対人恐怖の原因と克服

3035 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

対人恐怖症、対人緊張症は、対人状況で強い不安や恐怖を感じてしまいとても辛いものです。そして対人恐怖の原因は様々で複合的な要因によりますので、原因は一つということはあり得ません。

まず神経症や対人恐怖、視線恐怖などの方は人生勉強、情報不足があり思考が根拠のない思考をしています。つまり非合理的な思い込みがあり、依存があり、無関係なことを区別しないでくっつけて考えるクセがあるので、結果、怖くないものを過剰に怖がる必要があるのです。そして対人恐怖症の人は純粋で素直なので、周囲の悪影響も吸収しやすいことも原因の一つです。素直なことはよいことですが、素直な自分を守るために『人生勉強』が必要なのです。

対人関係において自分が相手に嫌な思いをさせていることに気が付いていない場合、無意識で対人関係を深めると命の危険があるのでブレーキをかけます。そのブレーキが対人緊張症として出てきて、本人が自分の間違いに気づくまで苦しみは続くの、自分がどのように相手に嫌な思いを気づかないまましているか気づきましょう。

つまりゲームのドラクエでレベルが1なのにレベル10のモンスターが出てくる場所に行った場合、敵に殺されます。対人関係も同じようなもので対人関係レベルが1なのに対人関係レベル10の場所に行くと、転がされ、騙され、干されるのです。そうしないために、命の危険もある場合、無意識は自分を守ろうと自分にブレーキをかけてくるのです。そのブレーキが苦しみです。レベルが高い対人関係では言葉一つで大変なことになることもあるので、その準備が出来ていないのでまだ対人関係を深めてはいけないと自分の無意識からのメッセージなのです。

<<下に続く>>

ですので克服のために必要なことは、知らず知らず相手に嫌な思いをさせてしまう自分の非合理的な思い込みを一つずつ修正していくことです。認知の歪みの修正がとても大事なことになります。対人恐怖を克服するには一つずつ思い込みを紐解いていき、論理的に筋道の通っている考え方の癖をつけることが克服するための方法です。

ですので自分が本気で対人恐怖症を克服するために必要なことを自分の力で吸収して自分を正していく気持ちが必要になります。魔法のように改善されることはありません。自分で気づくしかないのです。自分の非合理的な思い込みに気づいて新しい価値観を手に入れることが最高の方法です。

地獄にいるかのような辛さの対人恐怖症…

抜け出すのはあなた次第です。

人の気持ちを知り、人への理解、自分への理解を深めることが癒しに繋がります。

そして、そこから抜け出すために学ぶことがあなたの人生の課題へと繋がっているでしょう。

対人恐怖症・コミュ障改善メソッド
対人恐怖症改善アドバイザー 藤村祐樹さん自身が対人恐怖症から抜け出すことが出来たモノを元にして作成されたエクササイズプログラムもおすすめです。

もしよろしければ対人恐怖の方はご自由にコメントをしてください(^^♪

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 対人恐怖症、文字を見ているだけでマイナスの気分です
    自分では大丈夫落ち着け、普通に振る舞えば良い事と
    考え言い聞かせますが、人と対面するとまずその人の目が見れない顔が見れない、自分でもどこを見て話しているのか
    わからないし、変に早口にでも言葉に詰まる
    親しい友人はそんな私を知っているのでまだ救われるが
    顔見知り程度や仕事での対面は変に肩に力が入り
    話が終わった後片頭痛に襲われる事もしばしば
    まだまだ克服するには遠い道のりのようです。

    • 何故落着けないのか?
      何故目を見れないのか?

      本当の自分は相手を見たいのか、それとも見たくないのか?

      理由がありますのでまだ気づいていない自分の声を聞いてあげましょう。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)