原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

「恩」を感じれないときは「心で因(元になるもの)を感じる」と自分は生かされているとわかってきます。

「恩」を感じれないときは「心で因(元になるもの)を感じる」と自分は生かされているとわかってきます。

「恩」を感じれないときは「心で因(元になるもの)を感じる」と自分は生かされているとわかってきます。自分が生かされているとわかってきたら「恩」を感じる。だから「因に心で恩」になる。

こちらはどういうことかと言うと、「恩を仇で返す」と言ったとしても相手が自然な「恩」を感じないのであれば「恩の押し付け」みたいになってしまうかもしれません。なので自然に恩を感じることが良いのだと思います。

その自然な「恩」をなぜ感じないのか?それは「繋がりが見えていない」からなんです。恩という字の上の「因(元になるもの)」が見えていないからなんです。因(元になるもの)は、その元はなんなのかを考えていけばわかってくることがあります。

例えば、あなたが今生きているのは、死にたくないからですよね。辛かったとしても希望があるから生きている。それは「生きたい」からだと思います。そんな人生を歩むことが出来るのは、たとえ恨んでいる親だったとしても産んでくれたという「元(因)」があるからですよね。「元(因)」がなければあなたは存在していません。

そういった親が産んでくれたという「元(因)」を考えるだけでも「恩」を感じることもあります。感じない方が悪いと言っているのではありません。大丈夫です。

<<下に続く>>

お伝えしたいことは、「元(因)」を考えることで自然に恩を感じることがあることもありますあら、そういったことがあれば大事にしていけたら良いですねとお伝えしたいのです。

「元(因)」を考えることで「過去の出来事への解釈が変わる」ことがあります。あの時、あの人のお陰で僕(私)は助かっていたんだ。とか、もっと広く言えば、世の中に法律があるから今日という1日を安心して生きていける。そういった繋がりが分かってくると有難い気持ちが出てきます。

「恩」とは「心で因(元になるもの)を感じる」ことで自然に感じてきます。「恩」という字が「心の上に因」があるように自分の心の上に因(元になるもの)しっかりと置く。そうすれば、それがどんな繋がりで、どんな恩恵で、そこに在るのか。なんとなくわかってきます。

そうすると、私たち人間は生かされている。色々な人の思い、愛、優しさ、で繋がっている。偉そうに生きている場合じゃない。そう思えてきます。

だけど、今、何かを恨んでいる人は、この記事は受け入れられないと思います。そういった場合は、その気持ちを大事にしてください。恨むことも必要です。恨みを通過して違うものが見えてくるのです。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。