Google検索

嘲笑う心理は理解で癒そう!嘲笑の正体

人を嘲笑う人は『理解の限界を超えました』という心理です。理解出来ない事を隠すために、嘲笑うことで自分のほうが上だとイメージして思い込むのです。そして相手よりも自分が上だと妄想して思い込むのです。

嘲笑うとは、人を馬鹿にして笑う、せせら笑う、ことなどです。そして馬鹿は、サンスクリット語で『無知』や『迷妄』を意味するのです。道理が分からない、事実でないことを事実だと思い込むことを迷妄と言います。

つまり、嘲笑う人自身が迷妄で事実ではないことを事実だと思い込んでいるので、正しい理解が出来ない自分を認めたくないので、その嘲笑う迷妄である思い込みが相手に投影されて相手を馬鹿にしてしまうのです。

『馬鹿にする』
↓ ↓ ↓ ↓
『相手を無知や迷妄だとする』
↓ ↓ ↓ ↓
『完全な無知や迷妄はいないのに不安だから』
↓ ↓ ↓ ↓
『相手を無知や迷妄だと思えるようにする』
↓ ↓ ↓ ↓
『相手を無知や迷妄だと思えるように正しい根拠のない妄想でそう思うようにする』

<<下に続く>>

このように相手を嘲笑う人は、相手の良いところや、まだ知らない部分などを理解出来ないため、自分の理解の限度を認めたくないので、相手の一部分だけを見て無知や迷妄だと思い込んで安心をしようとするのです。

理解することは癒しになるので、人を癒せる人は相手の深いところまで理解が出来ますので、馬鹿だと思う必要性は全くないのです。人には必ず眠っている素晴らしい個性があるので『相手を無知や迷妄だと思えるように正しい根拠のない妄想でそう思うようにする』必要自体が不要なのです。

大事なことは嘲笑う人が何故『理解の限界を超えてまで無理しようとしているか』です。そこの辿ると幼少期などに、知らないことが悪いことだと何度も刷り込まれて思い込んでしまっている過去などがあり、そのことが辛いので忘れようとしていることもあります。

そして本当の自分に気付くことで『嘲笑う必要のない自分』を取り戻すことが可能になります。

みんな傷ついているんです(#^^#)

妄想とは傷ついてしまう人の心の拠り所になっているのですね。

 

あなたはどう思いますか?

 

コメントも自由に投稿可能です。

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 匿名

    嘲笑する人を見るとなぜか可哀相だと思っていました。
    自分の小さな世界を作っているようにしか見えません。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      コメントありがとうございます。

      私もそう思います。「嘲笑」する人は、
      きっとソレしか知らないんだと思います。

      大切にされたことがない。
      だから「嘲笑」で誤魔化しているんだと思います。

  2. by 名無し

    本当に心にゆとりのある人は、人を見下したり嘲笑したりすることはありませんよね。

  3. by たなか

    理解されたい~

  4. by たなか

    そっか
    女に理解されないと悲しいし理解されたら、嬉しくて涙ちょちょぎれるから理解が癒すのわかる~

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。