自分以外の考え方で生きていると、「苦労は買ってでもしろ!」と無駄に苦しむ考え方にもなりかねません。

光があれば闇があり…、男がいれば女がいて…、昼があれば夜があるように、善人がいれば悪人もいて、善人に見える人の中にも悪があるように、二元性の世界に生きています。

そして、対になっている存在の片方を好きと言い、片方を嫌いだと言います。だけど、対になっている存在は2つで1つであり、互いに必要な存在なのです。

「心に毒を持ってこようとする人」と「心に薬を塗ってくれる人」がいるのは当たり前のことです。その当たり前の「毒」となる人と「薬」となる人もまた両方必要なことです。

そして、自分にとっては「毒」となる人でも、別の人にとってはその「毒」となる人が「薬」となる人になることもあります。つまり、みんな自分次第だと言うことです。

何かを変えようとせず、支配しようともしなくても良いのです。自分の心のまま素直に嫌なものからは堂々と離れて、自分の心に従って生きればよいのです。

自分以外の考え方で生きていると、嫌なのに関わらなければならない…。そして苦しみ、トラブルを無駄に生み出し、さらには苦しみ、トラブルにさえ無駄な意味づけまでするようになり、「苦労は買ってでもしろ!」と無駄に苦しむ考え方にもなりかねません。

苦労が好きな人は苦労をすればよいですし、苦労がしたくない人はしないようにすればいいのです。

私も以前は嫌なタイプのコメントを読まなくてはいけない、読まないと失礼だ!とか思っていましたが、それも間違っていることに気が付きました。嫌なタイプは目的が決まっていますから、読む必要もないのです。読んでしまうと人間ですから気分が悪くなることもあります。

ですから、読まずに「ゴミ箱」行きでも良いのです。

ただ、勘違いしてはいけないのは、自分が商品を販売したりなどしているお問い合わせなどなら話は別です。ちゃんとお問い合わせに対応しなければいけない責任があります。

それとは別で個人的なことに関して嫌なタイプのコメントなら無視すればいいと言うことです。「自分軸」で生きていくためには「みんな仲良く」なんて邪魔考え方です。

巧妙なモラルハラスメントで心雁字搦めにする人は「みんな仲良く」を巧みに使い美徳で離れにくいように心理操作をしたりする場合もありますので、自分の心に素直に従うことが大切です。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)