「引き寄せの法則は」悪魔崇拝者が作った?魔界の入り口が開くからやってはいけない!?ちょっと待ってください(笑)

5160 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
「引き寄せの法則は」悪魔崇拝者が作った?魔界の入り口が開くからやってはいけない!?ちょっと待ってください(笑)

「引き寄せの法則は悪魔崇拝者が作って、魔界の入り口が開き、悪魔が押し寄せてくるから絶対にやってはいけない・・・。」

・・・。

そんなことを言っている者もいるようですが、このような勘違いを鵜呑みにするのはよくありません。そもそも、悪魔は現実世界には存在しません。人々の主観世界に根付くものです。実在はしないのです。

そして、

「引き寄せの法則は悪魔崇拝者が作って、魔界の入り口が開き、悪魔が押し寄せてくるから絶対にやってはいけない・・・。」

これ自体が悪魔の「宣伝」になっていることに、お気づきになられましたか?

人々の主観世界に悪魔の存在を入れ込み、信じ込ませると、恐怖で人を支配できます。そういった支配する側にとっては、きっと「悪魔」の存在が広まってもらうことは、とても都合が良いでしょう。

よくある悪質な霊感商法などで、霊感があるフリをして悪霊の祟りの話をでっち上げ、思い込ませてから高額で物を売りつける手口を使う側からしてみたら「悪霊」や「悪魔」に怯えてほしいですよね(笑)

どうですか?目が覚めましたでしょうか。

「引き寄せの法則」は確かに存在している。そう私も思っています。だけど、「引き寄せの法則」を使う側の心の持ち方が「悪魔崇拝者」のようになてしまう場合もあるんです。

「悪魔崇拝」は言い換えれば「大きなズレがある」状態です。そのズレを埋めるべく、いずれ生贄(犠牲)を必要とします。つまり、嘘をついていたり、嘘を信じていると、嘘の穴埋めをしなければいいけないので、生贄(犠牲)を必要するんです。

<<下に続く>>

「引き寄せの法則」もそうですが、本人が何もしないで、何かを手に入れようとしていると、それは「大きなズレを生み出す」ことに繋がっていきます。こういった楽して結果を奪おうとする者は心が悪魔に汚染されていくのだと思います。

だけど、自分の願望を達成するために、思考し、行動し、何かを手放し循環させれる人は、ちゃんと願望達成、結果を手に入れることが出来てきます。

勘違いしてはいけないのは「引き寄せの法則」は魔法のように叶うのではないということ。叶うために、自らが動く必要があるんです。つまり、一貫性をもっていく必要があるということです。

思考、言葉、行動。これらに一貫性を持たせて思い続けることは、思考が現実化していくのです。こういった力に気づいてほしくない人は、人にバカでいてもらいたいんです。バカでいてもらったら支配できるからです。

つまり、「引き寄せの法則は危険だ!」と過剰に言いたがるのは「悪魔の宣伝をしつつ、自分たちに都合の悪い思想を持つものは異常だ」と思わせたいのではないでしょうか。

「引き寄せの法則は悪魔崇拝者が作って、魔界の入り口が開き、悪魔が押し寄せてくるから絶対にやってはいけない・・・。」

が本当なら、「引き寄せの法則」をやっている人が沢山増えているんですから、とっくに魔界の入り口が開きます(笑)

魔界の入り口はどこですか?(笑)

目が覚めましたでしょうか?

現実にないことを思い込んでいくと、心が、恐怖に支配されますよ。

大事なのは「現実」を生きることです。

関連コンテンツ

bright-ms.net


悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
→ 「サヨナラ・モンスター」 ←

極度の緊張や恐怖の克服法
毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)