心の奥に溜まっている「感情」を見つけて開放したら心が軽くなりました!

心の奥に溜まっている「感情」を見つけて開放したら心が軽くなりました!

「書くこと」を通して、
心の奥にある「モンスター」と「サヨナラ」したら、
「恐怖」や「トラウマ」が大幅に減りました!

苦しかった心が、軽くなっていき、
本当の自分の感情を取り戻せました!

カタルシスが起こった方法はこちら

心の奥に溜まっている「感情」が解放されて、
心が浄化されることを「カタルシス」と言います。
このカタルシスを起こしていくと、心が軽くなっていきます。

これを「泣き癖」と勘違いしている人もいますが、
カタルシスが起こり始めた人は、涙を流すことが増えるのです。

それがとても大切なことです。

「泣き癖」ではなく「感情の解放」です。
「涙」はとても素晴らしいものです。

「涙」のプラス効果に関して
様々な研究結果がありますが、、、

僕は、「涙」が素晴らしいものだというのは、
「自分の経験によって確信」しています。

世界を戦場のように感じていた時期があります(絶望)。
色で喩えると灰色、黒、赤、これだけです。
そこから自分の感情(他の色)が蘇ってきたキッカケが「涙」でした。

ずっと「涙」を「悪(ダメなこと)」だと勘違いして、
その勘違いが解けてきたら、心に良い変化が起こってきました。

あなたも、自分の「涙」を

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)