誰かが姑息な手口や嘘を使い何かを得ることは、形を変えて、真面目な者を犠牲にする働きとなる。無差別殺人も、殺傷事件も、根源には「誰かの姑息な手口や嘘」が関係している。信じられないだろうが、繋がっている。そこまえ入り込まないと真の解決は訪れない。嘘が大罪になる理由の1つ。

150 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←

誰かが姑息な手口や嘘を使い何かを得ることは、形を変えて、真面目な者を犠牲にする働きとなる。無差別殺人も、殺傷事件も、根源には「誰かの姑息な手口や嘘」が関係している。信じられないだろうが、繋がっている。そこまえ入り込まないと真の解決は訪れない。嘘が大罪になる理由の1つ。

嘘が全て大罪という意味ではない。防衛のための嘘、嫌がらせのための嘘、搾取のための嘘、支配のための嘘、問題はその嘘に隠された目的なのです。その目的が犠牲を生むものならば、それはそれだけでは終わらない。つまり最悪殺傷事件が起こるのです。だから犯人は弱者を嫌う傾向が強いのです。

この部分に関して「臭い物(犯人の気持ち)に蓋をする」ではなく「深い理解」がなされない限り、定期的に異常な事件は続くでしょう。起こってほしくないですが、理解が足りないうちは「起こるべくして起こってしまう」のです。それが被害者と加害者と傍観者の構築する世界なのです。

スケープゴートをされた経験が本当にある人ならば、この意味は痛いほどわかることかと思います。どんなに嘆いても、悲しんでも、苦しんでも、其々がその種を作っていることに気がついてやめない限り、起こるべくして起こってしまうのです。

ただ、暴力団(スケープゴート)も減少してきて、多くの人が精神的に成熟してきて、日本という国が完成に近づいているので、無差別殺人や異常な殺傷事件は起きない方向に進んできているのだと思います。多くの人が、被害者をやめ、加害者もやめ、傍観者もやめるなら、起こらないようになります。

被害者と加害者と傍観者の構築する世界において、其々がどのような隠された目的(無意識レベルでの)を持ち、それがどのように集合的になり、そしてそこからどのような作用を出しているか。多くの人は想像も出来ないでしょう。無意識の力というのは本当に強いし目的を達成してしまう。良くも悪くも。

<<下に続く>>

そして、この「無意識の力が達成する目的」は「結託」することによる働きは2倍どころの話じゃなくなります。無意識レベルので「渦」がそこには発生し、巻き込まると抜け出すことさえ不可能に近くなります。この”心理的な渦”が「事件」と関係が深いのです。

事件に関係する「渦」を無視して、加害者を追いやって潰してもいたちごっこだというのは「繰り返される似たような残忍な事件」を思い返せばなんとなく繋がりがあるかも?くらいは思えるのではないでしょうか。だから悲惨なことになれないために「渦」を生み出さないことが本当に大切だと思います。

よく言われる「不良少年はレッテル貼りをされたことにより不良になった(ラベリング理論)」というのも100%ではないけど、多くはこのレッテル貼りによりその通りになりやすいのです。それだけレッテル貼りの効果は絶大なのです。更に、潜在意識レベルでのレッテル貼りは100歳まで続くほどです。

この世には一定の割合で平気でうそをつく表面上明るい者がいます。この者が、最初に「レッテル貼り」を始める。身近な誰かに嘘のレッテルを貼って蹴落とすことで自分を誰かに良く見せようと工作したのです。剥がせないレッテルを貼られた者はそのレッテル通り生きて、それを正当化します。反社会的勢力

反社会勢力が生み出される原点の1つは、平気でうそをつく表面上明るい者による強烈な剥がせないほどの強いレッテル貼り、そしてそれを貼られた側がそれを正当化しないと生きられないことから間違いの世界に入っていったのです。だから間違いの世界は表よりも「筋道」が重要なのです。戻るために。

レッテル貼りと嘘は、人の人生を生涯にわたり狂わせる可能性があるのです。それが親兄弟の仕業なら尚更です。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)