無意識のうちに「やらない為の理由付け」をしている。そして「やらない目的を達成する」のです。

10497 views
約 3 分
プラス感情トレーニング2「emotion plus」
1日1回わずか数秒で出来るプラスになる方法
この方法で多くの方の心の問題が解決されました。
→ 心の悩みを解決する教材一覧
無意識のうちに「やらない為の理由付け」をしている。そして「やらない目的を達成する」のです。

人は、無意識のうちに「やらない為の理由付け」をしていることがあります。例えば過去に全然運動をしたことがない人がジョギングを開始し始めた時に「無意識の目的はなんとしても走らないようになること」だとして、目的達成の為に理由付けとして「こんな距離は無理でしょ」とか「具合が悪い気がする。うん体調が良くない気がする。やっぱりなんか調子悪いみたい」と、なんとしても走らないようにする「目的に沿った理由付け」をしている事があります。そしてジョギング中に道に落ちているゴミを見ては「汚いなぁ」とマイナスにばかりフォーカスしていました。

すると本人がこの理由付けを繰り返すことで思い込みになっていき、本当に体調が悪くなっていき、ジョギングをしない為の大義名分づくりをしてしまうのです。すると、ジョギング中に死ぬほど苦しい顔をして、本人は体が鉛のように重たくて苦しいのです。それほど思い込みによる影響は強いものです。

しかし、後に「ジョギングは嫌なこと」だという思い込みが解けて「ジョギングは凄く楽しくてよい事」だという解釈を手に入れた時にはジョギング中に道に落ちているゴミを見ては「汚いなぁ」とマイナスにばかりフォーカスしてことも変わり「空気がキレイ」「空がキレイ」「太陽がキレイ」とプラスにばかりフォーカスるように変わっていたのです。

<<下に続く>>

すると最初は「無意識の目的はなんとしても走らないようになること」が目的だったから、なんとしてもマイナスな理由づけだった部分が、今度は「無意識の目的はなんとしても走って楽しくすっきりしたい」が目的ですから、走る為の理由付けを無意識でしていくのです。以前なら風が強く寒いと風邪ひいてしまいそうと言っていたのに、同じ風が強く寒い日には「体が引き締まって若返りそう♪」とか「顔が引き締まっていい顔になりそう♪」とかプラスな意味づけばかりするようになったのです。

このように変化したこの方は「以前は、無意識にやらない為の理由付けをしていたんだって腑に落ちた。」と言っていました。

人は思いたいように思い、見たいように見て、感じたいように感じている。

どんな意味づけをするかで人生は変わるし見ている世界も変わりますね!

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
心の深い部分にある「まとまり」。
この「まとまり」を紐解いたら、心に大きな変化が起こりました。

1つ1つ「書き出す」こと、
そして「感じきる」、「修正する」。

「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)