原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

勇気が挫けた悲しい家庭では助けを求めることが出来ない。身近な涙に気が付いてあげて下さい。あなたにはそれが出来ます。その勇気は心の奥でくすぶっています。それに火をつけるのは自分次第です。

勇気が挫けた悲しい家庭では助けを求めることが出来ない。身近な涙に気が付いてあげて下さい。あなたにはそれが出来ます。その勇気は心の奥でくすぶっています。それに火をつけるのは自分次第です。

上記のツイートを見て、僕が思ったことを書きます。

助けを求めたら連携した家族に徹底して心を叩きのめされて助けを求めたことを捻じ曲げられて「あいつ〇〇だって言ってたぞw」と嘲笑されて悪いことをしたと扱われ二度と助けを求めないように封じる。そして「助けて」なんて二度と言えなくなる。勇気が挫けた悲しい家庭。

精神世界で、子供の口を塞いでいるのです。

勇気が挫けた者たちが集まる機能不全家庭では、子供が「助けて」と言えなくなる。子供は助けてもらうことが大切です。助けてもらいながら成長していくのです。

しかし、勇気が挫けた者たちは自分のことで精一杯かもしれない。人を助ける余裕も子供を助ける余裕もない。準備もしないまま子供を作るとこうなりやすいのです。本当に子供への愛があれば「子供を助けてあげることが出来る自分たちになる」という準備をしてから如何なる時にも忘れない愛をもって、子供を温かく迎え入れる準備をしてから子作りをするものです。

しかし、目先の欲に溺れて出来てしまった場合や子供を道具のように利用することが目的であると、準備なんかクソくらえだという思いになりやすいので当然準備なしで子供を作ります。

<<下に続く>>

だから、子供を道具のように利用した親たちは、目を覚ます必要があります。あなたがされたら辛いように、悲しいように、子供も同じなのです。そのことを思い出して勇気を取り戻してください。

そして、身近な涙に気が付いてあげて下さい。あなたにはそれが出来ます。その勇気は心の奥でくすぶっています。それに火をつけるのは自分次第です。

口を塞がれた人は、とても悲しかったでしょう。だけど、過去は変えられない。じゃあ、どうしたらいいか。口を塞がれたからこそ別の能力があるはずです。口を塞がれたことで表現できなかった思いが、別の形で表現する能力があると思うんです。

音楽、文章、絵、色々な形で、あなたの心の叫びが表現される。そのための能力がある、または、これから能力が身についていくのだと僕は考えています。ですので、あなたが本当にやりたいことを楽しみながらやってみてください。

 

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。