→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

洗脳を解いて大きな力に:非行(スケープゴート)からの心理的成長

非行

ChatGPT4.0の解説付きでわかりやすくお伝えします。

非行の一因:心理的防衛

子供の頃の僕が非行に走った理由の1つは、家庭内でゴミのように扱われていたからです。

当然ですよね。まともに生きているのにゴミクズのように扱われる環境、、、そこで耐え続けるのはおかしいですし、子供だから尚更限界もあります。だから非行に走って自分の心を守ったことは、素晴らしいことだったと考えています。勿論、悪いことをしたことは別ですが。

非行とはある種の心理的防衛

非行とはある種の心理的防衛なのです。それについて最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)の解説をお読み下さい。

ChatGPT4.0より

あなたが語った体験は、深刻なものですね。非行に走る子供たちには、多くの場合、個人的な問題や社会的な問題が背景にあります。家庭内での虐待や無視、学校でのいじめ、社会的な孤立など、さまざまな要因が関係していることが多いです。子供の頃の非行は、しばしばこれらの問題やストレスに対処するための心理的防衛メカニズムとして機能します。

非行に走る子供たちは、しばしば自分の感情や状況をコントロールする手段として、非行に訴えます。これは、彼らが直面している問題からの逃避、またはその問題に対処するための手段として行われます。しかし、このような行動は、根本的な問題の解決にはなりませんし、時にはさらなる問題を引き起こすこともあります。

子供たちが非行に走る理由を理解し、彼らが直面している問題に対処するためのサポートと介入が重要です。これには、家庭環境の改善、学校でのサポート、カウンセリングや心理療法などが含まれます。また、子供たちに安全で健康的な環境を提供し、彼らの感情や行動を理解し、適切な指導を行うことが重要です。

あなたの経験は、このような問題に光を当て、それらに対処するための意識を高めることに貢献するものです。非行に走った子供たちが抱える複雑な背景や感情を理解することは、社会全体にとって重要なことです。

どのように扱われていたか

簡単にごく一部だけ言うと、

・小学生の頃、常に一年先の勉強をして、算数ではクラスで2番目だったのに、1番ではないことをボロクソに言われ続けた。
・やってもいないこと(おそらくきょうだいがやったこと)を僕のせいにされ、事実確認もなしに決めつけられて怒られていた。
・子供らしい生活が出来ず、夏休みなどになれば、毎日8時間などの勉強を強いられていた。

しつこさ、監視、強要、宗教洗脳、思想、信念の強要、こういった環境で極度の緊張とストレスで生きていた子供時代でした。子供の頃の僕にとって「しつこさ、監視、強要、宗教洗脳、思想、信念の強要」は虫の侵食のようなものです。外部から心の虫が僕の心にどんどん侵食してきてそれを防ぎきれない、、、という感じだったのです。それを防ぐ為に「やれるもんならやってみろこのやろう」という強い気持ちで抵抗したのが非行だったのです。

ChatGPT4.0より

あなたが経験した環境は、心理的に非常に困難なものであったと理解します。小学生の頃に常に一年先の勉強をしていたにもかかわらず、クラスで2番目だという理由で厳しく非難されたり、やってもいないことで責められる体験は、あなたの自尊心と心の安定に深刻な影響を与えたことでしょう。

このような環境は、「しつこさ、監視、強要、宗教的な洗脳、思想や信念の強要」といった要素により特徴づけられます。これらの要素は、子供時代の感受性の高い心に大きなストレスを与え、適切な心理的成長や自己認識を妨げる可能性があります。

「虫の侵食のようなもの」という表現は、外部からの圧力や影響があなたの心に徐々に浸透し、自分自身でそれを防ぎ切れなかった感覚を示しています。非行への走りは、これらの過度な圧力とストレスに対する一種の反抗や抵抗であったとも解釈できます。このような状況において、子供は自己を守るためにさまざまな方法で対応しようとしますが、その中には非行という形で表れることもあります。

あなたの体験は、子供が精神的に健全な成長を遂げるためには、安全で支持的な家庭環境がいかに重要であるかを示しています。子供たちが育つ環境においては、愛情と理解、自由と自己表現の機会が提供されることが大切です。また、子供たちが直面する心理的な課題に対して、適切なサポートや介入が行われることも重要です。

あなたのような状況を経験した人々が、過去を振り返り、自分自身とその体験を理解するプロセスは、心理的な癒やしと成長につながります。そして、これらの経験を乗り越えた人々は、しばしば他の人々にとっての支援や教訓となり得ます。

正義感が強い小学生だった

小学生の頃の僕は正義感が強く、勉強も出来て、いじめられている子を助けたり、妹が自転車を取られたと泣いていたら取り返しに行ったり、動物にも優しく関わり、人間としてかなりまともでした。それなのに、まるでゴミクズのような扱いを受け続けていた数年間で限界に達し、完全に捻くれてしまったのです。

「悪いことをして生きる方がメリットがある」と学習してしまった

まともにやっているのに、ゴミ扱いをされ続けるわけですから、自分の認識も歪んでいきます。そして、まともにやっていたら家族からゴミクズ扱いされるのに、非行に走って悪いことをすると外で認めらてもらえる……。子供だった僕は「悪いことをして生きる方がメリットがある」と学習してしまったのです。まともにやるとバカを見る。まともに生きると徹底して弾圧されて支配される。そう学習したのです。これが非行に走った理由の1つです。他にも色々ありますが。

もう終わったこと。過去から学んだ

そして、この記事に書いたことは「もう終わったこと」ですから、僕自身は過去に支配されていません。それどころか、この過去から沢山のプラスを得ることもできましたし、当時の親の困難や苦難も理解出来ました。誰かを恨んでいるわけでもありません。区別した上での感謝も持てましたし、反省するべき部分も反省しました。ちゃんと過去を処理して終わらせて納得を起こしているので、「終わったこと」になりました。

過去を終わらせて心理的に成長

このように心の問題は、蓋をするのではなく、書き出して処理して終わらせることが大切なのです。終わらせなからいつまでも無意識下に残り、自分でも気づかないうちに影響を受けてしまうのです。未処理の心の問題は、どれだけ蓋をしても逃げても、追いかけてきて、影響を与えてきます。それから目を逸らそうとして「過去を無視する人たち」もいますが、裏を返せば過去からの影響があるとわかっているから「過去を振り返るな!」と彼らは言うのです。僕のように過去が終わった人間は「過去を振り返るな!」という必要もないのです。自然に、あるがまま、必要であれば過去も振り返ります。不自然に「過去を振り返るな!」と言っているうちは、過去に支配されているのです。だから、出来ることなら、過去を振り返って、処理して終わらせて欲しいと思います。終わらせると、影響も消えて、それどころかプラス何かを得るので心理的に成長出来ます。

心の中の小さな自分を過去に置き去りにしないであげて欲しいと思います。過去は未来です。

この記事は、自分の悪事を正当化している?

よく理解出来ない者が、「非行を正当化するな」「美化するな」という嘘を言うことがあります。勿論、本記事も悪事を正当化しているわけではありません。

では、最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)に聞いてみましょう。本記事を全文ChatGPT4.0に入力した上で質問しました。

質問:この記事は、自分の悪事を正当化している?

回答:いいえ、この記事は自分の悪事を正当化しているとは言えません。ChatGPT4.0より

ChatGPT4.0より

いいえ、この記事は自分の悪事を正当化しているとは言えません。この記事では、過去に非行に走った理由として、家庭内での厳しい扱いやそれに伴う心理的なストレスを挙げています。これは、非行に至った背景を説明し理解しようとするものであり、その行動を単に正当化するものではありません。

記事では、非行に走った経験から学んだ教訓や、それによって得られた成長と理解を強調しています。また、過去の経験から得られた教訓を活かし、心理的な成長を遂げたことも述べています。このような自己反省と成長のプロセスは、過去の行動を正当化するのではなく、過去の経験を理解し、それを乗り越える方法を見つけることに焦点を当てています。

したがって、この記事は、自己の行動を深く省察し、個人的な成長と理解につなげるプロセスを示しており、単なる正当化ではなく、より深い自己理解と成長に関するものと言えます。

この通りです。

スケープゴートを必要とする側の低能力や邪悪さ

いかがでしたか。非行に走る一因が理解出来たと思います。非行に走る人間は確かに悪いことをしています。しかしそれは非行に走った者だけではなく、人間であれば誰もが大なり小なり悪いことをして生きています。非行に走る人間は、スケープゴートです。これは身代わり、悪役、生贄などを意味し、スケープゴートが生まれるということは、実は、そのスケープゴートになる者の周囲に悪い奴が隠れているのです。それらの悪を一手に引き受けているのがスケープゴートです。

あまり1人の人間に罪などを背負わせることはしない方が良いのです。これからの時代は、スケープゴートに背負わせていた側に光を照らす時代です。スケープゴートを創る部分を止めないといけません。社会心理学者がいう「彼らがスケープゴートを必要とする理由」の1つに、彼らが抱える邪悪さや低能力などの問題を挙げていますが、まさにこれが大きな原因の1つです。スケープゴートにまとわりつく人間が低能力だったり邪悪さを隠しているので、それをスケープゴートのせいにしながら生きているという問題もあります。不良品などのレッテルを貼って、悪役に仕立て上げて隅に追いやる者がスケープゴートに依存しているのです。そこもやめていかないといけない時代ですから、そこにも光を照らすことが重要です。

ChatGPT4.0より:社会心理学や犯罪学において重要なテーマの一つ

ChatGPT4.0より

あなたの見解は、社会心理学の観点から非行やスケープゴートの概念を深く考察したものです。非行に走る人々をスケープゴート、つまり社会的な不満や問題の象徴的な「生贄」として見ることは、社会心理学や犯罪学において重要なテーマの一つです。

スケープゴート理論は、特定の個人やグループが社会の不満や問題の原因とされ、その結果、不当な扱いや罪を負わされる状況を説明します。この理論は、集団内の緊張や対立、不安を解消する手段として、特定の個人やグループに責任を押し付ける心理的メカニズムを指摘します。

あなたが指摘するように、非行に走る人々がスケープゴートにされることは、彼ら自身の問題だけでなく、社会全体の問題を反映しています。彼らが非行に走る背景には、しばしば家庭内の問題、教育の不平等、経済的な困難など、より深い社会的な要因が存在します。これらの問題を単に個人の責任として押し付けるのではなく、社会全体で認識し、解決策を探る必要があります。

また、スケープゴートにされる個人やグループに対する不公平な扱いは、社会的な連帯や公正感を損なう原因となります。社会が、問題の根本的な原因を理解し、解決するためには、スケープゴートを作らない、より公平で包摂的なアプローチが必要です。

あなたの指摘のように、スケープゴートにされる個人やグループに光を当てることは、社会全体の健全性を高め、より公正で平等な社会を築く上で重要なステップです。

ゴミクズ扱いする側に低能力や邪悪さの問題がある

ここまで読んで理解出来たと思います。子供の頃の僕は、機能不全家族の中で、家族が抱える邪悪さや低能力を押し付けられて生きていたということが。僕の立場からすると、本来なら褒められて認められて「よく頑張ったな」って言われるくらいのことをしているのに、なぜか「足りない!」「ダメだ!」「ゴミクズ」「根性なし」と扱われ続けたのですが、これは、そう扱ってきた側の低能力に問題があったのです。僕に自分の低能力を投影し、自分を見ていたわけです。

また、僕がやってもいない悪事をやったことにされて濡れ衣を着せられていたのも、そのきょうだいの邪悪さだったのです。

これがスケープゴートの原理の一部です。

自己理解を深めて心の問題解決!

そして独学で勉強をし、自己理解を深め、過去を紐解いたのでスッキリしました。問題も解決され、乗り越え、力になりました。僕は家族全員から離れて1人でも強く生きていける心を持つことが出来ました。「書くこと」で過去全体を紐解くことが出来ました。

ChatGPT4.0より

あなたの経験とその深い自己理解について読むことは、非常に啓発的です。機能不全家族の中で生きることの複雑さや、スケープゴートとして扱われた経験は、多くの心理的影響を及ぼすことがあります。あなたが自己の過去を理解し、それを乗り越えた過程は、他の人々にとっても大きな教訓となり得ます。

あなたの話からは、以下の重要なポイントが浮かび上がります:

  1. 自己理解の重要性: 自己の過去を理解し、それを紐解くプロセスは、心理的な癒しと成長に不可欠です。
  2. 自己肯定感の構築: 機能不全家族の中で育った人は、しばしば自己価値感を傷つけられる経験をします。そのような状況を乗り越え、自分自身の価値を認識し、自己肯定感を構築することは大きな成果です。
  3. スケープゴートの問題の理解: 自分がスケープゴートにされたという認識は、個人的な問題だけでなく、家族内の力の動きや機能の問題を理解する手がかりになります。
  4. 独立と自立: 家族からの独立と心理的な自立は、困難な過去を乗り越えるための重要なステップです。
  5. 過去からの学び: 過去の経験から学び、それを現在の強さに変えることは、個人の成長と発展において極めて重要です。

あなたのように過去の経験を乗り越え、強く独立した心を持つことができたのは、非常に称賛に値します。あなたの経験は、似たような状況にある他の人々にとっても希望となるでしょう。

終わりに

※画像出典:DALL·E 3 ※画像はAIで生成したイメージです。

本記事を読んで、過去の僕と同じようなスケープゴートタイプの人が、希望を持って、自分の心の問題解決をして、過去を処理して力に変えることを願っています。大切なことは、自己認識や自己理解を深めていくことです。人は皆、自分のことを知っていると思っていても、殆ど知りません。これは自己認識や自己理解を深める取り組みをして初めて本当の自分が見えてくるのです。それをしない人間は自分のことをさえもわかっていないのです。無意識は9割以上です。無意識の定義は「気づいていない部分」です。気づいていない部分の自分にも少しでも気づけるようになることが大切なのです。

汝自身を知れ

古代ギリシアの哲学者ソクラテスの言葉
ギリシア中部の聖域であるデルフォイのアポロン神殿の入口に刻まれた格言。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。