原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

5歳の子が極度の人見知りでコミュニケーションがとれない原因

5歳の子が極度の人見知りでコミュニケーションがとれない原因

子どもが極度の人見知りでコミュニケーションがとれない場合は、目的として子供が無意識で「人見知りを作り、コミュニケーションをとらない」ようにしている場合があります。

これは何なのかと言いますと、私の感じてきたことで個人的な意見ですが、環境に支配などが強い場合に支配からの防衛のために子供はコミュニケーションをとらなくなる場合があります。

特に5歳くらいまでの間に多いと思います。

子どもは無意識が強いので、環境が支配的な場合は子供の無意識に刷り込まれやすいのです。

三つ子の魂100までと言うように三歳までに多くのことが強烈に刷り込まれていきます。

そして刷り込まれたものを背負って生きていくわけです。

環境が破壊的、支配的だと、三歳までに多くのことが刷り込まれて、子どもは意識では分かっていませんが無意識で危機を感じています。

その危機が三歳を超えて、小学校に上がる前に最後のあがきというような感じで五歳頃まで人見知りを作り出しコミュニケーションをとらないようにして防衛しようとします。

何故、コミュニケーションをとらないと防衛できるのかと言いますと、環境にある支配はコミュニケーションで刷り込まれるからです。

特に言語よりも、非言語的コミュニケーションで支配されていくのです。

無意識の非言語的コミュニケーションが一番の支配するポイントです。

<<下に続く>>

非言語的コミュニケーションは、表情、視線、顔色、身振り、手振り、姿勢、相手との距離の置き方、などです。

特に視線の非言語的コミュニケーションで支配をしている人が近くにいる場合、視線恐怖になりやすいです。

これらの非言語的コミュニケーションは先ほども書きましたが無意識で行われているので行う本人も気づいていません。

録画して見せて初めて「はっ!え?これ自分?」と言う感じで自分の無意識的なしぐさなどに驚く場合もあります。

そして非常に深い話になりますが、非言語的コミュニケーションによって相手を変性意識状態にする人もいます。

変性意識状態とはトランス状態とも言い、無意識にアクセスしやすい状態のことを言います。

変性意識状態だと相手の無意識を書き換えができやすくなるので、暗示を入れたり、洗脳したり、プログラミングしたり出来るわけです。

ですので支配的な人は、その思いが強いので、相手を変性意識状態にするための非言語的コミュニケーションを自然と習得している場合が良くあります。

勉強もせず覚えた人もいるのです。

そういった人がいる環境では子供が防衛のために、人見知りを作ったり、コミュニケーションをとらないようにすることがあるのです。

大人のコミュニケーション障害もこれが関係していると私は思っています。

このように一歩踏み込んだ原因をしって回避することも自分を守る方法の一つですし、子供の傷を深めない為にも大事なことです。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 16 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    こどもの場合、軽度の発達障害の可能性もあるから親や周囲の大人がよく観察してあげることが大切です。かといって、あまり神経質になってもいけません。

  2. by 名無し

    まさにその通りだと思います。
    小さい頃の環境はとても大事で、まずは親と接する時間が一番長いわけですから影響は受けますよね。親がボキャブラリーが少なかったり、人見知りだとそうなる可能性はあると思います。親が教える事が出来なければ、他の人に教えてもらえるような環境作りが大事だと思います

  3. by 名無し

    子供は大人を見て育つのだ。
    今の大人のコミュニケーション力の無さは問題点のひとつだと私は考えています。

  4. by 伊多波博文

    『子供のコミュニケーションの取れない理由』親は幼い子供にたいしてしっかりコミュニケーションとれるようにしないと危ないですね。仕事で忙しくかまっていられなかったなどは論外です。将来良心の持たないサイコパスになりかねないです。子供に対してしっかりとしつけが出来ないのであれば子供を作らない方がよいと思います。将来の犯罪者を作らないためにも親がコミュニケーションをしっかりとしつけないといけないと思います。

  5. by 友樹

    私も昔人見知りでした。
    友達とは話せるけど、友達の友達となんて全く話せませんでしたが、高校生の時に、同じ中学から私と同じコースに進学したのは、1人しかおらず、このままでは、友達が出来ないと思い、自分から話し掛ける努力をしてたら、いつの間にか人見知りも前ほどしなくなりました。

    人見知りの原因を考えた事もなかったのですが、支配からの防衛の場合があるんですね。
    確かに私の母親は、支配的でした。
    支配的な環境に居ると、様々な問題が子供に降りかかるんですね。
    私が母親になったら、子供を自分の思い通りにしようとするような育て方は、したくないと改めて思えました。
    ありがとうございました。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      素晴らしい努力で自分で自分の人生を変えたんですね(^^)

      とっても良い事ですね。

      支配からの防衛でコミュニケーションを遮断したのでしょう。

      そしてこういったことがあるから支配的な母親の悲しさにも気づけるので理解も深まりますよね(^^)

  6. by メグミ(二児のママ)

    子供がコミュニケーション能力については、確かに発育環境もある程度は関係してるとは思います。。でも、相手を見て視認性の反応を始めるのは視力が出る1歳以降だろうと思います。母乳育児だと人見知りしやすいかなと思いますけど、お母さんしか無理だから。でもミルクは誰でもあげられるので、人見知りがすくないかなと思います。
    知らない大人に人見知りは、自己防衛かなと思いますけどね。

  7. by リッチマン

    なるほど、子供に対する親の責任というのは重大ですね。

    幼い子供のために育児環境を整えないといけないですね。

    だから幼児教育って大切なのですね。

    なんにせよ、この世にせっかく生まれて来たのですから、どの子も真っ直ぐ育って欲しいものです。

  8. by 名無し

    私も、高校入学時のクラスに知り合いが1人もいなくて、数カ月強烈な人見知りになったことがありました。

    やはり無意識に予防線を張って、自分を守ろうとしていたのでしょうか…。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      無意識に予防線を張って、自分を守ろうとしていた場合もあれば、そうでない場合もあります。

      自分はどうだったのか自分で気づき自分で判断することになります。

      もし前者だった場合は気づけば防ぐことがちゃんとできるようになるので一つ解決です。

  9. by 名無し

    自分の言い分よりはじめて会った人に対して話すより話しかけられて、
    非言語的コミュニケーションをして知らないことを自然に覚えさせる、
    これが人が人を支配する要因だと思います。

  10. by ペコ

    大人の支配欲によって私自身も、幼い頃
    人見知りになっていたのだと気がつきました。
    親が原因ということもあり得るかもしれませんね。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      細かくいえば原因は自分です。

      人間は不完全なものですので、当然、親や環境からの影響はありますが、影響止まりであり決定ではないのです。

      最終決定は自分でするものです。

      影響はされるけど決定までは親や環境は出来ないのです。

      なので精神的な自立をしながら影響を減らしていくと凄く良い事です^^

  11. by 名無し

    三つ子の魂100までとの言い伝えは正にその通りですね。
    確かに幼少期の環境に左右され人見知りをしコミュニケーションをとらない子供達が増えています。少子化に加えこれは今後の大きな課題だと思います。
    特に無意識的に行う非言語的コミュニケーションは、凄くわかりやすく興味深いです。
    変性意識状態の時は暗示やすい。プログラミングしやすいということでしたが、これをうまく利用しコミュニケーションがとれない子供達を集めて特別に授業を設けるのもいいかも知れないですね。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      本当に大きな課題ですね。

      無意識に行う非言語的コミュニケーションの中に、子どもや相手の心に対する攻撃なども含まれています。

      この部分で支配を強めたりしているんですよね。

      しかも、やられているほうも、やっているほうも気づいていないし。このことがまだあまり理解出来ない人もいるので、もう少し全体的に悪化して行くかな?と思っております。

      変性意識や暗示などが悪い事だけではなく、プラスに使うことも出来ますので、ある意味既に戦争は始まっているかもしれません。

      心理戦争としてですが。

      第三次世界大戦は武力を使わず心理的攻撃を無意識に巧妙に仕掛ける戦争かもしれないですね(笑)

  12. by a

    自我の芽生えにより反抗期があり成長していく。血縁ではあるが別人格だと冷静に成長を見守る強い親の優しさがいる。口やかましく小言ばかり言って感情で育てると私のように不幸になります。子宝で天使です。もっと大切に育てれば。生涯悔やみつつ。

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。