人を助けないとだめなの?「人を助けない人は悪い人だ」と「救済を強要」することはハラスメントです。困っている人を助ける理由って?

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
性の発散として動物虐待をしてしまう…
そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアル
薬を使わない精神科医も推奨
人を助けないとだめなの?「人を助けない人は悪い人だ」と「救済を強要」することはハラスメントです。困っている人を助ける理由って?



困っている人を助ける理由

困っている人を助ける理由は色々あります。

「人は助け合って生きるものだ」と思っていて社会的な責任として助けたり、善い行いは善い結果として返ってくるから自分のためにも困っている人を助けたり。

人は一人では生きられないからこそ助け合うことが大切であり、素敵なことだと思います。

救済を強要するのはハラスメント

そんな、素敵な「人と人との助け合い」を稀に悪用している人もいます。

人を助けない人は悪い人だ」と「救済を強要」してくる人はハラスメントの加害者。その人に逆に「こっちも困っているので助けて下さい。助けてくれないならあなたは悪い人だ」と言ったら助けてくれるのか?助けられないでしょう。そういった美徳を使って身勝手な考えを押し付けるのもハラスメント。

<<下に続く>>

こういったハラスメントの加害者は「自分たちだけが苦しんでいる」という悲劇のヒロインを気取っているのです。世の中には苦しくても誰にも言えず、困っていても誰にも言えない人もいる。そんな人を逆手にとって「人を助けない人は悪い人だ」というのは心を刺している。

人を助けないとだめなの?

いいえ、そんなことはありません。自分のことで精一杯だったりして、人を助けることが出来ない人もいます。

「助ける」というのは車で考えると分かりやすいのですが、「助手席」です。助手席の役目は、運転している人が運転しやすいように助けることです。その、助手席に乗らないことは悪いことでしょうか?違いますよね。自由ですよね。それと同じことです。

人を助けないことは悪いことではありません。しかし、誰かの助けになってお互いにプラスであれば素敵なことだと思います。

勘違いしてはいけないのは、助けるというのは「代わることではない」ということ。「自分のことは基本、自分でやらなくてはいけない」のです。それを「すべて代わる」のは助けることではないのです。

関連コンテンツ

続きをメール購読

コメント投稿はこちら(匿名OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)