「自分を逃がさない」ことが「自分で自分を虐待する」ことに繋がる場合もある

自分を逃がさない虐待をしてどうするのか

「自分を逃がさない」ことが「自分で自分を虐待する」ことに繋がる場合もあります。逃げないことが強いのではありません。時に、逃げることこそが強さとなる場合もあるのです。「逃げる(危険を避け、相手の力の及ばない所へ移動する)勇気」も大切です。自分で自分を虐待する必要はない。

逃げることで本当の自分の道に進め!

「逃げる」というのは、他人が敷いたレール(特に親の敷いたレール)から外れて、本当の自分の道へと移動していくことです。その為に逃げるのです。本当の自分の道なら、努力も、苦しむ何かも、無理して頑張らなくても自然にやってしまう。無意識のうちに…。何故なら無意識こそが本当の自分だから。

相手の真の姿を知りたいのなら

人の本当の姿を知りたいのなら「無意識」の言動、特に「無意識の非言語メッセージ(表情、視線、しぐさ、身振り、手振り、体の姿勢など)」のみを見ると「真の姿」が見えてきます。騙されやすい人は相手の「無意識のみ」にフォーカスするようにしたら良いのです。目先の言葉に惑わされず。

つまり、「本音」は「無意識の言動」に「だだ漏れ」だということ。チャンネルを変えて見るかのように、「無意識」の言動のみを見るようにすると、人の正体が少しずつ見えてきます。だから、紳士や善人を上手に装っても、隠し切れないのです。ポロッと漏れているのです。

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)