ネガティブな自分が嫌いなあなた。ネガティブだからと言って自分を嫌う必要はありません。

ネガティブな自分が嫌いなあなた。ネガティブだからと言って自分を嫌う必要はありません。

ネガティブな自分が嫌いなあなたにお伝えしたいこと。それは、ネガティブだからと言って自分を嫌う必要はないということ。自分が自分を嫌いたいのであればそれはあなたの自由です。だけどネガティブのメリットを知ってからでも遅くはありません。

ネガティブなことにフォーカスしやすい人は周りの言葉に左右されて自分を責める必要はありません。自分がネガティブにフォーカスしているのですから何かプラスなことがあるからです。例えばHSPの人。生物の生存戦略としてネガティブなことにフォーカスするそうです。素晴らしい能力ですよね。

HSPは人間だけではなく動物、魚、虫などにもいて、HSPは2割いると研究者や博士によって言われていることです。

エレイン・N・アーロンや他の研究者によると、HSPは人口の約五分の一を占めるという(男女によって偏りは見られない)。

引用元:ハイリー・センシティブ・パーソン – Wikipedia

HSPがいたからこそ、人類は生き延びてこれたのです。まず先に敏感で感受性が高いHSPが危険を察知する。例えば、電磁波については過去よりも今のほうが問題があることがわかってきています。他にも化学物質など。そういったものに敏感になるのもHSPの人です。HSPの人が未然に危険を察知しているのです。これは能力です。HSPに関しては日本は10年遅れているそうです。だから正常なHSPを発達障害と誤診するケースもあるそうです。

生存戦略の為にネガティブのことに無意識のうちにフォーカスする。それは正常な証拠です。自分自身がどうしても気になるのですから、自分の気持ちを大切にしてあげたらいいのです。そうすると、自分がなぜネガティブにフォーカスするのかが分かってきます。答えは自分の中にあるのです。それが分かってきたらきっとネガティブな自分を好きになれますよ。僕もネガティブなことにフォーカスするのですがそんな自分が好きです。

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)