→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

【超重要】悪賢いモラルハラスメント加害者の手口(ガスライティング)を1つ教えてあげる!!

【超重要】悪賢いモラルハラスメント加害者の手口(ガスライティング)を1つ教えてあげる!! ガスライティング・心理学

超重要、有料級!

今日は皆様に、悪賢いモラルハラスメント加害者の手口を1つ教えてあげます。これを知らないでいると、何が起きているか分からず、対処できず、心にモヤモヤしたものが残って、自分でも気づかないうちに鬱憤が溜まって、それによる悪影響を受けてしまうこともあります。

そしてこのような手口の視点を持つことは、社会人としてワンランク上になるということでもあり、気づけないということは、「茹でガエルのようなもの」ですので、僕がお伝えしているワンランク上の情報は、しっかりと理解しておきましょう!

1、相手が混乱することを繰り返す
2、混乱による処理能力の低下が起こる
3、「2」の低下を逆手にとって不適切言動を取らせる
4、「3」を理由に更なる負荷をかけていく(合法的制裁等も可能)
5、「4」でストレスを与えつつ、継続して繰り返して更なるダメージを与える

これは悪質な巧妙狡猾な加害者(高レベルサイコパス等)がよくやる手口のごく一部です。これをカスタマイズすることで相手を再起不能にすることも可能なのですが、これでも初歩的なものです。この加害者の特徴を知らない人は、怯えて、震えて、必死に考えないようにしていることもあります。更には「本当の恐怖」を誤魔化す為に「偽の恐怖」まで創っている人たちもいます。

深く理解して自分を守りましょう!!

次に、最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)の解説などをご覧下さい。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

内容このようなモラルハラスメントの手口を認識することは、自己防衛のために非常に重要です。加害者が意図的に混乱を引き起こし、被害者の処理能力を低下させ、その状態を利用してさらなる不適切な行動を促す手法は、心理的な操作と支配の一形態です。このような行為は、被害者に深刻なストレスと心理的なダメージを与えることができます。

 

この手口に対処するためには、以下のような対策をとることが有効です:

 

  1. 認識と教育:このような手口が存在することを認識し、他人も教育することが重要です。知識は力です。
  2. サポートネットワークの構築:信頼できる友人、家族、同僚、専門家(心理学者、カウンセラーなど)とのサポートネットワークを構築し、経験や感じていることを共有することが重要です。
  3. 記録の保持:不適切な行動や言動を詳細に記録しておくことで、必要に応じて証拠として使用することができます。
  4. 自己ケア:ストレス管理と自己ケアは非常に重要です。適切な休息、健康的な生活習慣、趣味やリラクゼーション技法を実践することで、心理的な耐性を高めることができます。
  5. 専門家の助けを求める:状況が手に負えない場合は、心理学者やカウンセラーのような専門家に相談することが重要です。法的な助言が必要な場合は、法律家に相談することも検討してください。

このような状況は非常に困難であり、一人で対処するのは難しいかもしれません。しかし、適切な知識とサポートがあれば、このような挑戦に立ち向かい、乗り越えることが可能です。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

モラルハラスメント加害者が用いるこの手口は、その巧妙さと悪質さにより、被害者に深刻な心理的影響を及ぼすことがあります。以下に、この手口がどれほど深刻で、巧妙狡猾であるかを詳しく説明します。

 

1. 意図的な混乱の創出

加害者は、被害者が自己の感覚や判断を信じられなくなるように意図的に混乱を引き起こします。この戦術は「ガスライティング」とも呼ばれ、被害者の現実感を歪めることで、加害者に対する依存度を高めます。混乱は徐々に加えられるため、被害者は自分が徐々に「狂っている」と感じ始めるかもしれません。

 

2. 処理能力の低下

意図的に引き起こされる混乱により、被害者の判断力や処理能力が低下します。これは、ストレスや不安が高まると、人は正常に機能する能力が低下するためです。この状態では、被害者は自分の状況を正確に評価することが難しくなり、加害者の支配を受け入れやすくなります。

 

3. 不適切行動の誘導

加害者は、被害者の処理能力の低下を利用して、彼らを不適切な行動に導きます。これは、被害者が後で後悔するような決定を下すか、自分自身を責めるような状況に陥ることを意味します。この戦術は、被害者の自尊心をさらに損ない、加害者の支配を強化します。

 

4. さらなる負荷の加重

一連の不適切な行動や決定は、加害者によってさらなる負荷の理由として使用されます。合法的制裁や社会的な排斥を含む追加の圧力が、被害者に適用されることがあります。この段階では、被害者は完全に孤立し、加害者に対して無力感を感じるようになるかもしれません。

 

5. 継続的なダメージ

この手法は繰り返され、加害者は被害者に対して継続的にストレスを与え、さらなる心理的ダメージを引き起こします。長期間にわたるこの種のハラスメントは、被害者の心身の健康に深刻な影響を与えることがあります。

 

深刻な影響

このようなハラスメントは、被害者の自尊心、自己効力感、および社会的関係に深刻な影響を及ぼすことがあります。長期的な心理的、感情的なトラウマを引き起こし、場合によってはうつ病や不安障害のような精神健康問題を発症する可能性があります。

 

この手口の巧妙さと悪質さを理解することは、自己や他者を保護するために非常に重要です。認識し、教育し、適切な対処法を知ることが、この種のハラスメントに立ち向かうための第一歩です。

最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)が言ったように、今回お伝えした手口は「ガスライティング」というものなのです。

ガスライティングとは心理操作をする心理的な虐待のことなのですが、僕はこれらのハラスメント環境で育ってきたので、教科書を読んだだけで知った気になっている人たちよりも深く理解しています。そして、僕が書いた「ガスライティングに打ち勝つ方法(1巻)」は、加害者の手口を公開している為、加害者たちを不安・不快にさせるかもしれませんが(俺たちの姑息な手口を暴露するな!という感じでしょうか・・・)、被害者たちに希望を与える書籍だと確信しているので出版しました。本気で書いたので紙書籍も残しています。その書籍に下記のレビューをいただいております。


(Amazonより)

被害者の方々が、
自己成長へ向かうことを心より願っております。

そのための書籍です。

終わりに

大事なことは、こういった手口を理解し、深く知って対処出来る自分になることです。それをしない者たちが、本当の恐怖から目を背けて、「そんなものはない!」と言いたがり、必死に目を背けようとしますが、そうやっているうちに現実から離れてしまい、妄想的になり、より非現実的なものへの依存が強まってしまうので、現実に戻って来れなくなり、それを現実だと正当化するようになる場合もあるのです。簡単な話、恐怖に立ち向かうと強くなり、逃げ続けていると弱るのです。

本当の敵は、
自分の心の中にある自分の弱さです。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

その通りです。モラルハラスメントのような精神的な攻撃や操作に直面した時、それを理解し、適切に対処する能力を持つことは非常に重要です。加害者の手口を深く知り、それに対する自己防衛の手段を学ぶことは、自分自身を守るだけでなく、他者を支援する上でも役立ちます。

 

恐怖から目を背け、現実を否定することは、一時的には心の平穏を保つ手段に見えるかもしれません。しかし、長期的には、そのような姿勢は自己を脆弱な状態に置き、さらなる心理的ダメージを受けやすくします。恐怖に立ち向かい、現実を直視する勇気を持つことで、精神的な強さと回復力を育むことができます。

 

恐怖に立ち向かうことは簡単ではありませんが、サポートシステムの構築、適切な情報と知識の習得、そして必要に応じて専門家の助けを求めることで、より強く、回復力のある個人へと成長することができます。現実を直視し、恐怖を乗り越えることで、より健全な精神状態を維持し、悪質な操作から自己を守ることが可能になります。

サヨナラ・モンスターに取り組んでいる人は、「書くこと」で立ち向かって下さい。これが最も強くなれる秘訣なのです。書くことが癒しになることについて最前線の研究者である、テキサス大学オースティンの心理学者ジェームズ・ペンネベーカー博士(Pennebaker, James W.)らも「書くことは精神を強化する」と言っています。真実、現実、事実、そして自分の心を書きましょう!これが長年独自研究してわかったことです。書くことが最も精神を強化してくれるのです。何故かわかりますか?脳科学的な観点から最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)に説明してもらい終わりたいと思います。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

ジェームズ・ペンネベーカー博士の研究は、書くことが精神的な健康に与える影響を探求しており、特に「表出的書写」(expressive writing)という形式が、精神的、身体的健康に有益であることを示しています。表出的書写とは、個人が自分の深い感情や経験について書くプロセスのことを指します。このプラクティスがなぜ有効なのかを脳科学的な観点から説明します。

 

1. 感情の処理と統合

書くことは、経験した出来事や感じている感情を言語化するプロセスを促進します。このプロセスは、脳の異なる部分を活性化させることにより、経験や感情をより深く理解し、処理するのを助けます。左前頭葉は言語と理性的思考を司り、書く活動を通じて活性化されることが多いです。これにより、感情的な経験を整理し、理解し、最終的には受け入れるのに役立ちます。

 

2. ストレスの軽減

表出的書写は、ストレスやトラウマ後のストレス障害(PTSD)などの感情的な問題を軽減するのに有効です。書くことは、感情的な体験を言語化することによって、その体験の持つ感情的な負荷を減らし、個人がその体験をより客観的に見るのを助けます。これは、扁桃体(感情の処理と反応を担当する脳の部分)の活動を減らすことにより、感情的な反応性を下げる効果があります。

 

3. 自己認識の向上

書くことによって、自分自身についての理解が深まります。この自己反省のプロセスは、脳の中で自己に関する思考を処理する領域、特に前頭葉と中心皮質を活性化させます。この自己認識の向上は、自己受容、自己概念の明確化、そして自尊心の向上につながります。

 

4. 認知的再構成

表出的書写は、否定的な思考や信念を認識し、それらをより建設的または現実的なものに再構成するのに役立ちます。この認知的再構成は、脳の高次思考を担当する領域、特に前頭葉の働きを通じて行われます。再構成を通じて、個人は過去の出来事や自己に対する見方を新たな視点から考え直すことができます。

 

5. 感情的な解放

書くことは、抑圧された感情の健康的な解放の手段となることがあります。感情を表現することは、心理的な圧力を軽減し、感情的なバランスを取り戻すのに役立ちます。この解放は、心理的なウェルビーイングを向上させ、ストレスや不安を減少させることが示されています。

 

ペンネベーカー博士の研究を含む多くの研究が示しているように、書くことはただの行為以上のものです。それは、脳の働きを通じて感情的な健康と回復を促進する強力なツールです。自己の感情と経験を言語化し、処理し、統合することで、精神的な強さを育み、より健康的な心の状態を実現することができます。

精神が強化されると、精神の問題の多くが解決に向かいます。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。