本当の自分を生きていくためには「子供時代に身につけた手口」を知り、そして手放すこと!

本当の自分を生きていくためには「子供」のままでは無理です。本当の自分は「大人」にならないと取り戻せません。そして「子供時代に身につけた手口」を自分で深く知り、その手口を手放す必要があります。この手口は子供の時は良いのですが成人後も使い続けると問題やトラブルの元になります。

心理学三大巨頭の1人として有名なアドラーは「末っ子は永遠の赤ん坊になりやすい」と言いましたが、本当に当たっていることが多い。そして、「子供時代に身につけた手口」を進化させ、更に巧みに支配をするようになりやすいのが末っ子です。逆に、長女長男は、煽てられやすく、騙されやすい。

本当の自分を取り戻すには、「子供時代に身につけた手口」に「サヨナラ」しなくてはいけないのです。大体10歳前後で本当の自分の道から外れています。子供ですから道を外さないと生きれないのは仕方なかったこと。だけど大人になってから取り戻すことが出来るのです。人間的進化が必要です。

心理学三大巨頭の1人として有名なアドラーは「感情で人を動かそうとすることは幼稚」というようなことを言いましたが、まさにこれが「子供時代に身につけた手口」の1つです。モラルハラスメント環境によくある「美徳による支配」もここに関係しています。これを手放すことで「幸せ」が増えていく。

僕が個人的に見てきた過去の家庭で「子供時代に身につけた手口」を使う者たちで構成されている家庭は、虐め、虐待、美徳による支配、モラルハラスメント、犯罪、自殺、など何らかの不幸があった。全ての悪は無知からくるというよう、無知が不幸を作ってしまう。幸せは「深く知る」ことで引き寄せれる。

1度でも、暴力による支配の味を占めた者は、また暴力や、力で人を支配しようとします。「暴力」は「正しいプロセス(解決するために踏むべき過程)」を無視して「恐怖感情」で人を動かそうとする幼稚な手口(侵害・犯罪)なのです。暴力的ではない人は、プロセスが丁寧な人に多いです。

「子供」を真っ白な綺麗のものとして全てを見るのは偏っている見方です。子供であっても、徐々に自分で自分の生き方を決め、手口も身につけ、手口を進化させています。演技や嘘を混ぜて、涙を使って感情的に大人を支配していることもあります。大事なことは子供時代に身につけた手口を手放すことです。

「子供時代に身につけた手口」は、大人になってから使えば使うほど「借金」のようになり、いずれツケが回ってくるのです。色々な問題として。ですから手放していくことが「幸せ」の最低条件となるのです。なので「子供時代に身につけた自分の手口」を知って手放す勇気が自分を幸せにしてくれるのです。

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
本当の自分を生きていくためには「子供時代に身につけた手口」を知り、そして手放すこと!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
本当の自分を生きていくためには「子供時代に身につけた手口」を知り、そして手放すこと!

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)