DV妻がどんどん増えていますが、DV妻はまだまだ可愛いほうです。モラルハラスメント(精神的な嫌がらせ)の加害者が女性で「陰湿」「巧妙」になると「小細工」をたくさんするようになるので本当に怖いです。

DV妻がどんどん増えていますが、DV妻はまだまだ可愛いほうです。モラルハラスメント(精神的な嫌がらせ)の加害者が女性で「陰湿」「巧妙」になると「小細工」をたくさんするようになるので本当に怖いです。

DV妻がどんどん増えていますが、DV妻はまだまだ可愛いほうです。モラルハラスメント(精神的な嫌がらせ)の加害者が女性で「陰湿」「巧妙」になると「小細工」をたくさんするようになるので本当に怖いです。

例えばどんな小細工があるかというと、ここには書けません(笑)あまり書くと「その手があったか!!」と真似をしたり、より悪化させた手口を考える人がいるかもしれないからです。ただ「女の恨みは怖い…時に死人を出す」という場合もあるほどですから相手の心を無自覚でも傷つけないことが大切です。

「女の恨み怖い」で検索してみたら「女の恨みは時に死人を出す | スピリチュアルカウンセラー ビビのラブスピリチュアルスピリチュアルカウンセラー ビビのラブスピリチュアル(http://love-spiritual.net/2016/08/13/post_8256.html)」という記事を発見。

特に

「引用ここから『”声を荒げることもなければ、ひたすら涙を流し、同情を誘い・・・後ろを向いてペロリと舌を出す。”』(http://love-spiritual.net/2016/08/13/post_8256.html)引用ここまで」

このことは、よーくわかります。時に人を死に追いやるくらいのレベルの恨みを持った女性は、このようなイメージです。

この「ぺろりと舌を出してほくそ笑む危険な女性」に恨まれないことが大事です。潜在意識レベルに働きかける力がありますので先ほどのスピリチュアルカウンセラーの記事に書いてある「呪い」のような働きによって蝕まれていくと本当に厄介で不幸になっていく確率大です。

「人にやさしく」「相手を騙さない」「相手を尊重する」ということが恨まれないために大切。恨んで、相手に呪いをかけるような人も人の子。良心もある。傷つくこともある。だから傷つけないこと。傷つけてしまったなら心から謝ることが大切。潜在意識レベルの働きかけは男性より女性のほうが上です。

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
DV妻がどんどん増えていますが、DV妻はまだまだ可愛いほうです。モラルハラスメント(精神的な嫌がらせ)の加害者が女性で「陰湿」「巧妙」になると「小細工」をたくさんするようになるので本当に怖いです。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
DV妻がどんどん増えていますが、DV妻はまだまだ可愛いほうです。モラルハラスメント(精神的な嫌がらせ)の加害者が女性で「陰湿」「巧妙」になると「小細工」をたくさんするようになるので本当に怖いです。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)