Google検索

古賀式拒食症・過食症改善プログラム 摂食障害アドバイザーによる的確なアドバイス

本当に正しい拒食症・過食症の改善方法を知っていますか?

改善するには、まず自分がどのタイプかを知ることが大事です。

1、摂食障害+「自信喪失」タイプ

2、摂食障害+「過食症」タイプ

3、摂食障害+「拒食症」タイプ

詳しくは自分で自宅で改善できる方法である「古賀式拒食症・過食症改善プログラム 摂食障害アドバイザーによる的確なアドバイス」の「本当に正しい拒食症・過食症改善方法とは?」という見出しの部分の説明をお読み下さい。

自分のタイプが分かったら、次は原因を探ってみることです。原因がわからないと解決のしようがありませんよね。原因が分かれば、解決に一気に近づいていきます。

「古賀式拒食症・過食症改善プログラム 摂食障害アドバイザーによる的確なアドバイス」の改善は4ステップの簡単な方法です。

<<下に続く>>

1、タイプを正確に把握して原因を特定する。

2、原因別の改善方法を実践する。

3、1日10分”あること”を実践し食欲をコントロールする

4、週に数回程度ある食べ物を摂って食欲、恐怖心を安定させる

たったこれだけで、自宅で根本から拒食症・過食症を改善していくことが出来る方法が「古賀式拒食症・過食症改善プログラム 摂食障害アドバイザーによる的確なアドバイス」です。

是非、試してみて下さい。悪化するような改善方法に時間やお金をかけるよりも、知識をつけて自分で自宅で改善していくことは、後々、きっと自分の心の財産にもなるでしょう。

プログラムの中身の1部は、リンク先のページの真ん中あたりで「古賀式拒食症過食症改善17日プログラムの内容を少しだけ公開!」という見出し部分で読めますので、一度目を通してみて下さい。

摂食障害克服への近道をこの機会に学んで、そんな無駄を無くして自分の時間を大切にしましょう。

 

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。