Google検索

「集団ストーカー」という名のマインドコントロールから自分を解き放とう!

「集団ストーカー」という名のマインドコントロールから自分を解き放とう!

「集団ストーカー」という名のマインドコントロールから自分を解き放ちましょう。

まず以下の引用文をお読み下さい。

”ここで示された信号の混乱が、何者かによって操作されている感覚をはじめとする統合失調症の症状と関係があるかもしれないのだ。

引用元:幽霊は脳が作り上げている。人工的に幽霊をつくり出す実験に成功(スイス研究)

まず、幽霊は脳が作り上げるもので、殆どは変性意識状態での幻覚です。「幽霊の正体…。私が幽霊を見ていた理由。そして幽霊を見ることがなくなった理由! | 幸せの種「気づき」」の記事も合わせてお読みください。

そして「集団ストーカー」とは「幽霊」のようなものです。

「集団ストーカー」とは「集団ストーカーがいると深く思い込んでしまっている」ことで「本人にとっては本当にいると思える」状態なのです。

つまり、「集団ストーカー」と思い込んでしまいやすい「何か」が最初にあり、その「何か」をインターネットで調べていくうちに、確かなことだけを吸収できない人は「鵜呑み」にしていきやすいので、「気づき」だと思って「思い込んでいく」のです。

つまり、インターネット上にはすでに「集団ストーカー」の被害を訴える情報である基盤が沢山あるので、似たようなことがあれば、その「集団ストーカー」による被害だと思い込んでいきやすいのです。

例えば、「電磁波攻撃」ですが、これはそう言った機材で攻撃を受けているのではありません。「電磁波攻撃」だと思い込んでいるのは実際は「VDT症候群」とかでしょう。

VDT症候群(ブイ・ディー・ティーしょうこうぐん、英語:Visual Display Terminal Syndrome)とは、コンピュータのディスプレイなど表示機器(総称して Visual Display Terminal、VDT と呼ばれる)を使用した作業(VDT作業ともいう)を長時間続けたことにより、目や体、心に支障をきたす病気のことである。別名テクノストレス眼症とも呼ばれる[1]。

引用元:VDT症候群 – Wikipedia

そして、簡単にわかるモラハラではなく、こちらの「モラルハラスメント(モラハラ)の被害者たちは気付こう!」の記事に書いた巧妙なモラルハラスメントは、ダブルバインドや無意識への暗示、美徳による支配、村八分、ジワジワと相手の心の傷を抉りながら精神的に追い詰めていくような気づきにくく、巧みな精神的な嫌がらせです。

この「巧妙な精神的な嫌がらせ」が、前述した「何か」であり、それを特定できないから、インターネットで調べた「集団ストーカー」からの攻撃だと思い込んでいくのです。つまり、Aさんが「何か」である「巧妙な精神的な嫌がらせ」を、Bさんに行う。Bさんは「何か」である「巧妙な精神的な嫌がらせ」がどこからきているのかを特定できないので、それを「集団ストーカー」からの攻撃だと思い込んでいく。

例えば、言葉の9割にプラス言葉を入れて1割サラッと傷つける仄めかしを入れ込んで、相手に気づかれないようにしてそれを長期的に繰り返し被害妄想が出始めてそれを特定できない状態に時に、自宅周辺に行くと言う仄めかしをすることでターゲットは近所に「集団ストーカー」がいると思い込んで防衛のためと思いながら自らが「ストーカー」のように近所の人を監視するという巧みな罠です。

そしてどんどん「妄想の世界」へと誘導されていくのです。恐らく最初に「巧妙な精神的な嫌がらせ」である「何か」を流すものは正義の制裁を加えているつもりの者や楽しんでいる者かもしれません。自分にとって気に入らない思想を持っている者をジワジワ追い詰め「黒」か「白」かと迫っているのかもしれません。

なぜかと言うこと、自らの心の中にある「黒」と「白」の両方が肥大化させられていくからです。つまり、正義の制裁を加えているつもりの者は「巧妙な精神的な嫌がらせ」によって誰にでもある「妄想」を、肥大化させて精神を破壊するやり方をするのです。

次の引用文も読んでください。

このように、「集団ストーカー」が、ネット上で、かなり詳細に類型化されたのには、単に、被害者と称する者の純粋な被害報告だけでなく、それを煽っている者、さらには、そのような類型に材料を提供して仕掛けている者の関与も疑われるのだ。

引用元:「集団ストーカー」という厄介な問題: 狂気をくぐり抜ける

こちらの「煽っている者」「材料を提供している者」こそ、正義の制裁を加えているつもりの者だと私は思っています。自分にとって気に入らない思想を持っている者をジワジワ追い詰め「黒」か「白」かと迫っているのではないかと思います。ある意味1つのゲーム感覚とでもいいましょうか…。

これは「モラルハラスメント(モラハラ)の被害者たちは気付こう!」の記事にも書きましたが、このレベルの悪質なモラルハラスメントはブードゥー教の黒魔術と似ています。

以下の「人生を変えるトラウマ解放エクササイズ」からの引用をお読み下さい。

ブードゥー黒魔術(Voodoo:ブードゥー教<ハイチの宗教>)での仮死状態はこの硬直反応で起こると言われています。魔術師やシャーマンに呪いをかけられた人は村八分にされます。部族内のつながりはメンバーが生きてゆくためにもっとも大切なものであるために、村八分に遭った人は硬直状態に陥り、ついには死を迎えるのです。

引用元:「人生を変えるトラウマ解放エクササイズ」P124

ハーバード大学医学部の教授を務めたアメリカの生理学者ウォルター・B・キャノンの「ヴードゥー教の呪い」という論文も良かったら翻訳してお読み下さい。

まるで、集団ストーカーの被害者は、ゆっくりブードゥー黒魔術の呪いにかかっているようにも思えます。ブードゥー黒魔術の呪いは「信者には効果ある」けど「全く信じない人には効果が無い」と言われています。

つまり、最初に「集団ストーカー」があると思い込む集団ストーカーという名のマインドコントロールにかかった時点から、まるで悪霊に憑かれたかのように、心の中に「集団ストーカー」が棲みつくのです。心に「集団ストーカー」と言う名の思い込みの悪霊が棲みつけば硬直状態になり、徐々に体にも悪影響が出てくるでしょう。

そして、街中でも、家の周辺でも、現実的に調べていくと答えの出るようなことが、誰かからの嫌がらせだと思ってしまうのです。常に、ストレス、緊張状態へと落ちていくでしょう。抜け出すには、それらは「妄想」であると、はっきり自覚し明確な意識へ上げることです。そして、自分に対し「妄想」を植え付けている人間がいるのであれば、それも特定することです。

そして「確認」をしっかりすることです。答えの出ないことは答えのでないことだとハッキリ留めておくのです。答えの出ない不可解なことを安易に決めていくと、「確認」せずに思い込んでしまいやすいのです。

自分に対し「妄想」を植え付けている人間がいるのであれば、それは明らかな嘘ではなく、一見事実かのように「事実の歪曲」を使います。その「事実の歪曲」を巧みに操り、ターゲットやターゲットの周囲に「妄想」を植え付けていくのです。

つまり、「集団ストーカー」という名のマインドコントロールは、言い換えれば、悪霊(無意識レベルの念のようなもの)に憑かれたということです。また言い換えれば無意識レベルでの無数の気づかない暗示にかかっている状態です。

「集団ストーカー」という名のマインドコントロールをする者が、悪霊のようなものだから、コミュニケーションを取ることで徐々に影響されていってしまうのです。そして、無数の悪い暗示にかかってしまうので、憑依されたような状態になるのです。

この悪い暗示に気づいて自分で解くことです。悪い暗示は気づいたら解けていき、一度解いた暗示は二度とかからなくなります。

互いに「妄想」と戦う

「集団ストーカー」という名のマインドコントロールの罠は、とても怖いものです。なぜなら、互いに「妄想」と戦う可能性があるからです。

これはどういうことかと言うと、例えばAさんが「嫌がらせ」を受けたと思い込んだとします。そしてインターネット上で調べていくうちに「集団ストーカー」の情報に辿り着いて「これだ!間違いない!」と「集団ストーカー」からの嫌がらせだと言う情報がどんどん自分にインストールされます。

その情報を元に、外でたまたま「咳ばらいをしている人であるBさん」のことを、集団ストーカーの1人だと思い込んでしまい、相手(Bさん)は自分(Aさん)に嫌がらせで「咳払い」をやってきたと思い込むとします。すると、Aさんは頭にきてしまい、AさんがBさんに「反撃(本人は反撃のつもりだが実際は攻撃)」します。

<<下に続く>>

すると相手(Bさん)は、違和感を感じる咳払いなどをしてくる人(Aさん)に気づき、「何だいきなり」「何かおかしい」と思い、インターネット上で調べると、まさに集団ストーカーの情報と一致する。そして、Aさんが「反撃」だと思い込んで「攻撃」したことが、本当の攻撃を生み出し、妄想が実現する場合もあるのです。

被害者と言いながら自分が加害者に?

「集団ストーカー被害」を受けていると言いながら、自らが「集団ストーカーの一員」のようになり、相手を追い詰めている場合もあるのです。

こうやって「妄想」が連鎖していけば、マインドコントロールから生まれた「妄想」が本当に水面下で嫌がらせをする者をゾンビのように増やすことに繋がる場合もあるかもしれません。

ですので「確認」が大事なのです。

「集団ストーカー」被害を訴える方は真面目

「集団ストーカー」被害を訴える方は真面目だから、騙されやすく、思い込まされやすいのです。そして「集団ストーカー」情報を本当に思い込んでいけば、本人にとっては本当の苦しみになるので、後から「集団ストーカー」被害を訴える方が実は「思い込まされた」ことに気づいたときに、強烈な怒りが溢れてきて、それ相応の出来事を起こす場合もあるかもしれないが、それも安易に「思い込ませ」をやった者の自業自得ともいえます。

真面目な人を煽って、混乱させ、思い込ませて、楽しんでいるような人間の皮を被った魑魅魍魎のような者は、最後には責任を何かしらの形で追及されていくものです。

「集団ストーカー」をマインドコントロールして楽しむような者は、元イジメ被害者の場合が多く、勇気がないから自身の問題と向き合えず、インターネット上の安全地帯から、無関係なものを煽って、混乱させて、楽しんで誤魔化しているような者だったりします。

自身の不真面目さを知ることが怖いので、真面目な人をターゲットにして喜べると言う、人間としての最低のレベルの状態なのです。

「嫌がらせ」を隠し、ばれないように行うことが上手いので、ターゲットにされた人のマイナス感情は解消されず無関係な人から「嫌がらせ」をされているとか「付き纏われている」とか「勘違い」して思い込んでいくのです。

本当に、嫌がらせをして付き纏う存在は極少数です。演技力が上手く賢い者です。

1、極少数の演技力が上手い嫌がらせをする者がターゲットに嫌がらせをして答えの出ない悩みを植え付ける。

2、答えの出ない悩みでターゲットの頭がグルグルしているから、それを特定したく無関係な者が嫌がらせをしていると思い込む

3、相手は無関係だから、周囲はそれを見て楽しむ。ますます、ターゲットは混乱に陥っていく

4、ますます、ターゲットの頭がグルグルして、おかしくなっていく。

自分で1の存在を特定し、離れることが大事です。

1の存在は実在する場合もあれば、過去の幻影の場合もあります。

いずれにしても、気づくのも、解くのも自分がやるしかありません。

外部記事からの更なる引用

外部記事からの更なる引用分も合わせお読みください。

集団ストーカー問題を研究して分かった事がある。
それはインターネット・マインドコントロールと呼ぶべきような状態が発生していると言う事だ。
そして集団ストーカーやガスライティングとは、統合失調症などの病気ではなく、被害を主張する者によるインターネットを通じたマインドコントロールである

引用元:インターネットマインドコントロール | 集団ストーカー(ガスライティング)

統合失調症だから集団ストーカー被害を訴えるのではなく、巧みなマインドコントロールを受け続け混乱し、ダブルバインドもかけられ、巧みに心の傷を刺激され続け、その後にマッチポンプのように統合失調症に徐々になっていく者もいるのだと思われます。

以下の一冊もマインドコントロールから抜け出すために役立つと思います。

 

目的は集団ストーカー被害者=統合失調症という宣伝目的、ようするにプロパガンダ【Propaganda】である。車にGPSを仕掛けるのも、行き先を読まれているという錯覚を起こさせる加害側の罠で、その程度の罠にも気付かない脳になっている。このような脳を乗っ取られている被害者と付き合うには非常に危険であり、被害者でありながら工作員と同じで、それを見極めるには今までの経験から人格が行き成り変わる方が多い。憑依されているからでしょう。工作員と同じLobotomyですから付き合うのにはリスクが伴います。

引用元:ターザンのジャングル日記|●思考盗聴ではなく思考操作(マインドコントロール)●

「思考盗聴」はありえないと思います。「思考を操作」するために「事実の歪曲」や「レッテル貼り」を「継続して繰り返す」ことで、徐々に思考を操作していくのだと思います。言い換えれば本当の隠れた「嫌がらせ」をする者が、「ターゲットのマインドに寄生しターゲットを飼いならす」ようなものだと思います。

統合失調症の人は統合しすぎ

統合失調症の人は統合しすぎと言うようなことが、どの本か忘れましたが、苫米地英人氏の本に書かれていたことを読んだ記憶があります。

私が思っていることは統合失調症の人は真面目で勘が鋭い人です。ですから悪事を働く者からは嫌われやすく、脳に負荷のかかる嫌がらせを受けやすいもので、その巧妙な嫌がらせが何かわからずどこからか理解できないので無関係な者からの嫌がらせだと勘違いしたりする場合もあります。

そして「ちょっと狡いことした人」の狡さを敏感に感じ取り「組織的な嫌がらせ」と統合しすぎで勘違いします。つまり事実を通り越してまとめてしまうので、現実的ではない話になるけど、その妄想にもそれなりの理由が隠されていると言うことです。

1つ1つ整理し整えて前頭葉を鍛えていけば、統合しすぎが改善され現実的な認識が出来るようになってくると思います。

 

何故、嫌がらせを受けるか?

それは、1つは狡賢い者にとって邪魔な発信をするからです。「邪魔な発信」と言うのは、マインドコントロールが解けることにつながることです。狡賢い者はマインドコントロールをしているので、気づきを与えてマインドコントロールが解けるキッカケを発信する者を邪魔者だとして、あらゆる手口で相手の印象を悪くしたり、煽って怒らせ自滅させるのです。誰にでも限界はあります。その限界まで巧みに追い詰めていくのです。

以下の引用をお読みください。

「圧力団体」を批判させないために、監視をする。。。。。マインドコントロールから開放されてしまう。。
  「圧力団体」が一番・・・という神話が壊れる。。。。だから、邪魔をする。

引用元:「集団ストーカー」は「マインドコントロール」が始まり – 集団ストーカー・・・・気付かない弾圧

人を支配して自分の思い通りにしてきた者は、マインドコントロールからの解放を恐れているのでしょう。そして「集団ストーカー」なるマインドコントロールをして、ターゲットが集団ストーカーの被害に遭ってます…。と言い出せば、「頭がおかしい」というレッテルを貼られる仕組みなのです。ですから集団ストーカーは存在しません。

存在するのは、悪霊のような、人を支配して自分の思い通りにしている狡賢い者たちです。このような者は匿名掲示板で「事実の歪曲」をして「相手の印象を操作」し「閲覧者に思い込み」を作り出して「おかしい人」とレッテルを貼ります。

そして「おかしい人とレッテルを貼られた人」に近づいた人も「おかしい人」扱いにされるので、人は無意識のうちに恐怖して恐怖に同一化していくので、一緒に「おかしい人」扱いをして自分がターゲットにされないようにするのです。

まさに子供のいじめがレベルアップして、実に巧妙で無様ないじめに進化したようなものです。

だけど、どんな人も良心があり、自分から見れば悪でも、他の人から見ればそうでなかったりするので、出来るだけ自分にとっても相手にとってもプラスになること、笑顔になることを一つでも増やせたら、お互いに認め合える時はくるかもしれませんね。

認め合えなくても、それもまた自然なことで、互いにバランスを取り適度な距離感を持てば、それで良いのだと思います。絶対的な正義や絶対的な悪は存在しないと言うことですね!

簡単にまとめると「集団ストーカー」がいると思い込んでしまい、それを発信すると、診断の権限のない者たちに「統合失調症」のレッテルを貼られて「頭がおかしい扱い」をされ、安易に思い込んでいしまう者たちに「あいつは統合失調症だぞ」と広めて、集団の力を使い、ターゲットを孤立させていく巧みな罠になっているというわけです。

よく考えていただきたいのですが「統合失調症」だと診断できるのは「診断の権限がある者」だけですよ?

つまり、「あいつは統合失調症だぞ」と言っている者こそが、診断の権限もないのに深く思い込んでいる時点で、本人が本当の「統合失調症」なのかもしれませんよね。「あいつは統合失調症だぞ」と言っている側は、かなり疑わしいということがわかりますよね。

相手を刺激して、マイナス反応を引き出してから、そのマイナス反応を周囲に見せて「ほら、こいつはクズだぞ」と追い詰めていき、そこからジワジワしつこく追い詰めていき、相手が混乱してきたころに、「あいつは統合失調症だぞ」と広めて、集団の力を使い、ターゲットを孤立させていく巧みな罠になっているというわけです。

相手にしないことが大事です。

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。