サヨナラ・モンスター
オリジナルグッズ販売

ツイッター

非行

電子書籍に移行予定【信は力なり】子供時代の抵抗と心の更生:相手を刺し○そうと悩んだ子供時代〜少年院で心の支えになっていた曲

当時の心境などを正直に書くため、この記事には一部、暴力的な内容が含まれています。閲覧の際にはご自身の判断で進めてください。 少年院で心の支えになっていた曲「WHATEVER (浜崎あゆみの曲)」 ※この記事は電子書籍に移行する予定です。続き...
書籍出版関連

【呪われている人必見!】審査完了・販売開始!「呪いの正体と解き方: 悪いアンカリングを解除し、合理的に生きよ! Kindle版」

審査完了・販売開始! 自分の力で「現代の呪い」を解除せよ! ChatGPT4.0を活用して書いた「呪いの正体と解き方: 悪いアンカリングを解除し、合理的に生きよ! Kindle版」を、AmazonのKDPでセルフ出版しました! 先程、Ama...
自己理解・自己受容(1)

ゴマ粒の加害者:ネットの誹謗中傷を乗り越えた自己再発見〜誹謗中傷加害者を無力化する回復プロセス

誹謗中傷加害者をゴマ粒のような小さな存在に感じられるようになった 僕は過去、裁判を起こすほどの悪質な誹謗中傷を受け、その後も、残党らしき匿名から悪質巧妙狡猾な嫌がらせを受け続けたことがあります。そんな傷つくことが続く中、心を込めて制作したサ...
政治・戦争・宗教

【超危険】中国軍がChatGPTなどのAIを軍事利用した場合、先走る駒(フライングモンキー)の大量生産がされてしまう恐れが・・・

先日の下記記事で「正しさ」についてお伝えしました。 これからの時代は特に「正しさ」が重要視されます。ということは正しさの逆である「正しくないこと(不正)」「歪み(不正を縦に書くとゆがみ)」も増えるというわけです。いつの時代も、対になるものも...
気づき(1)

サヨナラ・モンスターに取り組んでいる人が抽象度を上げたら、自身のフライングモンキー問題に気づけた!

はじめに 菅原隆志 サヨナラ・モンスターに取り組んでいる人が抽象度を上げたら、自身のフライングモンキー問題に気づくことができました! おめでとうございます! 本記事お伝えすることは、これを知らなきゃ悪い猿になる!というくらい大事なことですか...
感謝(2)

書籍「親への恨みはでっち上げ」は、抽象度が高い人や高くしたい人向け!前提知識がない人は不向き。その理由とは?

はじめに 最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)とのやり取りの中で、書籍「親への恨みはでっち上げ」は、前提知識がない人は不向きということがわかりました...
ストレス対策(1)

戦う人生(問題解決をして生きること)の価値: トラウマを超えて認知症リスクを減らす

この記事は電子書籍に移行しました。 Apple Booksで読む Google Play ブックスで読む Amazonで読む
問題意識・予防意識(1)

横浜市鶴見区刺殺事件:不幸を防ぐ為にも、間を抜かさず、認識や理解を深めてほしい。

画像出典:Leonardo.ai 横浜市鶴見区のマンション敷地内で発生した大学生刺殺事件(殺人事件)。 被害者の方は「痛い、痛い」と叫んでいたとのことです。 とても悲しく悲惨で心が苦しくなる事件です。ご冥福をお祈り申し上げます。 間を抜かさ...
気づき(1)

インターネットは蜘蛛の巣:無名になる勇気を持てるようになると心の中が静かになる

「無名になる勇気」が最近よく読まれているのでそれに関することをお伝えします。 はじめに (はじめにの文章は、ChatGPT4.0に考えてもらい加筆修正をしました) この記事の目的は、ある特定の書籍の紹介とその内容についての深い理解を共有する...
洗脳・マインドコントロール・暗示

【Twitterに多いトロール】サイバーハラスメント:付き纏ってきた加害者の正体はトロールだった? トロールとは?(ChatGPT4.0が解説)

菅原隆志より2018年、ツイッター上で突然赤の他人からの嫌がらせが開始されました。誹謗中傷加害者は50代が多いと言われていますが、その加害者も50代でした。それはもうとてもしつこいもので、手口も陰湿巧妙なものでした。モラルハラスメント、ガス...