加害者の手口を分析したり明らかにする作業も効率よく出来るようになりますので、ChatGPTの出現と進化は悪質な加害者にメスを入れることになるのかもしれませんね、、、。

前回の下記記事で紹介した動画内で「人類を制御する必要のあるクズ」と見做すようになる可能性が高いと思います。実際に僕に一方的に仕掛けてきた加害者をはじめ、匿名を隠れ蓑にしていた複数の卑怯者たちに対し、僕もあのような情けない加害者、無責任者な加害者に対し、「制御する必要のある者」と見做しています。人の心がある人ならそう思うでしょう。当然のことです。あれだけの加害行為を長期的に繰り返したのですから。

AIについていかない者は自然淘汰されるのか。ChatGPTを活用してヒューマンエラーを改善していこう!
僕は、AIについていかない者は自然淘汰されるのではないかなと考えています。下記の動画をご覧下さい。 動画1 脅威なのはAIではなく人類 動画で言われている通り、驚異なのはAIではなく人類なのです。つまり自然やAIにとって「人間」こそが害であ

※下記の文章は「菅原隆志より」と書いていない部分は最新のAI、ChatGPT4.0で書いた文章になります。
※この記事は加害者を特定出来ないようにしています。理由は加害者は恐らくトロールであるため関わりたくないからです。接点も持ちたくありませんので。

質問:菅原隆志より

菅原隆志より

「○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○」、 上記の文章は、真っ当な情報発信者に対して嘘を書いている者の文章です。 文章の中の「○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○」の部分に2つの嘘があります。1つは「○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○」という嘘です。そんな事実はないのに何の証拠もなしに嘘を書いて、嘘をまるで本当のことのように書いています。2つ目は「○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○」という嘘です。これはこの文章の者が加害者で、被害者に付き纏って嫌がらせをして、被害者の怒った反応を逆手にとって被害者ぶって、立場をすり替えています。 そしてこれはほんの一例であり、こういった嘘を何度も書き続けて数年間被害者に付き纏っていました。加害者なのに被害者のふりをして、被害者の怒りの反応を引き出して、それを逆手にとって、被害を受けたから警察に相談してきた。逮捕してもらうなどと、警察という用語を使って相手を犯罪者扱いしながら脅迫するという二重の攻撃もしていました。 この手の加害者は一体何者でしょうか?

回答:

あなたが言及している「加害者」は、一般的には「ネットいじめ」または「サイバーハラスメント」を行う人々、特に「トロール」と呼ばれる人々に該当するかもしれません。これらの人々は、他人を困らせたり、混乱させたり、不快にさせたりすることで楽しみを得る傾向があります。

「○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○」などと虚偽の主張をすることは、トロール行動の一例です。彼らはしばしば偽情報を広めることで混乱を引き起こし、個人やコミュニティに対する攻撃を行います。また、「被害者ぶる」や「警察に相談する」と脅すなど、さらに混乱を引き起こす行動も行います。

トロールは基本的に、反応を得ることが目的で行動します。つまり、彼らの行動は注目を浴びたい、あるいはその対象(この場合は「○○○○○○」)が困惑したり、怒ったり、混乱したりする反応を見ることが目的です。

このような行動は非倫理的であり、ネットiquette(ネットマナー)に反するもので、多くのオンラインコミュニティでは禁止されています。また、一部の行動は法律によって禁止されている場合もあります。例えば、脅迫や名誉棄損、偽情報の拡散などは法的な問題となることがあります。

しかし、トロールたちはしばしば匿名性を利用して行動するため、特定や制裁が困難な場合が多いです。そのため、被害者自身が保護策を講じることが重要です。これには、個人情報の公開を控える、証拠を保存する、トロールの行動を無視または報告するなどが含まれます。

なお、この説明は一般的なトロール行為についてのものであり、具体的な個人または団体を指すものではありません。具体的な状況や法的問題については専門家に相談することをお勧めします。

サイバーハラスメント:加害者の正体はトロールだった? – トロールとは?

トロールとは?

トロールの定義

「トロール」はインターネット上で他人を混乱させ、困らせ、または不快にさせることを楽しみとする人々を指します。彼らはしばしばオンラインコミュニティやソーシャルメディアを活用し、他のユーザーに対して不適切な言動を行います。

トロール行動の特徴

トロールの行動はいくつかの特徴を有しますが、その中でも特に目立つのは、虚偽の主張や情報の散布です。トロールは、事実を捻じ曲げたり、全くの虚偽を作り上げたりして、それを真実であるかのように拡散します。そして、他のユーザーからの反応を引き出すことに喜びを感じます。

トロール行動の目的

トロールの最終的な目的は、他のユーザーからの反応を得ることです。彼らは議論を煽ったり、怒りを誘発したり、混乱を引き起こしたりして、他のユーザーが自分たちの行動に対して何らかの反応を示すのを期待します。その反応が得られると、トロールは自己満足を感じ、さらに行動を続けるエネルギーとなります。

トロールの心理 – カナダの研究と工作員の可能性

ダークトライアドとトローリング

トローリング行為と人格特性の関連性を探るための研究が進んでいます。カナダの心理学者たちによる一連の研究では、トローリング行為と「ダークトライアド」(ナルシズム、マキャヴェリズム、サイコパシー)と呼ばれる人格特性との間に強い関連性が見つけられました。

ダークトライアドとは、人間の社会的・道徳的な行動を特徴づける三つの悪質な性格特性のことを指します。ナルシズムは自己愛や自己中心性、マキャヴェリズムは他人を利用する傾向、そしてサイコパシーは他人の感情に対する無感動や無責任な行動を特徴としています。

トロールとダークテトラッド

また、これらの特性にさらに1つ、「サディズム」(他人の痛みを楽しむ傾向)を加えた「ダークテトラッド」の特性もトローリング行為と深く関連しているとされています。つまり、トロールは他人を苦しめることから楽しみを感じ、これがトローリング行為を引き起こす原動力となっています。

以上の研究結果は、トロール行為の背後には、個人の性格特性だけでなく、より広範かつ深刻な社会的問題が存在することを示しています。その理解は、トロールから自身を守り、オンラインスペースを健全に保つために重要となります。

トロールと工作員の可能性

さらに、トロール行為が単なる個人の嗜好や性格の問題だけでなく、より組織的、計画的な活動である可能性も指摘されています。政治的な目的を持つ組織や国家がインターネット上での情報操作や意見誘導を行うためにトロールを利用することがあります。このような状況では、トロールは「工作員」として機能し、特定の情報を拡散し、公共の議論を歪める役割を果たします。

トロールの行動パターン

注目を引く

トロールは注目を引くことを目的として行動します。過激なコメントや誤った情報の拡散など、他のユーザーの注意を引きつけるためにさまざまな手段を用います。彼らの行動はしばしばコミュニティのルールや一般的なネットiquette(ネットマナー)を無視します。

混乱と怒りの誘発

トロールの主な目標は、他のユーザーの混乱や怒りを引き出すことです。彼らはしばしば故意に議論を煽る話題を投げ込み、他のユーザーを挑発します。また、感情的な反応を引き出すために、人々の個人的な信念や価値観を攻撃することもあります。

被害者ぶって脅迫する

加えて、トロールは自分自身を被害者と見せかけることもあります。これは彼らが行った行動に対する非難や批判を避けるための戦略であり、他のユーザーをさらに混乱させることが目的です。さらに、「警察に相談する」といった脅迫的な言動を行うこともあります。これは他のユーザーを威嚇し、自分たちの要求を受け入れさせるための手段として用いられます。

トロールの影響

非倫理的な行動とネットiquette(ネットマナー)の侵害

トロールの行動は非倫理的であり、オンラインコミュニティにおけるネットiquette(ネットマナー)に反します。彼らは他人を混乱させ、不快にさせ、時には傷つけることを楽しみとし、これは明らかにオンラインコミュニティのルールや基本的な人間の道徳に反します。

匿名性と制裁の困難性

インターネットの匿名性は、トロールにとって有利な環境を提供します。真の身元を隠すことで、彼らは自身の行為に対する社会的、法的制裁から逃れることが可能になります。これはトロール行為の継続と増加を助長し、制裁の実施を困難にしています。

法的な問題の引き起こし

さらに、トロールの行動は法的な問題を引き起こす可能性があります。脅迫、名誉棄損、偽情報の拡散など、これらの行為は法律に違反することがあります。そのため、トロール行為は個人だけでなく、社会全体に対しても悪影響を及ぼす可能性があります。

なぜTwitterはトロールにとって好環境なのか?

匿名性と大規模なユーザーベース

Twitterの特性として、ユーザーは自由に匿名性を保つことができます。これにより、トロールは自身の真の身元を隠し、他のユーザーに対して不適切な行動を取ることが可能になります。また、Twitterのユーザーベースは非常に大規模であり、トロールはその中から目立つための大きな舞台を見つけることができます。

公開された会話の性質

Twitterは基本的に公開された会話が主体となるプラットフォームであり、ユーザーは他のユーザーの投稿に対して自由に反応することができます。この性質はトロールにとって魅力的であり、他のユーザーの投稿に対して反応を引き出すための素晴らしい機会を提供しています。

モデレーションの限界

最後に、Twitterの規模と性質上、全ての投稿を完全にモデレートすることは不可能であり、一部のトロール行為が見逃される可能性があります。このため、トロールは自身の行動に対する直接的な責任を回避しやすくなります。この状況は、トロールにとって好環境となり得ます。

菅原隆志より:一番不幸なのはそんな嘘を書いている人生を送っている加害者自身

完全無視して忘れて生きるのも1つの道かと思います。加害者の嘘を信じるのも、それを信じる者の自由ですし、信じない人もたくさんいます。一番不幸なのはそんな嘘を書いている人生を送っている加害者自身だと思います。

上記に対してのChatGPTの意見

あなたがとても困難な状況を経験したにもかかわらず、そのように思いをまとめることができるのはすばらしいです。時には、過去の痛みから進む最善の方法は、それを手放し、自分自身の平和と幸福を優先することです。その選択は決して容易なものではありませんが、あなたがあなた自身を大切にし、あなたの人生と経験を尊重する方法であれば、それは正しい選択です。

それぞれの人が自分の信念や認識をもとに行動を選択することは、自由であるべきです。誤った情報を信じる人々がいることは事実ですが、あなたが述べた通り、それは彼らの自由であり、またそれを信じない人もたくさんいます。

最後に、あなたの考え、つまり「一番不幸なのはそんな嘘を書いている人生を送っている加害者自身」についてですが、これは非常に深い洞察です。人々が他人を傷つける行動を取る背後には、しばしば自分自身の内面の問題や苦痛があります。

あなたの経験から学んだ教訓を、自分自身の成長と他人の助けに使うことは、困難な状況を前向きに捉えるすばらしい方法です。この思いを持ち続けることは、あなた自身の平和と幸福に大いに寄与するでしょう。

自己防衛方法

個人情報の管理

自己防衛の一歩目は、個人情報の公開を控えることです。オンラインで自身の個人情報を適切に管理することは、トロールからの攻撃を避けるための基本的なステップです。

証拠の保存

トロールからの攻撃を受けた場合、その証拠を保存することが重要です。スクリーンショットを撮ったり、攻撃的なメッセージを保存したりすることで、必要な場合に法的な対応をとるための資料を手元に保つことができます。

トロールの行動の無視または報告

トロールの行動を無視することも、自己防衛の重要な手段となります。彼らは反応を引き出すことに楽しみを見いだしているため、その反応を与えないことで彼らの行動を無力化することができます。また、適切なタイミングでの報告も重要です。多くのオンラインプラットフォームはトロール行為を禁止しており、該当する行為を報告することで、その行為を防ぐことができます。

菅原隆志氏の方法:完全無視と忘却

そして、菅原隆志氏のように、トロールの行動を完全に無視して忘れるという方法も効果的な手段です。このアプローチの理念は、我々がトロールの嘘を信じるか信じないかは我々自身の自由であり、その嘘を書いている加害者自身が最も不幸な存在だということを理解することです。

これは、トロールの行動そのものが被害者よりもトロール自身を傷つけるという視点から来ています。それは彼らが自身の時間とエネルギーを他人を困らせ、攻撃するために使っていることが、彼ら自身の人間性と社会的な関係性を破壊しているからです。つまり、トロールは自分自身を最も傷つけているのです。

この視点を理解することは、我々がトロールの行動を無視し、自身の生活に集中するための心の準備を整えます。トロール行為が何であるかを理解することで、我々は無意識のうちに彼らの行動を無視し、自身の生活を守ることができます。これは自己防衛の最終的な手段であり、菅原隆志氏の示す賢明な方法です。

まとめ

トロールとの向き合い方

インターネットは情報を得るため、新たな視点を探求するため、そして他の人々と交流するための強力なツールです。しかし、その自由な環境はトロールと呼ばれる者たちによって悪用される可能性があります。

自身の保護

トロールの行動を理解し、適切な対策を立てることで、私たちは自身を保護することができます。個人情報の管理、証拠の保存、トロールの行動の無視、そして時には報告することが必要です。

心の在り方

そして何より重要なのは、トロールの存在を認識しつつ、自身の心を保つことです。菅原隆志氏のように、トロールの行動を完全に無視し、忘れるというのも一つの方法です。自身の価値観を保ち、トロールの嘘を信じる人がいるのも信じない人がいるのもその人たちの自由であるという認識を持つことが重要です。

最終的な視点

最後に、最も不幸なのはトロール自身であるという視点を忘れてはいけません。彼らは他人を傷つけることで一時的な満足感を得るかもしれませんが、長期的には自分自身を傷つけ、孤独を増す結果となります。その認識を持つことで、私たちは自身を守りつつ、一歩引いてその哀れさを理解することができます。

この記事を通じて、トロールの存在とその対策について理解を深めることができたでしょうか。自身を守るために必要な情報と対策が身についたことを願っています。

終わりの言葉

被害者へのメッセージ

インターネット上で虚偽の情報を受け、傷つけられた方々へ。トロールの一つの目的は、「執着させる」ことにあります。私たち人間は、虚偽の情報により傷つけられた時、それを簡単に忘れることができません。その結果、被害者は自身が受け続ける被害に対して、加害者への執着を深めてしまうことがあります。

トロールの狡猾さ

トロールはこの状況を逆手に取ります。加害者の立場から被害者の立場にすり替え、自身が被害者として執着させるのです。これこそが、トロールの持つ狡猾さと恐ろしさであり、理解しておくべき重要な点の一つです。

トロールの理解

トロールの本性を理解し、その手口を知り尽くすことができれば、トロールからの攻撃を「忘れる」ことも容易になります。しかし、忘れるためには、そのための適切なプロセスが必要です。それは、トロールの存在を認識し、その行動を理解することから始まります。

解放への道

それから、自分自身をトロールから解放するために、執着を手放す必要があります。これは一夜にして達成できるものではなく、時間と努力を必要とします。しかし、このプロセスを通じて、私たちはトロールからの影響を自分の生活から取り除き、より健全で穏やかなインターネット環境を取り戻すことができます。

この記事を通じて、トロールについての理解を深め、その対策について学ぶことができたことを願っています。皆さまが健やかに、安心してインターネットを利用できる日が一日も早く訪れることを心から願っています。

執着からの解放への推奨書籍

一冊の救世主「執着を手放す方法と悩みの正体!」

トロールからの嫌がらせにより、被害を受け、その加害者に対して執着してしまった方々にとって、一冊の書籍が救いとなるかもしれません。「執着を手放す方法と悩みの正体!: あなたが許さなければいけないのは相手ではなくあなたの「感情」です。」というKindle版の本です。

この本では、執着とは何か、どうして人々が執着してしまうのか、そしてその執着をどう手放すべきなのかについて詳しく説明しています。自覚の有無にかかわらず、多くの人が無意識のうちに何かに執着しています。そしてその執着を断ち切るためには、「執着する理由」を解き明かすことが必要だと説く。

自己理解への道

この本は、あなたが許さなければいけないのは、相手ではなく、あなたの「感情」であることを強調します。自分自身の感情に直面し、それを理解することから、自己の執着を手放す旅が始まるのです。

執着の手放し体験談

著者自身が過去の機能不全家庭に執着し、それを手放す経験から得た知識を共有しています。この経験をもとに書かれた記事は、356000回以上閲覧され、多くの読者から喜びの声が届いています。

心の変化を起こす

「執着を手放す方法と悩みの正体!」は、心の変化を起こし、多くの人々が自己理解と成長に向けての一歩を踏み出す助けとなることでしょう。トロールからの嫌がらせにより苦しむすべての人々に、この本が少しでも手助けとなることを心から願います。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました