蜘蛛恐怖症の原因の1つ。僕の蜘蛛恐怖症が治った方法とは。

蜘蛛恐怖症の原因の1つ。僕の蜘蛛恐怖症が治った方法とは。

蜘蛛恐怖症の原因と言っても人それぞれ原因は違いますが、「実は蜘蛛ではない別の何かが怖いのに気づいていない…」から、何となくイメージ的に似ている他のものが怖い気がするという場合もあります。

つまり、人は「本当の恐怖」から目を背けるために、「別の恐怖」を無意識のうちに作ってしまうことがあるのです。僕の場合は、「別の恐怖」が「蜘蛛恐怖」でした。その根本を探っていくと「別の恐怖」が出てきました。この根本の恐怖と向き合うと恐怖は減っていくのです。

蜘蛛恐怖症だったけど治りました

僕は、蜘蛛恐怖症でした。触ることは勿論出来なかった、部屋に蜘蛛が出ても外に出すことも出来ないから人に頼んで出してもらっていました。

動悸はしてくるし、息苦しくなる。その日は寝ることが出来なくなるほどです。夢にまで出てきて発狂するくらい嫌がっていたことがあります。ネットで蜘蛛の画像や動画を見ると体中がゾワゾワして気持ち悪くなっていて見続けることが出来ないほどでした。

そんな蜘蛛恐怖症だった僕は、現在は完全に治っています。

この続きは、下記の電子書籍を読んで下さい。約47000文字でまとめました。

はめられる夢・陥れられる夢・騙される夢を見ていませんか?(悪夢を克服する方法): 悪夢、酷い歯軋り、蜘蛛やムカデ恐怖症が治った(消えた)!この問題に関係があったこと…、それは、「気づいていないこと」だった…。 | 菅原隆志 | Kindle本 | Kindleストア | Amazon

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)