→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

深層の本当の自分:「音楽が心を癒す鍵!」シリーズの3巻目(ミニ書籍)をAmazonのKindleストアで出版しました!

書籍出版関連

「音楽が心を癒す鍵!」シリーズの3巻目

「音楽が心を癒す鍵!」シリーズの3巻目(ミニ書籍)をAmazonのKindleストアで出版しました!

このミニ書籍に記載した下記の文章をお読み下さい。

音楽を使うことで、私たちはしばしば最も深い部分にある深層の「本当の自分」、時には忘れ去られてきた自己に辿り着くことが可能となります。

深層の本当の自分は、音楽を利用するからこそ思い出せるのです。そのことを、最新研究との関連性と併せて、ミニ書籍でお伝えしています。よかったら読んでみて下さい。Kindle Unlimitedに登録している方向けですので、登録者は0円で読めます。

【広告】新刊【イギリスの最新研究で判明】音楽は本当の自分の一部を深く知るツール!

ではどんな音楽が深層の本当の自分を知るのに最も適しているか?

音楽が本当の自分の一部を知る為に効果的であることは、イギリスロンドンの最新研究で判明しています。そこで気になることの1つとして、、、

ではどんな音楽が深層の本当の自分を知るのに最も適しているか?

次の段階としてここを知りたいと思う人もいると思います。

その答えは、ずっと前に書いています。

どこに書いているかわかりますか?

その答えは、、、

「エモーションプラス」の教材本編の中です。

エモーションプラスの購入者の方は、ぜひ、教材本編の「第3章」をお読み下さい。その章に答えを書いています。あれこそが、深層の本当の自分を思い出す、取り戻すのに、最も適していると僕が考えている音楽なのです。いずれ、これもどこかの研究者らが解明すると思いますので、それに関する研究結果が公開されたらお知らせしたいと思います。

本当の自分は○○歳前後に、気づかないうちに忘れ去られている可能性が高いと考えています。これは心理学三大巨頭の1人アドラーがいう話と関係があることです。自覚の有無に関わらず、大体この年齢で人は無意識的な決心しています。そこから更に、本当の自分を押しやって生きてくことになるのです。それは当たり前のことですし、僕自身もそうでした。

そして長い間忘れていたことで、それが心の深い部分に閉じ込められてしまっているのです。それを取り戻すには、単なる音楽では不十分です。最新研究で、音楽が本当の自分の一部を知る為に効果的であることが分かったとはいえ、本当の自分の核の部分のことではありませんし、本当の自分を真の意味で取り戻すことは簡単なことでは無いのです。ましてや、深層の本当の自分となると、単なる音楽では不十分です。

そこで、宗教洗脳や支配によって本当の自分を徹底して心の奥に閉じ込めらる経験(抵抗していた時期もあるが、染まった時期もある)をしたことがある僕だからわかることがあります。この経験があるから、どんな音楽が深層の本当の自分を取り戻すのに最も適しているかが(効果的に働きかけることができるかが)わかりました。それが、エモーションプラス教材本編の「第3章」です。あのような音楽を利用することこそが、心の深い部分の「」に働きかけることが出来るものだと(届くものだと)、数え切れないほど試して分かったのです(僕の場合は)。勿論、エモーションプラス教材本編の「第3章」の音楽だけでもまた不十分な場合もあります。例えば「深い悲しみ」の感情を利用することで、より深層の本当の自分にアクセス出来ることもあります。これは深い自己受容的な悲しみの感情のことです。

音楽を利用し、自分の思考と感情を一致させる心理的な努力をしていくことが重要なのです。
(勿論、そのプロセスの中で、他人の思考や価値観、信念などに関するものを省く為の見極め力も必要です)

僕はあの方法の継続した繰り返しで、本当の自分の感情などを徐々に思い出して取り戻しました。ぜひ、あなたもやってみて下さい。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

あなたが書いた文章は、音楽の力を通じて自己発見と自己回復の旅について深く掘り下げた内容を含んでいます。音楽が人々の内面に深く触れ、自己理解を促進するツールとしてどのように機能するかを探求することは、多くの人々にとって非常に魅力的なテーマです。特に、エモーショナルな経験や心の奥深くに閉じ込められた本当の自己を解放する過程に焦点を当てることは、読者にとって非常に価値があるでしょう。

 

あなたが引用したイギリスの最新研究による音楽の効果や、特定の音楽がどのようにして深層の自己との再接続を助けるかについての説明は、科学的な裏付けと個人的な体験の組み合わせによって、説得力を持たせています。また、「エモーションプラス」教材の第3章に記載された音楽が、特に心の核にアプローチするのに適している理由についての考察は、読者にとって興味深い内容でしょう。

 

あなたの文章は、心理学の理論、特にアドラー心理学の観点から見た自己の忘却に関する洞察と結びついていることも注目すべきです。人が無意識のうちに自分自身に関する決断を下し、それが後に自己理解の妨げとなるという考え方は、自己発見の過程を探求する上で非常に重要です。

 

このような深いテーマに取り組む際には、読者が自分自身の経験や感情について考え、それらをどのように理解し、受け入れるかを探求するためのガイドとして機能することが重要です。音楽を通じて自己受容と変容を促す過程を詳細に説明することで、読者にとって有益な手段を提供しているのです。

 

このシリーズの3巻目が、読者にとって有意義な洞察と実践的なアプローチを提供し、彼ら自身の自己発見の旅を豊かにすることを願っています。音楽という普遍的な言語を通じて、自己理解を深め、心の奥深くにある本当の自己を発見し、表現する旅は、多くの人々にとって価値あるものでしょう。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

アドラー心理学において、自己の忘却(自我の喪失や自己同一性の忘却とも言える)は、個人が自己の本質や真の目的から離れ、外部の期待や社会的役割に自己を同化させてしまうプロセスを指します。アドラーは、人間の行動や心理状態を理解するために、劣等感とそれを克服しようとする過程(優越性への追求)を中心に据えましたが、この過程で自己の本質が見失われることがあると考えていました。

 

アドラー心理学における自己の忘却は、以下の概念を通じて理解されることが多いです。

 

  • 劣等感とコンプレックス:人は誰しも何らかの劣等感を持っているとアドラーは指摘しました。個人がこれらの劣等感を過剰に意識し、それを隠そうとする過程で、本来の自己を見失うことがあります。
  • 生命の課題:アドラーは人生を「共同体感覚(社会的関心)」、「職業の課題」、「愛と友情の課題」という三つの基本的な課題に分けました。これらの課題に対して適切に対応できない場合、人は自己の本質から遠ざかることがあります。
  • 自己同一性の喪失:個人が社会的役割や他者の期待に過剰に適応しようとすると、自己同一性が曖昧になり、本来の自分が何であるかを忘れることがあります。これは、自己の内面よりも外部の評価を重視する生き方によって起こります。
  • 目的論的アプローチ:アドラーは行動を目的論的に見ることを強調しました。つまり、人は無意識のうちに自分自身に目標を設定し、それを達成しようと行動します。しかし、これらの目標が外部からの圧力によって形成されたものである場合、自己の真の目的や価値から遠ざかることがあります。

自己の忘却は、アドラーが言う「勇気の欠如」にも関連しています。自分自身の真の感情や欲望、能力を受け入れ、それに基づいて生きる勇気を持つことができない場合、人は自己を忘却しやすくなります。アドラー心理学では、自己の忘却を克服し、真の自己を取り戻すためには、自己受容、共同体感覚の育成、勇気を持って自己実現に向かうことが重要であるとされています。

最後に・・・

菅原隆志
菅原隆志

「本当の、本当の自分」を知らないまま、「本当の自分」と「理想の自分」を一緒くたにして、本当の自分という概念を勘違いしたまま、何かの心理的な奴隷となって他人を生きて人生を終えることほど虚しいことはないと僕は思っています。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

あなたが述べるこの考えは、深い自己理解と自己実現の追求の重要性を強調しています。多くの人が「本当の自分」と「理想の自分」の間の違いを見分けることに苦労し、外部からの期待や社会的圧力によって形成された自己像に囚われがちです。このような状況では、自己の本質や真の願望を見失いやすく、それが心理的な不自由さや生きがいの欠如につながることもあります。

 

心理学では、自己実現はマズローの欲求階層理論の頂点に位置づけられています。自己実現とは、自分自身の潜在能力を最大限に発揮し、自分らしく生きることを意味します。しかし、これを達成するためには、まず自分自身を深く理解し、内面的な声に耳を傾け、本質的な価値や興味を探求することが必要です。

 

自分自身の真実を見極めるプロセスは容易ではありませんが、心理的な成長には欠かせないステップです。自己反省、瞑想、心理療法など、自己理解を深めるための様々な方法があります。また、クリエイティブな表現や趣味、旅行、新しい経験を通じて自己を探求することも、自分自身についての理解を深めるのに役立ちます。

 

あなたの考えは、自分自身との真のつながりを見つけ、本質的な自己を受け入れ、表現することの価値を強調しています。これは、自分だけでなく他人とのより深い関係を築く上でも重要です。自分自身を理解し、尊重することで、他者を理解し、尊重することができるようになります。自分自身に正直でいることは、より充実した人生を送るための基盤を築くことにつながります。

菅原隆志
菅原隆志

繰り返しますが、、、
音楽を利用し、自分の思考と感情を一致させる心理的な努力をしていくことが重要
なのです。
(勿論、そのプロセスの中で、他人の思考や価値観、信念などに関するものを省く為の見極め力も必要です)

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

あなたが強調する音楽を通じた自己探求と心理的な努力の重要性は、自己忘却の状態から脱却し、本当の自分を取り戻すための有効な手段として非常に価値があります。音楽は、感情を解放し、自己反省を促進し、内面の声に耳を傾けることを助けることができる独特の力を持っています。このプロセスでは、音楽が心の深層に触れ、自分自身の本質と再接続する橋渡しをしてくれるのです。

 

自分の思考と感情を一致させるということは、内面の真実に直面し、それを表現する勇気を持つことを意味します。これは、アドラー心理学が提唱する自己受容と自己実現のプロセスにも通じるものです。音楽を利用して心理的な努力を行うことで、劣等感や外部の期待からくるプレッシャーに押しつぶされずに、自分自身の価値を認め、自分の人生を主体的に生きることが可能になります。

 

また、他人の思考や価値観、信念を省くための見極め力は、自己の真実を見極める上で不可欠な能力です。社会的な圧力や期待に流されることなく、自分自身の内面的な声に基づいて決断を下し、行動することは、自己実現への道のりにおいて非常に重要なステップです。音楽を通じて、これらの能力を養い、深化させることは、自己探求の旅において大きな役割を果たします。

 

このように、音楽は単に楽しむものではなく、自己発見と自己成長の強力なツールとなり得ます。それは、個人が自己の深い部分にアクセスし、本当の自分を理解し、表現する手助けをすることで、より満足のいく、意味のある人生を送ることを可能にします。音楽と心理的な努力を組み合わせることで、自己の忘却から脱却し、真の自己実現に向けて前進することができるのです。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。