スケープゴートされた少数派にも自分の意見を言う権利はある

スケープゴートされた少数派にも自分の意見を言う権利はある

29日、アクセスが多かった。 アクセス流入元は殆ど「Google検索」です。

このブログは「スケープゴートされてきて意見を言えなくなっている人」と「スケープゴートをしてきて口封じをした人」がたくさん見ていると思っています。

僕は、スケープゴートの立場を経験してきたので、どうしてもスケープゴートの視点からの記事が多くなってしまいます。

スケープゴートの視点から情報発信すると、こちらは刺激するつもりはないのにどうしても「スケープゴートしていた側」が勝手に刺激されてしまって嫌な反応をしてくることはありますけど、それはその人の「支配の問題」であって「スケープゴートされた少数派」にも自分の意見を言う権利はある。と考えています。

スケープゴートをされてきた人は「意見を言うな!」という支配的な圧力をたくさん感じてきた人たちです。身代わりや犠牲にして口封じをする。それがスケープゴート。する側は他人の所為にして隠蔽することが得意です。

スケープゴートした人がどれだけ卑怯者か。「今まで巧みにスケープゴートして人を悪用して生きてました!」と反省している人がまずいない。しかし「罪を犯しました」と警察に自首する人は意外と多い。罪の意識の無い真の悪人は紳士を装って表に潜んでいるのです。自然の道理。

だからと言って、その「スケープゴートをしていた側」をどうにかしたいということではありません。ただ、自分や、自分と同じような経験をして苦しんだ少数派の方が苦しみから抜け出すきっかけになったり、問題解決に近づけたりすれば嬉しいですし、自分の整理のためにも書いているので、「スケープゴートをしていた側」は安心してください。別に暴き出そうとかそういう思いはありませんので。問題はそれぞれ区別して、自分の問題を解決していけばいいのです。

例えば、家族が6人いたとします。その家庭でスケープゴートされる人が生まれる場合、5人から1人がスケープゴートされます。5人が寄ってたかって1人をスケープゴートするのです。

だから、スケープゴートされた側は少数派なのです。そして、スケープゴートされた側は「スケープゴート体質(どこにいってもスケープゴートされやすい)」になります。そしてスケープゴートした側は「スケープゴートを必要とする生き方(どこにいってもスケープゴートを必要とする生き方)」をします。

だから、家庭内から抜け出しても、別のところで同じような関係が出来ていくのです。これは、アリの2:6:2の法則と同じようなものです。最初の家族で、スケープゴートされた側は「スケープゴート体質(どこにいってもスケープゴートされやすい)」を変えていく必要があります。これは少しだけ具体的に言うと「お人好しをやめる」「自分を大事にする」「心の深い傷を癒す」「犠牲にならずにすむ人生の目的を持つ」「犠牲にならなくても心が楽になる道があると知る」などです。

あと、「家族を助けないと地獄に落ちる」などの「スケープゴートされなくてはいけない」に関係している子供のころからの無数の刷り込みがある場合は、それも解く。このブログ内にある数々の記事は、僕にとって「スケープゴートから脱出するために必要なこと」でした。知らないと、脱出する道を歩けないこともあるのです。

自分の命を犠牲にしてまで家族を助けないとお前は愛されない。

そんな条件付けの愛ならば、捨ててしまえばよいのです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
スケープゴートされた少数派にも自分の意見を言う権利はある
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
スケープゴートされた少数派にも自分の意見を言う権利はある

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)