Google検索

馴れ合いよ、さようなら!馴れ合いには注意しましょう!自分の認められないマイナスをBさんがそうだと刷り込んで安心しようとすることも馴れ合いでは起こり得ること!

馴れ合い禁止

馴れ合いよ、さようなら!

馴れ合い(なれあい)とは、利害を共にする同士が結託して、通常取るべきとされる手続きを踏まず、暗黙の合意の元に意思決定を行うことを指す。

馴れ合いは本来は否定的な語ではないが、現在の社会に関係して使われる場合には往々にして否定的な意味を持つ。たとえば対立して緊張関係を持ち、それによって公平で中立な関係が保たれるべき場において、裏側で両者が親しい関係を持ってしまうためにその緊張関係とそれによる利点が失われることを馴れ合いということがある。

Wikipediaより引用

馴れ合いのデメリットもとても多いです。例えば馴れ合うことで断りにくいことが増えたり、馴れ合っているうちに基準がズレてしまい相手のペースに知らないうちに乗ってしまい悪い事も断りにくくなるなど、馴れ合いにより好ましくない結果になることは少なくありません。

例えば、サイト運営一つで考えてみても、はじめはサイト運営者とユーザーが互いに尊重し合い相手の事を認め相手の良い点を見れる適度な距離だったとします。しかし知らない間に馴れ合いの関係になる事で、無自覚で相手を軽視したり、相手を必要以上に悪く見ようとしたり、悪い点にフォーカスしたりすることが起こるのに自覚していないという点が、馴れ合いのマイナス点です。

<<下に続く>>

ですので大手になればなるほどユーザーと親密な関係にはならず、機械的な対処をせざるを得ない部分も出てきてしまうのは仕方のないことなのです。人は未完全ですから馴れ合って距離が縮まりくっつくと、無自覚で搾取の構図を作る依存傾向の強いタイプもいます。ですから適度な距離感を保ち、区別する関係はとても大事な事です。

喧嘩別れした二人が「離れてみて初めて相手の大切さがわかった」と涙を流し言う場合もありますが。これも馴れ合いによって好ましくない結果へと繋がっている場合もあるのです。

ですから、この馴れ合い状態になってきていると感じた場合は、一度、遮断することが大事です。遮断して適度な距離感へと修正することが必要になります。馴れ合いの関係は、無意識の劣等感コンプレックスなどを、無自覚で相手に背負わせたり、背負ったり、しているということもありますから、心にとって危険なのです。

例えば、Aさんが劣等コンプレックスで苦しんでいるとします。そしてAさんとBさんが馴れ合います。Aさんが無自覚で自分の認めたくない劣等コンプレックスをBさんに見てBさんに「なんかあんたってさぁ…」と否定したりして、自分の認められないマイナスをBさんがそうだと刷り込んで安心しようとすることも馴れ合いでは起こり得ることですから、非常に危険なのです。本来Bさんに無いものをあると思い込ませている場合もあるでしょう。酷い場合は事実を無視し思いたいように思い、見たいように見て、勘違いに気づかないということも起こり得るのです。

更生を目的とする少年院でも「馴れ合い禁止」が厳しく指導されていることも頷けます。

馴れ合いによってマイナスの影響が出てきていると感じましたら、区別し適度な距離感に戻すことをおすすめします。馴れ合いを離そうとすると、一方が依存してくっついて来ようとする場合もありますが、馴れ合いが好ましくない結果になっている判断しましたら、しっかり切り離すことも大事です。

関連コンテンツ

アンケート

2017/2/4にアンケートを設置しました。 よろしければご回答ください。

「○○の意見に賛同するな…」、「○○の意見を聞いてはならない…」という空気を感じたことはありますか?

View Results

Loading ... Loading ...

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by yuki

    すごくわかります

    私は 否定されたり あなたってこうなんじゃないの?と
    よく知りもしないのに、決めつけられる言い方をされると
    なんだか 引っかかります
    なんだか緊張して、理解されてないと思います。

    やはり 相手が私はこういう人間だと思っているのはいいけれど
    私に 言わなくても・・と思います。
    そうじゃないよ 違いますよ というと
    じゃあ「こうかな~?」とまた 他のことを探してきます
    そういうのが 嫌です
    私がどんな人で何を思い どう考えようが それは自分の問題であり
    そこに踏み込まれることはされたくないです。
    「こうかな~?」とか 私の中を探されたって何も変わらない

    「こうかな?」とか「こういうところがあるんじゃない?」とか
    余計なお世話だとか思います。
    他人に言われたくないです。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      決めつけられる言い方は誰でも嫌な気持ちになりますよね。反対に決めつけていかないと進めない状況もあります。そういった時に「自分が近寄っているのなら自分から離れれば良い」わけですよ。相手から近寄ってきて決めつけてくるのであれば「離れてほしい旨を伝えることも大事」ですよね。

      大事なことは、自分が被害者意識にならず「決めつけず、決めつけられず」が大事だと私は考えています(^^)

      「こうかな?」とか「こういうところがあるんじゃない?」とか考えることも必要な人もいますから、それも自由ですし、相手からしてみれば余計なお世話だと思います。やはり大事になるのは矛盾したコミュニケーションをやめて嫌なら離れればいいに尽きます。

      逆に「決めつけないで!」と言っている側が決めつけている場合もあります。

      「決めつけられる言い方」は誰に言っているのか?そこを確認しないまま「決めつけないで!」と「決めつけられた」と思い込んでいるパターンなど色々なパターンがあります。

      「確認」はとても大事な事です。

      「押し付けられた!」という場合でも、押し付けるためには近づかなくてはいけません。ハンコを押す時も近づけないと押せません。そんな時に、紙をどかせばハンコは押せません。判を押し付けようにも紙が無ければ押せないのです。

      ですから「嫌なら近寄らなければいい」がとても大事な事なのです。出来るだけ自分の心の管理者と自分がなって責任を持っていけば、「押し付けられず、決めつけられず」という素晴らしい状態へと近づくことも可能なのです。

      何か、参考になれば幸いです。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)