あなたの症状は他者の症状です!モラルハラスメントする毒親と呼ばれる親を吊し上げるのでもなく叩くのでもなく、向き合って親の苦しみを理解し、思考し行動して家族の絆をしっかり深めていけたら良いですね!

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
性の発散として動物虐待をしてしまう…
そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアル
薬を使わない精神科医も推奨

何故、聴くだけのカウンセリングでは問題解決が出来ないのかと言いますと、問題はもっと根本にあるからです。

つまり、私たちの人間が持つ症状は自分の症状ではありません。

自分のものではないからこそ苦しいのです。

うつ病を作り出すと言われる脳の扁桃体。

社会不安障害の方もこの扁桃体が過剰に興奮しているのです。

調べれば明らかなことですので信じられない方は是非調べて下さい。

つまり扁桃体で恐怖を感じるので、過剰に興奮している扁桃体を鎮めれば症状も治まってくるわけです。

今までの傾聴カウンセリング、つまり聴くプロの「聴く」は脳の海馬記憶にアクセスしているそうです。

海馬記憶を引き出しても恐怖を感じる扁桃体の興奮が静まらないので効果が出ないというわけです。

海馬は3歳以降に機能するものですので、傾聴カウンセリングでは3歳以降の問題にしかアクセスしていないのです。

最初に申しあげた

「私たちの人間が持つ症状は自分の症状ではありません。自分のものではないからこそ苦しいのです。」

こちらですが、この他者の症状を背負う時期が三つ子の魂百までというように、胎内にいる時~三歳までなんです。

胎内にいる時~三歳までの間に母親の持つ潜在的イメージや生まれてから環境に根付いている世代間連鎖している毒のイメージ記憶を背負うのです。

このことと別の言い方にすると、扁桃体の記憶はイメージの記憶と言われており、三歳までのエピソード記憶は
ないけどイメージ記憶はあるとされています。

イメージ記憶は、音や匂い感覚、暗さ明るさなどです。

ネットで調べるとわかりますが、筑波大学名誉教授の宗像恒次博士の研究によると扁桃体には「顔反応性細胞」というものがあった、自分の解釈で嫌悪する相手の顔表情(特に目)に反応し情動反応を引き起こすそうです。

簡単に言えば扁桃体は表情に反応するのです。

何故、表情に反応し過剰に扁桃体が興奮するか?

それが誤認識です。

つまり欺きの得意な環境で育つと・・・・

3歳までに、裏にマイナスを仕込ませた表面的にプラス言葉や偽の笑顔でコミュニケーションを取られた場合、

※異常発生
表面・・・プラス
内面・・・マイナス

<<下に続く>>

※異常発生
意識・・・プラス
無意識・・・マイナス

このように表面と内面で異常が発生します。

ですがこの異常環境で育ちそれが当事者にとっての普通として覚えますから、自分が普通としたものと違うもの、

例えば、

表面・・・プラス
内面・・・プラス

意識・・・プラス
無意識・・・プラス

このように正常な状態を、勘違いし異常と判断する認知の歪み状態を普通だと思い込むのです。

非行に走る世界がそうですね。独特の世界観があり、一般社会には悪がたっぷり隠れていると思う世界です。

つまり、敵ではないものを敵だと勘違いしたイメージ記憶によって、扁桃体が興奮しているのです。

この敵ではないものを敵だと判断しているイメージ記憶が胎内にいる時から三歳までの間に形成されているのですから、それは母親や周囲の人間が無意識に隠している苦しみから発せられる非言語的メッセージとして、子供に入り込むのです。

私の記事よりも分かりやすく私も参考にさせていただいた記事があります。
それはこちらです。是非、読んでみて下さい。

自分の苦しみは、恐らく親の苦しみです。

親が表には出せないで蓋をした苦しみを子は感じるのです。

だからこそ理解し乗り越えていけば家族の絆を深めていけるのです。

自分の症状ではない苦しみを感じたからこそ、その人にプラスになることも出来る可能性があるのです。

対人恐怖症だった人は、きっと親がそういった対人恐怖症のような症状を隠していたと思われます。

そういった潜在的に隠れた苦しみが非言語的メッセージとして漏れ出して、子供に入っていくのでしょう。

親孝行とは時の通り、親について考えて行動すること。

つまり恐怖症の人は扁桃体の興奮を鎮めるために脳全体のコントロールをする必要があり、それが思考を司る前頭葉です。

親についてプラスに思考し、プラスに行動していけば、扁桃体の興奮も静まってくるでしょう。

ですのでモラルハラスメントする毒親と呼ばれる親を吊し上げるのでもなく叩くのでもなく、向き合って親の苦しみを理解し、思考し行動して家族の絆をしっかり深めていけたら良いですね!

関連コンテンツ

続きをメール購読

この記事に「いいね!」しますか?

(最終更新:2017年4月6日)Leave a Comment0 Comment2854 views

コメント投稿はこちら(匿名OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)