サヨナラ・モンスター
オリジナルグッズ販売

トラウマとトリガー「過去の傷を癒すためのセルフヘルプ(ChatGPTに聞いてみた)」

書籍出版関連

AmazonのKindleストアで下記の書籍が出版されました!

タイトル:
トラウマとトリガー「過去の傷を癒すためのセルフヘルプ(ChatGPTに聞いてみた)」
サブタイトル:
過去のトラウマを乗り越えるための方法と、特定の相手との会話で起こる頭痛。そしてパニック発作との関連性

この本は、著者である菅原隆志が読者の方に伝えたいことを、今話題のChatGPT(人工知能)を使用して生成した文章で構成されています。
質問・回答引用元:ChatGPT. “2023-03-25 03-26” OpenAI. (2023). https://openai.com/
後述する内容紹介文も、ChatGPTに考えてもらいました。ChatGPTが書いた文章は「内容紹介」「回答」になります。「質問」は実際に僕がChatGPTにしたものです。
質問内容は作り話ではなく事実に基づいていますが、読者の方への有益な情報提供を目的として質問をしましたので、知っていることでも敢えて知らない前提で質問した部分もありますので、予めご了承下さい。

過去にトラウマを抱えていた僕は、特定の人(過去に嫌がらせをしてきた相手)と自分の過去のトラウマについて話をして、根拠もなしに否定される会話になると頭痛や首の硬直といった症状が出ていました。他にも症状はあったのですが、酷かった頃は、会話の最中に立っていられなくなるほどの症状に苦しんだこともありました。それからその症状をかなり改善させることが出来たのですが、結論からいうと、心が傷ついて、その傷を癒す過程で、様々な心理的変化が起こり、心理的に成長したことが改善につながったということです。

自分が抱えていたトラウマを大幅に小さくすることが出来たのですが、その方法をセルフヘルプ教材『サヨナラ・モンスター』やトラウマ転換ウォーキングという方法でまとめています。当初は、専門用語も殆ど知らず、トリガーという言葉の意味も知りませんでした。
また「書くこと」が効果的だという研究結果があることも知りませんでした(最初は研究結果とかに興味が無かった)。つまり、人を頼れず人間不信だった自分が少しの知識を得たことと、手探りで苦しみを減らしたいと思って取り組んでいたことが、実は、様々な研究に裏付けられるものであり、サヨナラ・モンスターの作業はとても効果的なものであったということが後からよくわかってきたのです。

そしてこの方法を試してくれた方からは、「強迫性障害のような状態が少しずつ改善してきた」「酷かった恐怖が減った」「心の整理が出来ました」など、沢山の良い変化の声もいただきました。
あと、公認心理師(国家資格)臨床心理士(心理系民間資格の最高峰)の資格を保有している方々にも、モニターとして試していただいたことがあります。正直な感想をお願いしました。
その結果、「この教材は読むだけでも治療的ではないか」「自分と向き合う作業がしやすい」「専門家がみても納得できる正しい知識をもとに製作されている」「認知行動療法などの心理療法を受けてもあまり効果を実感できなかった方も、深いレベルでの変化が起こる可能性がある実践的な教材」「カウンセリングを受けたとしたら、数年分くらいに匹敵するかもしれません。自分で専門書を購入して自己学習した場合も、かなりの年月が必要です。そのくらいの心理療法的な知識が実践しやすい形で示された教材であると感じました。」というお声をいただきました。

サヨナラ・モンスターは、人を頼ることが出来ずにセルフヘルプ(自分で自分を助けること)を望む人にとってはとても良い教材であると僕は思っています。ただ、心の問題は1人で解決するのが難しい場合があります。自分自身で出来ることを尽くしたにもかかわらず、問題が解決しない場合は、専門家のサポートを受けることが大切です。1人で抱え込まず、医療機関を受診することで、自分が抱えている問題の改善や心の回復が期待できます。
僕自身は「セルフヘルプは(僕の場合は)王道である」と考えていますが、そういった考えは人其々違うことですので、医療機関を受診することもとても良い選択です。無理をせず、焦らず、人に頼れる人は積極的に頼ってみましょう。

それではChatGPTに質問をしてみたので、その回答も併せてお読み下さい。きっと、何かの良い気づきがあると思います。また、ChatGPTに質問をしてみたけど「関係ない答えが返ってきた」とか「不十分な回答だった」という方もいますが、これは質問の仕方によって変わります。つまり、質問する側次第で、良くも悪くもなる。それがChatGPTです。良い回答をもらうには質問の仕方を工夫しないといけません。今回の僕とChatGPTのセッションでの質問の仕方は、ChatGPTを使う方にとっても参考になるかと思いますので、ぜひ読んでみて下さい。
また、チャット形式の中、自然に相談する形で文字を早めに打っていたので誤字脱字があったのですが、その部分は修正して本書に掲載しました。それではChatGPTが書いた内容紹介をお読みいただき、質問、回答を読み進めてみて下さい。

Kindle Unlimited(読み放題)0円対象本
トラウマとトリガー「過去の傷を癒すための
セルフヘルプ(ChatGPTに聞いてみた)」

ChatGPTが書いた【内容紹介】

本書は、セルフヘルプ教材『サヨナラ・モンスター』のトリガーに関する部分について、ChatGPTというAIとの対話形式で学ぶことができる内容となっています。

トリガーとは、過去のトラウマやストレス体験によって、無意識のうちに引き起こされる感情や行動のきっかけのことです。本書では、トリガーが起きた際にどのように対処するかについて、具体的な手法が紹介されています。

セッションでは、トリガーによって引き起こされる不安や恐怖、ストレスに対してどのように向き合うか、またトリガーが起こる原因についても深掘りしています。また、トリガーによって引き起こされる感情を書き出すことの重要性についても触れられています。

本書は、過去に命に関わるほどの心身の問題を抱えた経験がある方や、トリガーに悩んでいる方にとって、有益な情報を提供することができます。また、AIとの対話形式で分かりやすく解説されているため、初めてトリガーについて学ぶ方にもおすすめです。

内容

はじめに
ChatGPTが書いた【内容紹介】
目次
質問1(会話は避けるべきか?)
ChatGPTの回答
質問2(身体は正直?)
ChatGPTの回答
質問3(不調になる自分が悪いのか?)
ChatGPTの回答
質問4(大幅な改善か?)
ChatGPTの回答
質問5(トリガーの見つけ方)
ChatGPTの回答
質問6(キーワードがトリガー?)
ChatGPTの回答
質問7(解除は?)
ChatGPTの回答
質問8(大幅な改善はトリガーが弱まったから?)
ChatGPTの回答
質問9(トリガーが弱まったから?)
ChatGPTの回答
質問10(残っているトリガーは問題ない?)
ChatGPTの回答
質問11(自分自身を守るには?)
ChatGPTの回答
質問12(トリガーはどうやって出来た?)
ChatGPTの回答
質問13(解除するには?)
ChatGPTの回答
質問14(ポジティブ感情を作れば成功?)
ChatGPTの回答
質問15(発動させないことについて別の説明は?)
ChatGPTの回答
質問16(認知を変えること?)
ChatGPTの回答
質問17(出来事?)
ChatGPTの回答
質問18(アンカーとは?)
ChatGPTの回答
質問19(引くと発動?)
ChatGPTの回答
質問20(この場合のアンカーはどれ?)
ChatGPTの回答
質問21(過去の記憶?)
ChatGPTの回答
質問22(これのトリガーはどれ?)
ChatGPTの回答
質問23(今?過去?)
ChatGPTの回答
質問24(正しいやり方だった?)
ChatGPTの回答
質問25(研究結果は?)
ChatGPTの回答

このような感じで48の質問と回答を掲載しました。文字数の合計は約27000文字です。

Kindle Unlimited(読み放題)0円対象本
トラウマとトリガー「過去の傷を癒すための
セルフヘルプ(ChatGPTに聞いてみた)」

あなたの「言葉」と「URL」を残す。