本を読むことの大切さ!「読書」や「教材」を過剰に否定する人には注意が必要かもしれない。

1877 views

「執着を手放す方法と悩みの正体!(第二版)」(2022年1月14日 販売開始)

本を読むことの大切さ!「読書」や「教材」を過剰に否定する人には注意が必要かもしれない。

https://twitter.com/tomabechi_works/status/936111224315506691

今日、ツイッターで見た上記の言葉を見て、僕が思うこと。

だから「読書」や「教材」が良い。一部の支配者はうまいことを言って、本や教材をサラッと読ませないようにしているのは「洗脳が解ける」から。どんどん本を読んだほうがいいですね。

本を読むことの大切さは色々ありますけど、例えば僕の場合ですが、テレビや新聞は、巧妙なモラルハラスメントの罠教えてはくれないから、支配が深い人は抜け出せない。僕もそうだった。僕が深い支配から抜け出せたのは「本による確かな情報」があったからこそ。これが答えです。

だからこそ、上記でご紹介したツイートの内容を見た時に「間違いない!」と思ったのです。

人を誘導する側は大きく分けると2種類に分かれる。 それは「根本解決させたい側」と 「根本解決させず、いたちごっこの仕組みをつくって利益を確保する側」です。 前者は、本や教材を推す。 後者は、本や教材を否定する(場合によっては詐欺呼ばわりまでする)。 根本解決には、自身の成長が必要。

このように、人を成長させずいたちごっこの仕組みに陥れる者は「本や教材は詐欺だ!」なんて大騒ぎします。「火は火元から騒ぎ出す」というよう、その者がおかしいのです。昔とは違って今は詐欺の本や教材は殆どなくなった。その者は過去の記憶で今を見ているか。または、自分が詐欺なのだと思う。

僕が、広めている本や教材、ツールは、殆ど購入して中身を見ています。今でも使っているツールは何個もある。全然使えますし、何の問題もなかった。情報商材も同じで、今でも使えている情報商材も手元にあります。そういった問題がないことまで「問題だ!」と騒いでいるのは、本人に問題があると思う。

「問題だ!」と騒ぐ人って「マッチポンプ」の場合もありますからね。自分らが裏で詐欺教材を作成し、足がつかないようにして業界に放り込んで、「ほら!あれ、あの教材詐欺だ!」と、自作自演をする。火は火元から騒ぎ出すのです。業界への印象操作の可能性も考えられますね。

だから、信頼している人の紹介から買うことが大事です。僕は、本当に良いものだけを紹介している人間ですから、自信をもって勧めています。それを陰で、悪く言っている人がもしいたら、その者が「匿名でコソコソしている詐欺師」かもしれませんね。

本を読むことで、騙されない自分になっていけます。

ちゃんと、「情報商材」と「詐欺商材」を「区別できる冷静な人」の意見を聞きたいなと、僕は思います。「情報商材は詐欺!」なんて言うのは、あまりにも偏り過ぎていて、まるで「印象操作」や「レッテル貼り」のように感じてしまい。怖くなってしまいます。

本も、情報商材も、教材も、良いものもあれば悪いものもある。それが自然なことです。大事なのは「騙されない自分になること」です。その為に、読書をしていくこと。読書をしない人ほど、すぐに他人の所為にして「あれはダメだ!」「これはダメだ!」「潰せ!」「撲滅だ!」と過剰に騒ぎます。

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

恐怖・トラウマ克服
「サヨナラ・モンスター」

恐怖・トラウマ克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。