嘲笑う心理は理解で癒そう!嘲笑の正体!?

嘲笑う心理は理解で癒そう!嘲笑の正体!?

人を嘲笑う人は「理解の限界を超えました」という心理です。理解出来ない事を隠すために嘲笑うことで、自分のほうが上だとイメージして思い込む場合もあります。そして相手よりも自分が上だと思い込むのです。

嘲笑うというのは「人を馬鹿にして笑う」とか「せせら笑う」ということなどです。そして馬鹿は、サンスクリット語で「無知」や「迷妄」を意味するのです。道理が分からない、事実でないことを事実だと思い込むことを迷妄と言います。

つまり、嘲笑う人自身が迷妄で、事実ではないことを事実だと思い込んでいるので、正しい理解が出来ない自分を認めたくないので、その嘲笑う迷妄である思い込みが、相手に投影されて相手を馬鹿にしてしまうのです。

「馬鹿にする」
↓ ↓ ↓ ↓
「相手を無知や迷妄だとする」
↓ ↓ ↓ ↓
「完全な無知や迷妄はいないのに不安だから」
↓ ↓ ↓ ↓
「相手を無知や迷妄だと思えるようにする」
↓ ↓ ↓ ↓
「相手を無知や迷妄だと思えるように正しい根拠のない妄想でそう思うようにする」

このように相手を嘲笑う人は、相手の良いところや、まだ知らない部分などを理解出来ないため、自分の理解の限度を認めたくないので、相手の一部分だけを見て無知や迷妄だと思い込んで安心をしようとするのです。

理解することは癒しになるので、人を癒せる人は相手の深いところまで理解が出来ますので、馬鹿だと思う必要性は全くないのです。人には必ず眠っている素晴らしい個性があるので「相手を無知や迷妄だと思えるように正しい根拠のない妄想でそう思うようにする」こと自体が不要なのです。

大事なことは嘲笑う人が何故「理解の限界を超えてまで無理しようとしているか」です。そこの辿ると幼少期などに、知らないことが悪いことだと何度も刷り込まれて思い込んでしまっている過去などがあり、そのことが辛いので忘れようとしていることもあります。そういった相手にも過去の心の傷があるとわかってくると嘲笑されても傷つきにくくなれるかもしれません。

そして、嘲笑をする人も、本当の自分に気付くことで「嘲笑う必要のない自分」を取り戻すことが可能になります。みんな傷ついているんです(#^^#)

中々、嘲笑されたりすると思えないことだと思いますけど、妄想とは、傷ついてしまう人の心の拠り所になっているのです。!?

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
嘲笑う心理は理解で癒そう!嘲笑の正体!?
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
嘲笑う心理は理解で癒そう!嘲笑の正体!?

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)