DV妻がどんどん増えていますが、DV妻はまだまだ可愛いほうです。モラルハラスメント(精神的な嫌がらせ)の加害者が女性で「陰湿」「巧妙」になると「小細工」をたくさんするようになるので本当に怖いです。

DV妻がどんどん増えていますが、DV妻はまだまだ可愛いほうです。モラルハラスメント(精神的な嫌がらせ)の加害者が女性で「陰湿」「巧妙」になると「小細工」をたくさんするようになるので本当に怖いです。

DV妻がどんどん増えていますが、DV妻はまだまだ可愛いほうです。モラルハラスメント(精神的な嫌がらせ)の加害者が女性で「陰湿」「巧妙」になると「小細工」をたくさんするようになるので本当に怖いです。

例えばどんな小細工があるかというと、ここには書けません(笑)あまり書くと「その手があったか!!」と真似をしたり、より悪化させた手口を考える人がいるかもしれないからです。ただ「女の恨みは怖い…時に死人を出す」という場合もあるほどですから相手の心を無自覚でも傷つけないことが大切です。

「女の恨み怖い」で検索してみたら「女の恨みは時に死人を出す | スピリチュアルカウンセラー ビビのラブスピリチュアルスピリチュアルカウンセラー ビビのラブスピリチュアル(http://love-spiritual.net/2016/08/13/post_8256.html)」という記事を発見。

特に

「引用ここから『”声を荒げることもなければ、ひたすら涙を流し、同情を誘い・・・後ろを向いてペロリと舌を出す。”』(http://love-spiritual.net/2016/08/13/post_8256.html)引用ここまで」

このことは、よーくわかります。時に人を死に追いやるくらいのレベルの恨みを持った女性は、このようなイメージです。

この「ぺろりと舌を出してほくそ笑む危険な女性」に恨まれないことが大事です。潜在意識レベルに働きかける力がありますので先ほどのスピリチュアルカウンセラーの記事に書いてある「呪い」のような働きによって蝕まれていくと本当に厄介で不幸になっていく確率大です。

「人にやさしく」「相手を騙さない」「相手を尊重する」ということが恨まれないために大切。恨んで、相手に呪いをかけるような人も人の子。良心もある。傷つくこともある。だから傷つけないこと。傷つけてしまったなら心から謝ることが大切。潜在意識レベルの働きかけは男性より女性のほうが上です。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)