Google検索

自分が自分の親になると、親との関係は上手くいきます。親からのモラルハラスメントを乗り越えるには「自分が自分の親になる」つまり「責任を持てる自分」になることが大事なのです。

自分が自分の親になると、親との関係は上手くいきます。子供の視点から親を見ていると不満も恨みも沢山出てきます。だけど、自分が自分の親になり、親を一人の人間としてみていけるようになると、今までの不満や恨みが消えていきます。

「親への恨み」というのは「自分が自分の親になる」つまり「責任を持てる自分」になるために役立つ最高の贈り物だとも言えます。

<<下に続く>>

人は一人で生まれてきて一人で死んでいきます。出来る限り責任をもって精神的な自立をしていく必要があります。精神的な自立をしていくために「自分が自分の親になる」つまり「責任を持てる自分」になることが大事なのです。

ですので、「モラル・ハラスメント夫の実践対策ガイドブック」でも「相手の言動に対する自分の反応を変える」ことがモラハラを終わらせるために必要なことで、そのことを学べるようになっているのです。

「反応する能力」=「責任」だからです。

関連コンテンツ

アンケート

2017/2/4にアンケートを設置しました。 よろしければご回答ください。

「○○の意見に賛同するな…」、「○○の意見を聞いてはならない…」という空気を感じたことはありますか?

View Results

Loading ... Loading ...

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by またく

    年を重ねるとわかりますね、自分が自分の親になる、いい言葉です

  2. by 日菜子

    こんばんは。

    この記事を読んで、良かったというか、心に残ったのはやはり「自分が自分の親になる」という部分ですね。
    親になるということは、責任が伴うものだからこそ、自分が自分の親になることで、責任を持てる自分になれる。
    出来ていない人も多い気がしますが、自分が自分の親になるって大切なことですね。

    私自身、親や周りの人との関係が上手くいかず悩んでいたことがありました。今考えてみたら、私の人に対する反応は無責任なものばかりな気がします。
    だけど、相手に対する反応を少しでも変えてみたら、人間関係の問題が解決したこともあるので、この記事を読んで改めて責任を持てる自分になることの大切さがわかりました。

    私はまだ自分に責任を持てていないので、まずは自分自身の親になろうと思います。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)