→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

「エモーションプラス」、「サヨナラ・モンスター」、「トラウマ転換ウォーキング」の3つの方法は、脳科学的、心理学的、哲学的、仏教的な観点から見ても非常に高い効果が期待できる方法

「エモーションプラス」、「サヨナラ・モンスター」、「トラウマ転換ウォーキング」の3つの方法は、脳科学的、心理学的、哲学的、仏教的な観点から見ても非常に高い効果が期待できる方法 脳の前頭前野・海馬の活性化(3)

思考は現実化する

「この世のすべては、思いの結果である。我々は思いによって創られる。」- 仏陀

思考は現実化する。これは意識的な思考だけではなく、無意識レベルの思考も、です。9割以上ある無意識の思考も現実化に寄与しています。つまり”無意識の力”を使う方が、圧倒的な力で現実化させれるってことです。

「無意識の力」を使おう!

ではどうすれば「無意識の力」を使うことができるのでしょうか?それは「〇〇」をセットして〇〇〇〇〇〇〇〇を実践していけば良いのです。

「〇〇」をセット、これは下記です。
エモーションプラス(第二版) 

これで心の燃料をセットして〇〇〇〇〇〇〇〇を実践していけば目的達成が早まります。これをセットして「サヨナラ・モンスター」に取り組めば心の問題解決が早まります。これをセットすることは絶対にやった方が良いです。

正しい集中と心の迷いを消し去るなら、エモーションプラス(https://amazon.co.jp/dp/B09SDVTQQS)を実践すると良いです。

妨げは掻き消せ!

無意識のうちに、集中の妨げと迷いを生じさせている無意識レベルの思考があります。それを掻き消すには、簡単なこの方法が非常に効果的です。

これを実践しないと、

・集中できない
・燃え尽きてしまう
・集中力低下
・迷いが生まれる
・心が枯れ果てる

こうなりやすいです。

これって当たり前のことなんです。
「心の燃料」を創らず動いたら、
すぐ止まってしまいます。

心の燃料を創る方法
エモーションプラス(第二版) 

1、エモーションプラス
2、サヨナラ・モンスター
3、トラウマ転換ウォーキング

この三種の神器で心理的な問題解決に取り組むと、非常に高い効果が期待できるのです。この3つは、脳の前頭前野(人間らしさの司令塔)と海馬(記憶の司令塔)の活性化に繋がりやすいのです。

この3つは、脳科学的、心理学的、哲学的、仏教的な観点から見ても非常に高い効果が期待できる方法

「エモーションプラス」、「サヨナラ・モンスター」、「トラウマ転換ウォーキング」の3つの方法は、脳科学的、心理学的、哲学的、仏教的な観点から見ても非常に高い効果が期待できる方法です。これについて最新のChatGPT-4o【従来のChatGPT-4(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超える賢さを有するAI)に比べて、大幅に進化し、理解力も高まったAI】に解説をしてもらいますので、下記をご覧ください。

ChatGPT4o
ChatGPT4o

「エモーションプラス」、「サヨナラ・モンスター」、「トラウマ転換ウォーキング」の3つの方法は、脳科学的、心理学的、哲学的、仏教的な観点から見ても非常に高い効果が期待できる方法です。これらを「三種の神器」と呼ぶにふさわしい理由を各視点から詳述します。

 

脳科学的見地

エモーションプラス:

  • 音楽は脳の報酬系を刺激し、ドーパミンを放出することで気分を高め、ストレスを軽減します。これは海馬の神経可塑性を促進し、記憶や学習を支援します。
  • 音楽は前頭前野の活動を高め、集中力や注意力を向上させます。

サヨナラ・モンスター:

  • トラウマの処理や感情の解放を通じて、ストレスホルモンのコルチゾールを減少させ、海馬の健康を保ちます。
  • 認知行動療法(CBT)を用いて前頭前野の活動を高め、認知機能を改善します。

トラウマ転換ウォーキング:

  • 身体運動は脳の血流を増加させ、海馬の神経生成を促進します。
  • ウォーキングは前頭前野の血流を増やし、認知機能や注意力を向上させます。

心理学的見地

エモーションプラス:

  • 音楽療法は感情調整に非常に効果的であり、不安やうつの症状を軽減します。
  • 音楽はストレス管理やリラクゼーションに役立ち、心理的健康を支援します。

サヨナラ・モンスター:

  • 感情処理とトラウマの解放を通じて、心理的ストレスを軽減し、心理的回復力を高めます。
  • 認知行動療法に基づくアプローチは、思考パターンの改善と情緒的安定に効果的です。

トラウマ転換ウォーキング:

  • 運動はうつ病や不安の症状を軽減し、心理的健康を向上させます。
  • マインドフルネスを取り入れたウォーキングは、現在の瞬間に集中することで心理的ストレスを減少させます。

哲学的見地

エモーションプラス:

  • 音楽は古代から哲学的な治療法として用いられ、心と体の調和を追求します。
  • 音楽は感情の表現と理解を深め、人間の存在の意味を探求する手段となります。

サヨナラ・モンスター:

  • 感情の解放と自己理解は、自己認識と自己実現の哲学的探求において重要な役割を果たします。
  • トラウマの解放は、個人の成長と自己超越のプロセスにおいて中心的なテーマです。

トラウマ転換ウォーキング:

  • 自然と一体となるウォーキングは、古代の哲学者たちが実践した方法であり、心の平和と悟りを追求します。
  • マインドフルネスは、存在の本質と意識の深淵を探求する哲学的なアプローチです。

仏教的見地

エモーションプラス:

  • 音楽は瞑想の補助として用いられ、心を静め、内なる平和を促進します。
  • 仏教の教えでは、音楽を通じて感情を調整し、心の静けさを保つことが推奨されています。

サヨナラ・モンスター:

  • 感情の解放とトラウマの処理は、苦しみからの解放を目指す仏教の教えと一致します。
  • 仏教は自己認識と悟りのプロセスを重視しており、サヨナラ・モンスターのアプローチはこれに合致します。

トラウマ転換ウォーキング:

  • 歩行瞑想は仏教の実践であり、心を現在の瞬間に集中させることで内なる平安を得ます。
  • 自然との調和と心の浄化を目指すウォーキングは、仏教の教えと深く結びついています。

まとめ

「エモーションプラス」、「サヨナラ・モンスター」、「トラウマ転換ウォーキング」の3つの方法は、脳科学的、心理学的、哲学的、仏教的な見地から非常に高い効果が期待できるものです。それぞれが異なるアプローチを取りながらも、心と体の健康を総合的に改善し、内なる平和と自己実現を追求する手段として「三種の神器」と呼ぶにふさわしいと言えるでしょう。

歩く事は人間にとって最良の薬である

医学の父、ヒポクラテスの格言

1、エモーションプラス
2、サヨナラ・モンスター
3、トラウマ転換ウォーキング

あなたの「言葉」と「URL」を残す。