在宅支援をご希望の方へ

モラルハラスメントは悪魔信仰のようなものから発生!自分を欺くとモラルハラスメント界に入る!偽った分だけ誰かを犠牲にするから人を傷つけずにはいられなくなる!

モラルハラスメントは悪魔信仰のようなものから発生!自分を欺くとモラルハラスメント界に入る!偽った分だけ誰かを犠牲にするから人を傷つけずにはいられなくなる!

多くの人は「プラス思考」と「楽観的な思考」を勘違いしています。楽観的って何かと言うと、根拠もなしに正しいプロセスを踏まず「どうにかなるさ!」みたいな適当なものです。つまり、無責任なのに自由を手に入れようとするなんとも身勝手なものです。自由には責任が伴います。

「暗い暗い♪明るくいこうよ♪」

確かに、一見プラスな気がしますね。しかし、所詮は誤魔化しのメッキですから、またあとでメッキ処理をしなければいけません。

「暗い!暗い!明るくいこうぜ♪楽しくいこう!」

更にメッキを施しますが「中身がない」のでメッキが剥げてくるんです。メッキは嘘つきってことです。自分に嘘をついて「明るいフリ」をするのですから、そのつけが回ってきます。つけが回ってくると更に苦しくなるので、次が犠牲が必要になります。

誰かを見て「あいつ暗くね?」とか「あいつ悩んで人生楽しいのかな?おーい!お前人生終わってんじゃんポジティブになりなよ?ゴミ?」と自分の投影で相手を見て相手にダメなレッテルを貼り安定を保っていきます。

その歯車のズレがプログラムのバグのようになり、矛盾や混乱が生まれ、巧妙なモラルハラスメントを無意識でするようになっているのに、本人たちは気が付かない。だから周囲に問題が絶えないのです。

意識で必要以上に良いフリをすると、無意識にはマイナスが蓄積してしまいます。それがコンプレックスの原因になります。ですので「楽観的な思考」ではない、無意識のうちに出てくる「プラス思考」を手に入れることが大切なんです。

本当のプラス思考はマイナスに突入し、それを受け入れ、マイナスからプラスを見つけなければ、いつまでも解決が出来ないのです。楽観的なメッキのポジティブは無責任なのに自由を手に入れようとしますから歯車がズレていきモラハラが生まれます。

やることをやらないクセに結果だけ欲しがり横取りしようとするから歯車がズレていきモラハラが生まれるのです。

モラル・ハラスメントの被害者に選ばれる人物の傾向は、秩序を愛する、他者への配慮を働かせる、責任感が強い、几帳面、メランコリー親和型の人物、自分が悪いのではと罪悪感を持ちやすい、誰かを助けたいと思っている。

これらの傾向がある人間が被害者にされるのは、本当のモラハラ加害者が無責任なメッキポジティブを維持するには「犠牲が必要」だからです。偽物が本物に見えるためには、本当の本物があるとばれるかも知れないから責任感が強い人間は邪魔になるからターゲットにするのです。静かに迎合的に蜘蛛の巣にひっかけて料理するわけです。

つまり、偽善の人間がモラルハラスメントを生み出しているのに本人が気づいていないのです。悪人は、自分の悪を隠し善としてみてもらうには、本当の善が存在しなければいい・・・そういった心理です。自分と違う存在を認め合えない・・・。

偽ブランド品がばれない為には本物も歪めばいい・・・・。

それがモラルハラスメントです。

<<下に続く>>

だから見えない攻撃で実に巧妙な操作になるのです。それほどメッキを施す人間の闇が物語っているという事です。区別を学び自分に責任を持って、くっつかないようにしていけば、モラルハラスメントは炙り出されてくるので、そこで叩くのではなく勇気づけを出来るかどうかなのです。本当に苦しんでいる人は自分すら欺いているから苦しみを表に一切出さずいつでも笑顔ですからね。

モラルハラスメントは欺いて誤魔化しているのに、それ以上を手に入れようとするところに生まれます。つまりモラルハラスメントは悪魔信仰のようなものです!悪魔を信じ信仰し呼び寄せているつもりなんてなくても、結果として悪魔信仰のようになっているのです。だって自分を維持するために、犠牲を必要としているから。心理的生贄ですよ。自分が善のフリをするには生贄が必要なのです。だから、人を傷つけずにはいられない心理になりモラルハラスメントで攻撃するのです。

しかも攻撃は攻撃とはわからないように善人のフリで迎合的に行います。迎合的なモラルハラスメントは攻撃的なモラルハラスメントを媒体にしています。

つまり、

上位モラハラ:迎合的なモラルハラスメント
下位モラハラ:攻撃的なモラルハラスメント

こういうことです。モラハラ夫は攻撃的なモラルハラスメントが殆どですから、迎合的なモラルハラスメントをする側に転がされているのでしょう。互いに本当の自分を取り戻し本当の自分の人生を生きれば抜け出せますね。



「他人」の人生を生きると恋愛も結婚も人生もうまくいかなくなる

本当の自分を取り戻していかないと、人を傷つけずにはいられなくなる場合もあります。人を傷つけずにはいられなくなる状態になれば、恋愛も、結婚も、人生もうまくいかなくなります。男運も悪くなり、運命の彼にさえ出会えなくなります。

どうしてうまくいかなくなるのかというと、本当の自分を取り戻していないということは、自分は他人の考えや価値観で生きているからです。他人の考えや価値観は他人のものですから、それを受け入れても自分が幸せを感じるはずはありませんよね。

じゃあ、なんで自分が「他人」の考えや価値観で生きるようになったのか。そもそも「他人」は誰か?

その「他人」の多くは「親」です。「親」の考えや価値観で生きているから、恋愛も、結婚も、人生もうまくいかなくなり、男運も悪くなり、運命の彼にさえ出会えなくなるんです。

だって自分が自分の考えで選んだ相手のつもりでも、無意識のうちに「親」の考えが出てきているので、無意識のうちに「親」が選んでいるような相手に出会うのです。

そう、運命の彼に出会い人生を好転させるには、無意識のうちにしてしまう「親の考え」を「自分の考え」にシフトする必要があるのです。それが出来れば幸せになっていけます。

その方法は、恋愛眼力が高まり、男運が上昇し、運命の彼を引き寄せる女性へと生まれ変わることが出来る「阿妻式恋愛眼力トレーニング 運命の人だけに出会う21日間」で学び、実践し、解決できるのです。

ぜひ、この機会に、根本問題と向き合って改善し、運命の彼に出会えるようになってください!

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法
これを見た時、僕は思わず興奮してしましました!理由は僕自身、パニック障害、自律神経失調症の根本を探り続けていくことで「蝶形骨」と「脳幹」「大腰筋」へ辿り着いたからです。カラダの歪み、心の歪み、認知の歪み。歪みこそが根の原因であるということ。そしてカラダの歪みの改善。それが脳幹に関係あるから。だから、この方法こそが、今僕が最もおすすめできる改善法です。本気で改善したいと思う人のみお試し下さい。メールサポート1年間たっぷりあります。本気で取り組みましょう! 1年間サポート・全額返金保証付

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by もも

    コメントありがとうございます。自分を欺いている人から精神的暴力を受けている中でそれを行うのは非常に難しいですが、それしかないのですね。その人は組織のトップの人間です。恐れや理不尽さへの憤慨の気持ちがありますが、やはり気づいてほしいという強い思い、おかしいですがそれでも人類愛のような愛情のようなものはあります。我が組織では全員がイエスマンです。Noといえば社会的に抹殺されますのでほぼ全員が自己を欺きながらゆがみの増幅の中で生きています。たくさんの人が(社会的・精神的に)抹殺されてきましたので、みなが非常に恐れを抱いています。密告、疑心暗鬼、見せしめ、罰への恐怖の世界です。なかなか厳しいです。思いだけでぶつかっていけないという現実があります。なぜなら自分がその中で抹殺されればその人物に合う機会を永遠に失うので。先にこちらの精神が死ぬかもしれません。しかしやはりその方は神ではないし、そうでないことの価値を知らせてあげたいので、なんとかがんばりたいです。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      離れる道を考えることも一つの道です。

      「恐れや理不尽さへの憤慨の気持ちがありますが、やはり気づいてほしいという強い思い」

      私の考えですが、「恐怖」と「気づいて欲しいという強い思い。つまりあなたが仰る愛情」
      この二つは同時に持てないと私は考えております。
      つまり、私の考えですがあなたのその二つの内どちらかの気持ちは「フリ」ではないか・・・そう思います。
      その「フリ」を抱えたままのコミュニケーションでは、コミュニケーションを通し混乱などが起こる原因にもなるかなと思います。

      離れる道を考えることも一つの道です。
      離れる道を探すことも一つの道です。

      人には嫌なら関わらなくてもよい自由があります。
      「密告、疑心暗鬼、見せしめ、罰への恐怖の世界」が主観的な勘違いや決めつけではなく客観的な事実であれば何か対処法はないのでしょうか?

      またどうしても伝えたいことがある場合、ストレートにまっすぐ上でも下でもない伝え方が有効な場合もあるかもしれませんね。

      『なぜなら自分がその中で抹殺されればその人物に合う機会を永遠に失うので。』

      ↑この部分がよくわかりません。なぜ離れずに抹殺されるのですか?そして何故会う機会を永遠に失うのですか?

  2. by もも

    自分すら欺いているから苦しみを表に一切出さずいつでも笑顔でいる人、自分への疑いを全く抱いていない人に勇気づけをするというのは、どのようにするのでしょうか。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      どこまで欺いているかによって全然変わってくると思いますが、勇気づけの前に本人が自分を欺いていることを理解しなくて無理ではないでしょうか。
      本人に理解していただくためには、相手を深く理解しそれが相手に伝わって、相手が理解してもらったと感じ、相手から喜びの感情が出てきて、そこから勇気づけではないでしょうか。

      自分を深く欺いて自分を神や仙人、聖人まで思っている場合、傷も相当深いので「○○技法」とか教科書頼りでは通じません。誰かが心の底から本気になって理解し本心から良くしてあげたい!気づいて欲しい!そういった強い思いがなければ無理だと思います。

      自分を神のように思っていた人に「大切だから死んでもわからせてやる!」と本気ぶつかった人間に心揺さぶられ閉じていた心が開き始め笑顔の仮面が崩れ悲しみが出てきた場合もあります。

      理解は癒しになるので、どうしてそこまで自分を欺くようになったか深い理解をすることが大切です。その理解が相手に伝われば相手は笑顔の仮面を外すことがあるのです。そして自分から殻を内側から壊すこともあります。

      神のように特別にならなくても、そのままで大事にされる存在だということを伝えてあげることが必要です。そういった方は自分を欺き作った自分でいなければ生きてこれない過酷な環境で生きたのです。もう大丈夫だよ。と誰かが本気で伝えればそれが本物なら必ず良くなってくるでしょう。

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。