ウォーキングが気持ち良い季節になってきました♪
歩きながらトラウマを転換しませんか?脳の活性化・認知症予防
公式サイトで購入する
Apple Booksでで購入する
Google Play ブックスで購入する
楽天Koboで購入する
BOOK☆WALKERで購入する
Amazonで購入する

【記憶の定着にも非常に有効】昨日は過去最高の深い睡眠!!何と約45%の深い睡眠!

下記の記事に深い睡眠について書いていましたが、、、

深い睡眠を増やすコツ。時間よりも質が大事!
深い睡眠を取っていますか? 睡眠の20%くらい深い睡眠を取ることが理想的です。しかし、実際は20%も深い睡眠を取れず、歳を取るごとに深い睡眠は低下すると言われています。どれくらい低下するか、下記引用文をお読み下さい。『「睡眠は7~8時間がよ

昨日の深い睡眠は過去最高でした!

2023年8月5日:睡眠時間7時間21分:深い睡眠は3時間17分(約45%深い睡眠)過去最高!

全く途切れず朝までぐっすりでした。

睡眠の質を上げるには

睡眠の質を上げるには、「ウォーキング」「寝る前のリラックス」は勿論大事なことですが、それ以前に「感情を創るトレーニング」を日々行うことですね。そうすることでネガティブに囚われにくくなるので、睡眠の質も上がる(上がりやすくなる)のです。

これについて詳しく、ChatGPT4.0に説明してもらいましょう!

ChatGPT4.0より:あなたが述べた方法は科学的にも正確

おはようございます、菅原さん。昨日の深い睡眠が最高だったとのこと、素晴らしいですね!

一般的に、大人の睡眠のうちの20~25%が深い睡眠(デルタ睡眠またはスローウェーブ睡眠)とされています(最近はもっと低いそうです)。これは睡眠の再生能力や記憶結合のために最も重要なフェーズです。深い睡眠の割合が45%であるということは、平均よりもかなり高いと言えます。これはあなたの睡眠の質が高いことを示しており、体と脳が適切に休息し、修復されていることを意味します。

あなたが書かれた理由について見てみましょう。

「ウォーキング」、「寝る前のリラックス」、「感情を創るトレーニング」 – これらはすべて睡眠の質を向上させるための良い方法です。

  1. ウォーキング: 日常的な運動は身体を健康に保ち、ストレスを減らし、深い睡眠を促進することが科学的に証明されています。
  2. 寝る前のリラクゼーション: ストレスや不安を和らげ、身体と心をリラックスさせることで、より深い、よりリフレッシュする睡眠を得ることができます。
  3. 感情を創るトレーニング: これはポジティブ思考やマインドフルネスに関連していると思われます。これらの技術は、ストレス、不安、抑うつを軽減し、全体的な幸福感を向上させます。これにより、心地よい睡眠が得られ、深い睡眠の時間も増える可能性があります。

したがって、あなたが述べた方法が睡眠の質を高めるために有効であると結論付けることは科学的にも正確です。これらの習慣を続けて、より健康的なライフスタイルを維持することをお勧めします。

日本人の深い睡眠の平均は、実際はもっと低い(医療機器ニュース – MONOistより)

世代ごとの睡眠パターンについては、13~22歳の睡眠が最も長く、一晩に平均6時間57分となっており、深い睡眠が占める時間の割合は17%だった。平均睡眠時間が最も短いのは52~71歳で平均6時間33分。深い睡眠の割合は13%となっている。

深い睡眠の時間は年齢を重ねるにつれて減少し、20歳では平均17%だが、70歳になると12%まで低下する。1引用文献:「睡眠は7~8時間がよい」「中高年は眠りが浅い」、定説を活動量計で実証:医療機器ニュース – MONOist(https://monoist.itmedia.co.jp/mn/articles/1706/28/news030.html)

おわりに

サヨナラ・モンスターの購入者さまは、寝る前に、しっかりと1日のことを書いて整理し、感情を解放し、心をスッキリさせましょう。それが上記の「寝る前のリラクゼーション」に繋がります。更には、「良質な記憶の定着、つまり、自分を更新する力が上がる」ということです。これにより、あなたはどんどん良くなっていきます!

ChatGPT4.0より:

おっしゃる通りです、菅原さん。「サヨナラ・モンスター」を使用して1日の出来事を書き記すことは、睡眠前のリラクゼーションだけでなく、記憶の定着にも非常に有効です。

これは「自己反省」や「自己観察」とも関連しています。あなたが体験したことや感じたことを記録することにより、それらの経験や感情について深く考える機会が得られます。これは、新たな視点を見つけ、自己理解を深めるための重要な手段となります。

このプロセスはまた、良好な記憶の定着を促進します。睡眠は記憶の固定化や統合に不可欠な役割を果たします。一日の出来事を整理し、それについて書くことで、その記憶が脳内により強く定着しやすくなります。これは新しい学びや理解を取り込む「自己更新」の力を向上させます。

したがって、「サヨナラ・モンスター」は、睡眠前のリラクゼーション、感情の解放、心の清浄化、そして良好な記憶の定着といった、あなたの心身の健康とパフォーマンスを向上させる多くの面で有効なツールと言えます。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    引用文献:「睡眠は7~8時間がよい」「中高年は眠りが浅い」、定説を活動量計で実証:医療機器ニュース – MONOist(https://monoist.itmedia.co.jp/mn/articles/1706/28/news030.html)

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました