親への恨みを克服する為に役立つことの1つ!それは世の中を知るということ。

216 views
親への恨みを克服する為に役立つことの1つ!それは世の中を知るということ。

とても大切なことをお伝えします(Mさまに許可を取って掲載しています)。

世の中を知ることで恨みが消えていく

Mさまは親への恨みを抱え続けて生きてきました。恨んでいた期間は12年以上とのこと。その親への恨みを克服する為に役立ったことの1つが「親への恨みはでっち上げ(第二版)」でお伝えしたことを深く理解した上で「世の中を知る」ということだったとのことです。Mさまは「馬鹿でいてはいけない」と思い、自分なりに勉強をされてきたそうです。頭の中で簡単ではありますが世の中の全体的なイメージが少しは出来るようになったきたと言います。そして世の中を知れば知るほど、自分が抱えていた恨みなどが小さなもの(ちっぽけ)に思えてきて、それどころか「恵まれていた自分」に気づけたそうです。今まで如何に小さな世界に固執して囚われて生きてきたかがわかったと言っていました。本当に素晴らしい変化です。

また別の女性の話ですが、子供時代にレイプ被害に遭った人は「私がこんなこと(レイプ被害)に囚われて生きれば、自分で自分を苦しめるだけだし、周りだって辛いと思う。私より酷い目に遭っている人だってたくさんいる。戦争で強姦されて殺されている人たちもいる。だけど私は生きてる。殺されなかった。辛くて嫌なことだったけど今の私には大切な人も仲間もいる。大切な仲間との貴重な時間を無駄にしたくないから、そんなことに囚われて生きるのはもうやめようって思ったんだ」と言いました。この方も世の中を知ることで気持ちの変化が起きたそうです。

人は世の中を知れば知るほど、自分の内側に変化が起こるのです。

この変化を「人間的成長」と言う

世の中を知ることで起こる変化を「人間的成長」と言います。サヨナラ・モンスターで言うなら付属ツールでの転換の連続によって起こってくる心的変化のことです。

世の中を知らなかった頃
親への恨みを抱えていた

自分なりに世の中を広く深く知るようになってから
親への恨みがちっぽけなことに思えるようになり(気づきが増えて)、それでも恵まれていたことに気づけるようになった。

まさにこのブログでお伝えしている『幸せの種「気づき」』の実践ですね。

気づくことの連続が幸せに繋がっていきます。

これからどんどん厳しくなってくる

例えば、これから「ホワイトカラー 9割 仕事がなくなる – Google 検索」とも言われています。(ホワイトカラーとは – Google 検索)横浜のブリヂストンは中国に買収されて、凄まじいリストラ。職を失う人はこれからもどんどん増えていきます。するとどうなるか? 当然みんな厳しくなっていきます。他人の甘えに寛容ではいられなくなっていきます。ピリピリしますから親族間殺人も増える可能性があります。それでなくとも日本の親族間殺人は殺人のうち55%(2016年分、警察庁発表)もあります。それだけこの狭い島国国家日本の監視村空気が距離感の近い親族間でのトラブルを引き起こしやすいのです。そうならないように成長していく必要があります。

物価高騰、給料が減り、税金が増え、職を失い、全体的に厳しくなってくると、今まで「辛かったね。大変だったね。ゆっくりいつまもでずーっと休んでね」なんていう人も減ってきます。一生懸命生きないと生きられなくなるのです。自然と「甘ったれるな」「ウクライナを見てみろ」「みんな頑張ってんだよ」「みんな懸命なんだよ」「自分のことだけで精一杯なんだよ」と言う人も増えるでしょう。犯罪も増えるでしょう。以前Twitterで生活保護を受けている誹謗中傷依存症加害者(詐病による不正受給ではないだろうか?)がいましたが、あのような者も何らかの形で淘汰の対象になってくるかもしれません。みんなの税金を無駄に使って誹謗中傷を何年も繰り返しているのですから、厳しい時代においてそんな甘ったれた加害行為を誰が許すのか? 誰も許さないので厳しい目を向けられるようになってきて、因果応報自業自得と言えるようなことが返ってくるのではないでしょうか。厳しい時代においては周りも厳しくなっていくのです。

最も大切なこと!!

そんな厳しい時代において大切なものの1つが、「人間的成長」と「分かち合い」です。それを身につけていくことが大事なことです。前記した2名の方の心的変化、これはこれからの時代においてとても大切なものです。

世の中を知り、自分の問題をちっぽけだったと思えるようになり(勿論過去を否定する必要はない。自分の器が大きくなるからちっぽけに見えるようになるということ。自分がその時のそのレベルで苦しんだことも大切な成長の過程であり経験です)、人間的に成長していくと次の段階で感謝の心が芽生えるのです。感謝の心が芽生えると分かち合う心も芽生えます。恨みを克服して感謝の心を持っていくこと、それが自分の為にもなります。「人間的成長」と「分かち合い・感謝の心」があればこれからの厳しい時代も生き延びることが出来るでしょう。世の中を広く、深く知っていくと、既に幸せはあったのだということに気づけます。

Amazon.co.jp: 感謝できない人が感謝できるようになるために大切なこと!: 「感情(本音)で謝るべきこと」に気づくこと!これに気づけると、感謝が溢れてきて、心が大きく成長します。 eBook : 菅原隆志: 本

感謝は、高潔な魂の証である。

イソップ(アイソポス)(紀元前7~6世紀・古代ギリシャの寓話作家)

 

この記事のレビュー(一覧)

5
Rated 5 out of 5
星5つのうち5 1件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)100%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

私の狭い視野

Rated 5 out of 5
2022年7月1日

私は、働く迄、私だけが頭が悪いと思い込み、私だけが、不幸な家庭環境で育ち悲撃のヒロインだと思ってました。Twitt上記の文章を拝読させて頂いたら、私と同じく家庭環境が良くない方がいる事を実感、痛感、身にしみました。
私の視野、私の世界が、狭いだと思いました。
著者さんの無料で、公開されている優しさですね😭
無料で公開ありがとうございます😭
口下手な私にとって、レビューで、書かさせて貰えるのが、嬉しいです。

Anonymous

幸せの種「気づき」からの返信

コメントありがとうございます。高い視点、高い視座、そして広い視野、、、これらによって少しずつ心が楽になってくると思います!自分が変われば世界も変わる!(変わった世界を見れるようになる)書くことで心が楽になるのでしたら沢山書いてください♪ コメントいただき嬉しかったです。

この記事に星評価とコメントをお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。