Google検索

真に受ける人は、相手の言葉通りに誠実に受け取り、本気で取り組んでいるのです。

真に受ける人は、相手の言葉通りに誠実に受け取り、本気で取り組んでいるのです。

真に受ける人は

相手の言葉通りに誠実に受け取り

本気で取り組んでいるのです

相手の言うことを素直に真に受ける人に対し「いちいち真に受けるなよ…」と、
後出しジャンケンのように「冗談だったのに…」という人がいますが、
真剣に生きてきた人ほど真に受けやすい場合もあります。

真に受ける相手が悪いという”おかしな空気”を作ることは、真剣に生きた人を傷つけることもあります。
お互いの違いを理解できると良いです。

真に受ける人を馬鹿にしたり、悪く利用したりする者がいるから、
真に受けやすい人は傷つかないために真剣になる相手を見極める必もあります。

真に受けるとは?goo国語辞書から引用します。

真(ま)に受・ける

言葉どおりに受け取る。「冗談を―・ける」

 

引用元:真に受けるの意味 – goo国語辞書

次に真剣とは?辞書から引用します。

[形動][文][ナリ]まじめに物事に対するさま。本気で物事に取り組むさま。「将来を―に考える」「―なまなざし」

 

引用元:しんけん【真剣】の意味 – goo国語辞書

真に受ける人は、相手の言葉通りに誠実に受け取り、本気で取り組んでいるのです。
その相手の誠実さを嘲笑って馬鹿にする者もいます。

真剣になるから真に受けて、時には深く傷つき、怒りが出てしまうことだってあります。
逆に、真剣にならないで、適当に相手の話を聞いて、誠実に聞いているフリをすれば、真に受けずにも済むので、怒りも出てきません。

怒りは悲しみでもあります。

しかし、怒りはマイナスなことが多いので、怒りを使うことはやめたほうが良いのです。
怒りを使わないためには、自分がなぜ悲しんでいるのか理解する必要があります。

一生懸命、相手の言葉を、言葉通りに聞いて向き合ってきたけど、相手の「嘘」などで混乱し傷ついてしまう。
そして限界が来る。

だから負けてしまい、怒りで支配しようとしてしまうときもあるのです。

そんなマイナスループはもうやめるべきです。

真に受ける必要のないこともあります。
人は、すべてに誠実でいることなんて出来ません。

<<下に続く>>

嫌いな人が手もいい、いい加減に対応したっていい、自分の責任を持っていれば、関わらなくても良い人間もいます。
そして世の中には平気で嘘をついて、人に思い込ませ、騙し、裏切り、欺き、混乱させ、陰でほくそ笑むような者もいます。

ですから、素直に生きていれば自分の心が食われてしまうときもあります。
しっかり違いを区別し、関わらなくてもよいこともあるのだと理解していくことが大事です。

真に受ける人は「私利私欲のための嘘」や「悪意のある嘘」などが無い関係を築いていきたい人が多いのだと思います。
しかし、「私利私欲のための嘘」や「悪意のある嘘」をつく人は、平気で人を騙し、欺き、成りすまし、演技したりして、人と関わります。
そういったことは本人の責任であり、自由ですので、真に受ける人はこのようなタイプをしっかり見抜くことが大事です。

真に受ける人は前述したように「私利私欲のための嘘」や「悪意のある嘘」などが無い関係を築いていきたい…、
だけど、利益のために平気で人を騙し、欺き、成りすまし、演技したりする者に気づけない、または気づいても対処できない、
そして、深く傷ついたり、騙されて怒りが出てしまうこともあるでしょう。

そんな人もいるのが世の中だと理解して、自分の心を守って生きていく術を身に着けていくことが大事です。
真に受ける人は誠実な人と共に誠実な関係を築いていくことで幸せになれるのではないかと思います。

その為には邪魔をしてくるような者がいれば、しっかり見抜いて心を守ることが大事です。
「私利私欲のための嘘」や「悪意のある嘘」などをついて相手を利用する者は必ず「餌」を使います。
その「餌」は精神的なものであったり、物質的なものであったりします。
承認欲求を刺激して餌を投げたり、プレゼントを悪用したり。

人には「隠された無意識の目的」があります。
その目的は感情を使って表に出てきます。涙や弱者を装って感情で人を支配することもあります。

必要であるのに、相手が正しく話し合おうともしないで感情を表に出して騒いでいるときは、
感情で支配しようとしてきている可能性もあります。

真に受ける人は、このような演技が巧みな策士のようなタイプにひっかかりやすいのです。
なぜなら、真に受ける人は、言葉通りに受け取ることが多いので、騙しやすいから、当然、騙すものが反応してくるのです。

そういったことも理解して心の扉にはしっかり鍵をかけておくことが必要です。
心は家とつながっています。家の玄関の鍵をかけることは当たり前ですよね。

心も同じです。

むやみやたらに「心を開きなよ」とか「心を開かないとダメだよ」とか「疑ってばかりじゃダメだよ」と言ってくる心の詐欺師には要注意です。
「心を開きなよ」=「玄関の鍵をかけず、開けとけよ」ですから。

私ならこう思います。

「心の鍵はしっかりとかけて、あなたが心から信じていけるパートナー、人生をかけて絆を深めていきたい人がみつかった時に、自分の責任で心の鍵を共有するのは良いと思う」

です。

関連コンテンツ

アンケート

2017/2/4にアンケートを設置しました。 よろしければご回答ください。

「○○の意見に賛同するな…」、「○○の意見を聞いてはならない…」という空気を感じたことはありますか?

View Results

Loading ... Loading ...

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 菅原隆志
    by 菅原隆志

    メルマガ、「第1回目 グレーもあってもいい。青も赤も黄色もある。だから綺麗なんだ!」を追加しました!
    記事の下部の「続きをメール購読」から購読できますので、ぜひ、読んでください!

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)