逃げることが出来ないのは依存しているから…。「逃げてはいけない」という名の「支配」…。「堂々と逃げる勇気」を持ってください。それは「依存」~「精神的自立への道」です。

URLの変更に伴いShare数がリセットされました。沢山のShareをいつもありがとうございます。
虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
性の発散として動物虐待をしてしまう…
そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアル
薬を使わない精神科医も推奨
逃げることが出来ないのは依存しているから…。「逃げてはいけない」という名の「支配」…。「堂々と逃げる勇気」を持ってください。それは「依存」~「精神的自立への道」です。



逃げることには良いこともたくさんある

逃げるな!
逃げるのはよくない!
逃げるのはダサい!

このように「逃げること 」=「凄く悪いこと」だと思い込んでしまっている方もおられます。このように思い込むと苦しくなることが増える場合もありますので、その場合は、新しい考え方を身に付けることをおすすめします。

逃げることは、良いこともあるし、悪いこともある。その時々や人によって違うこと。だから誰かに決められるようなことではない。自分の生存のために逃げるほうが良い場合は堂々と逃げても良いと思います。戦うために逃げて、自分の人生を生きるために逃げるのなら、素敵なことだと思います。

逃げることが出来ないのは依存しているから

逃げるということは、「本当の自分の人生を歩む」ということ。それはつまるところ「精神的な自立」でもあるのです。何故なら、「逃げることが出来ないのは逃げる対象の何かに依存している」からです。依存して、それナシでは生きていけないと決めているから離れること(逃げること)が出来ないのです。

その自分の依存を隠して、自分を正当化する口実が「逃げるな!」「逃げるのはよくない!」「逃げるのはダサい!」となる場合もあるのです。依存が無いなら、いつでも離れること(逃げること)が出来るのです。

逃げ場があれば自分を助けることが出来る

例えば、しつこく嫌がらせをしてきたりする人から逃げることはダサい事ではありません。それは、自分を自分で助けている証拠です。もしも、嫌がらせを受け、自殺をしてしまうような子に「本当の逃げる場所」があったら自殺はしただろうか。

僕は、「本当の逃げる場所」さえもなかった。のだと思います。心の中では、無数の支配者の言葉に支配されていて、逃げる道をふさがれていたのではないかと思うことがあります…。

だから、僕は、こう言いたいのです。「堂々と逃げる勇気を持ってください」と。

そしてこちらの本も是非読んでみて下さい。

誰でも逃げるのに何を言っているのか…

例えば、あなたはゲームのドラゴンクエストを知っていますか。勇者、戦士、僧侶、魔法使いなど、それぞれが違った能力を持っている者たちが力を合わせて冒険してボスを倒すゲームです。

自分のレベルを上げるために敵を倒して経験値を獲得して成長していきます。そんな敵と遭遇した時に勝てない場合は「逃げる」という選択肢もあります。つまり「勇者であっても逃げる」というわけです。

そして「逃げてはいけない!」と嘘をついている者たちだってテロが起きたり、刃物を持った人間が複数人追いかけてきたり、自分お部屋が火事になったり、あり得ませんが13日の金曜日のジェイソンが追いかけてきたら逃げるでしょう。「逃げてはいけない!」と嘘をついている本人だって逃げるのです。

逃がさないための口実

前述したように、誰でも人は逃げるのです。それなのに何故、「逃げるのは良くない!」「逃げるのはダサい!」と思い込んでいる人が多いのか?それは「逃げてもらっては困る人たちが流した風潮」の場合もあります。

<<下に続く>>

例えば、「それ本当にあなたの症状ですか?」に記載したストレスを押し付ける側の人は、逃げてもらってはストレスの押しつけが出来ないので困ります。ですので「逃げるのは良くない!」「逃げるのはダサい!」という風潮を作ったほうが便利にストレスを押し付けることが出来るのです。そういった場合もあるということです。

あとは、金儲けの仕組みを作ってしまった人たちが、騙して奴隷のように人を動かしている場合もあります。その場合、金儲けの仕組み(自動で儲かる仕組み)が崩れるのが嫌なのでマインドコントロールして逃がさないようにするための口実の場合もあります。

色々なケースがあるということ。「逃がさないための口実」の場合もあれば、また、そうではない場合も色々あるのです。

逃げたほうが良い場合もたくさんある

「逃げるのは良くない!」「逃げるのはダサい!」は極端な考えで認知の歪みです。正しくは、先ほども書きましたが「逃げることは良いこともあるし、悪いこともある。時と場合によって全然異なる。」のです。

引きこもりや対人恐怖の人は、無意識で「ストレス処理係」とされていることがありますが、意識では分かっていないので、それ以上ストレス処理係になるのは危険なので、無意識からブレーキをかけてきますので、ブレーキの結果、症状が出て、外が怖くなるのです。正しい反応です。

ですので引きこもりや対人恐怖の人は、まず自分がストレス処理係にされているのかを突き止め、もし、そうだったなら深く理解しましょう。理解は癒しなので自分の理解で自分を癒せます。そして理解出来たら次はストレス処理係にならないように抜け出して下さい。自分の人生を生きることが大切です。

この話を理解する為に役立つ本があります。

それはこちらです。

ぜひ、読んでみて下さい。

依存 ~ 精神的自立への道

「逃げてはいけない」という名の「支配」に負けずに「堂々と逃げる勇気」を持ってください。ぐっすり安心して眠れるようになりますよ。

色々な悩みを抱え、克服していく道は、「依存」~「精神的自立への道」なのです。社会は、「依存」~「精神的自立への道」へと教育してくれるものなのです。だから、本当の自分の人生を生きて、成長し続けていくことが必要なのです。

世の中の仕組みの1つは、「無責任に生きて、依存すると、縛られて、精神的な奴隷になる」ということ。「責任を持って、正しく反応できるようになって、本当の自分を生きると、自由になる」ということです。

関連コンテンツ

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
機能不全家庭に育ったアダルトチルドレンの虐待のトラウマを解消できる方法【虐待根絶マニュアル】です。

こちらは、虐待専門カウンセラー岡田ユキさんという方が制作したマニュアルで、2898人以上の被虐体験者のトラウマを解消してきた方法です。

虐待を受けた人の心を本当の意味で深く理解できるのは、自分も虐待を受けた経験を持ち、そのトラウマを克服できた人だけです。

虐待専門カウンセラー岡田ユキさんは、虐待のトラウマを克服した専門カウンセラーです。

【虐待根絶マニュアル】の特徴
●なぜ虐待が起こるのか?虐待の実態が理解できます!
●自分を虐待してきた家族への対処法がわかります!
●「虐待」と「躾」の違いを知ることができます!
●恋愛、夫婦、親子、上司部下などすべての人間関係が改善します!
●岡田式AC判別法により、自分に合った治療法がわかります!
●セックス依存症、リストカットなどを克服することができます!
●「虐待の負の連鎖」を断ち切ることができます!
●自分自身への罪悪感が消えて、人生が好転します!

【サポート体制も万全】
ご購入された方は、虐待専門カウンセラー岡田ユキさんの個別のメールカウンセリングでのサポートを60日間回数無制限で受けることができます。

更に、対面カウンセリングをしてほしいと方は、通常20,000円いただいている対面でのカウンセリング(2時間)を 5,000円値引きの15,000円で受けることができます。

サポートも充実しています!

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
「感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ」は、自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法です。生きづらさを抱えているあなたは是非試して下さい。とくに自分がHSPだと思うのならこちらのマニュアルがおすすめです。

仕事、家庭、育児などで人間関係がうまくいかないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで、自分で解決できる内容になっています。

【新教材】SHIP

【新教材】SHIP
あなたが人生に悩み、苦しむのは「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ていないからですよね。そう、あなたは自分を信じることが出来ないのですよね。

自分を信じている人は、大好きな人と幸せになり、お金にも不自由せず、社会的に認められ、快適に楽しく暮らしています。

彼らのようになりたいのなら、「本当の自分(内なる自分)」と繋がって「本当の自信」を持てるようになることが必要なのです。

催眠療法を習得すれば「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ます。催眠療法は、アメリカでは「医療」として「正式」に認められ「効果も実証」された方法です。

催眠療法は精神療法の一種で、英国医師会と米国医師会も有効な治療法として認めている確かなものです。更に、アメリカ心理学会や米国歯科医師会も催眠を有効な治療法として認めているのです。

【新教材】SHIPは、自己催眠を習得して「本当の自分(内なる自分)」と繋がり、理想の人生を送るための教材です。

SHIPを受講すればあなたの都合の良い時に動画、音声、テキストで学習することが出来ます。サポート体制も充実しています。

この機会を逃せば、あなたはSHIPに出会えないかもしれません。募集終了になる前に受講して下さい。

続きをメール購読

この記事に「いいね!」しますか?

(最終更新:2017年9月18日)Leave a Comment0 Comment8373 views

コメント投稿はこちら(匿名OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)