個人的な考えとして「嘘」は「諸悪(犯罪も含む)の根源」と考えている。(嘘をつかないことは難しい)。

個人的な考えとして「嘘」は「諸悪(犯罪も含む)の根源」と考えている。(嘘をつかないことは難しい)。そして「嘘」を伝えると「誤伝達」が増えていき、その結果、どこかで”しわ寄せ(スケープゴーティング現象を含む)”が起こりやすくなる。つまり嘘によって犯罪や虐待なども増える。と考えている。

その「嘘」から始まった「スケープゴーティング現象」が「犯罪集団」を作っている。だから「犯罪集団」だけを叩いても「いたちごっこ」であり、「嘘」を無くさない限りは、いつまでも「犯罪」は増え続けるのだと考えています。いたちごっこに終止符を打つのが「嘘を減らすこと」です。

その「嘘」はどこにあるのか。それが「人生の嘘」です。アドラー心理学でも言っていること。みんなが「人生の嘘」をやめてアドラー心理学を実践していけば、スケープゴーティング現象が自然と減るので、結果、犯罪も減ってくる…、はずです。つまり「幸せになればいい」ということ。

日本は、こんなにも素晴らしい国なのに「国連の報告書による世界の幸福度ランキング」では日本は「58位」です。低すぎます。これだけ低いのは、「人生の嘘」があるからです。そして「勇気がない」からです。そして挫けた勇気からの「マイナスな解釈」が「58位」という低さに表れている。

物質的に豊かになり過ぎたことで、心の豊かさがなくなってしまったのが、「国連の報告書による世界の幸福度ランキング」の「58位」に表れています。過去記事(https://bright-ms.net/post-232/#i-4)でお伝えしたこと。「とある村の女の子が家族の為に水を運ぶのが楽しいと心から笑顔で笑っていた」心の豊かさ。

こちらの、とある村の「家族の為に水を運ぶのが楽しい」と笑顔で笑っていた女の子は、身近にある小さな幸せ探しがとても上手なのだと思います。それに気がつける心があると、「生きているだけで幸せ」と感じるのだと思います。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
個人的な考えとして「嘘」は「諸悪(犯罪も含む)の根源」と考えている。(嘘をつかないことは難しい)。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
個人的な考えとして「嘘」は「諸悪(犯罪も含む)の根源」と考えている。(嘘をつかないことは難しい)。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)