臆病を治したい?克服したい?でも、ちょっと待って!臆病者は、本当は強い人なのだと思う。強くなかったら「臆病者と罵られる立ち位置」にいられるわけがない。

1528 views
約 2 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【恐怖克服に役立つ】毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←
臆病を治したい?克服したい?でも、ちょっと待って!臆病者は、本当は強い人なのだと思う。強くなかったら「臆病者と罵られる立ち位置」にいられるわけがない。

臆病を治したい?克服したい?でも、ちょっと待って!

映画「ハクソー・リッジ」公式サイト

昨日、映画「ハクソー・リッジ」を見た。主人公は臆病者だと言われていたが本当は自分を持っていた。映画を見て本当に感動した。これも信念を貫き通す1つの戦い方だと思う。素晴らしかった。臆病者と扱われた人が、実は信念を貫き通した強い人間だったのです。

そして、「どんな環境でも、自分次第で自分の居場所を構築できるんだ」ということを教えられた。素晴らしい映画だった。

臆病者は、本当は強い人なのだと思う。強くなかったら「臆病者と罵られる立ち位置」にいられるわけがない。そうなる前に長いものに巻かれていくでしょう。長いものに巻かれることは簡単です。信念を捨てて流されればよいのです。そして自分を捨てて合わせていけばいいのです。

<<下に続く>>

それが出来ないから、臆病者として異物扱いされやすいのです。ということは、臆病を治したい、克服したい、そう悩んでいるあなたは今まで「信念」を持って生きてきたのではないでしょうか。だけど疲れてしまったのではないでしょうか。

そんな人に映画「ハクソー・リッジ」を見てほしいなって思います。自分の信念を持って生きていくと辛い壁にぶち当たるものです。しかし、映画「ハクソー・リッジ」の主人公のように、「信念を貫いていける別の道」もあるのだと知っていただきたいなって思います。その道を見つけていくことが、あなたが自分で思っている臆病を治して克服することに繋がっているのだと思います。

臆病を治したい。克服したい。と思うのは、本当の自分に繋がっていくためのチャンスなのではないでしょうか。僕は他人から臆病者だと言われている人は実は強い人なのだと思っています。ただ信念を活かしきれていないのだと思います。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)