ウォーキングが気持ち良い季節になってきました♪
歩きながらトラウマを転換しませんか?脳の活性化・認知症予防
公式サイトで購入する
Apple Booksでで購入する
Google Play ブックスで購入する
楽天Koboで購入する
BOOK☆WALKERで購入する
Amazonで購入する

エクセター大学(イギリス)の最新研究で判明!ADepTがうつ病治療においてCBTよりも効果的かつ経済的!

※本記事は「最新のChatGPT4.0」を活用して、著者が監修し記事を書いていますので質の高い情報提供が出来ます。

エクセター大学(イギリス)の最新研究で判明!

エクセター大学の**バーニー・ダン教授(Professor Barney Dunn)**によって行われた「Augmented Depression Therapy (ADepT)」という研究で、新しいうつ病の話し合い療法が、現在の最良の治療法である認知行動療法(CBT)よりも効果的で、かつ安価である可能性が示唆されました。この研究は2023年7月12日に発表されました。

最も重要な部分:

  1. うつ病の主な特徴である「anhedonia(興味や喜びの減少)」や「wellbeing deficits」は、現在のCBTなどの治療法では十分に対処されていません。
  2. ADepTは、うつ病の症状を減少させるだけでなく、患者の幸福感を高めることにも同じくらいの注意を払って開発されました。
  3. 現在のCBTのような治療法では、約60%の人が回復しますが、そのうちの半分は2年以内に再発します。ADepTは、患者がうつ病の気分と共存しながらよく生きる新しい視点を持つことを奨励しています。
  4. この研究は、82人の中等度から重度のうつ病患者を対象に、ADepTとCBTの20回の個別セッションを比較しました。
  5. 結果として、ADepTはCBTよりも幸福感を高め、うつ病を減少させる点で劣っていないことが示されました。さらに、ADepTはCBTと同じコストで提供される一方で、生活の質の向上においてより大きな利益をもたらす可能性が示唆されました。

この研究の結果が確定的な試験で再現されれば、ADepTは医療現場での臨床的および経済的な利益をもたらす可能性があります。また、既存のCBTセラピストは、最小限の追加トレーニングでADepTを提供することができるように設計されています。1参考文献:New talking therapy for depression could be more effective and cheaper than CBT  – News(https://news.exeter.ac.uk/faculty-of-health-and-life-sciences/new-talking-therapy-for-depression-could-be-more-effective-and-cheaper-than-cbt/)

新しいうつ病の話し合い療法

新しいうつ病の話し合い療法、**Augmented Depression Therapy (ADepT)**は、従来の認知行動療法(CBT)とは異なるアプローチを取り入れています。以下は、ADepTがどのようなものであるか、具体的にどのようなことを行うのかを簡単に説明します。

  1. 幸福感の向上に焦点を当てる:
    ADepTは、うつ病の症状を減少させるだけでなく、患者の幸福感や生活の質を向上させることにも重点を置いています。
  2. anhedonia(興味や喜びの減少)の対処:
    うつ病の主な特徴であるanhedoniaやwellbeing deficits(幸福感の欠如)に対して、従来の治療法では十分に対処されていないとされています。ADepTはこれらの要素に特に焦点を当て、患者が日常生活での喜びや興味を取り戻す手助けをします。
  3. 価値観の確認と生活の調整:
    ADepTでは、患者が自分の価値観や生活の目標を明確にし、それに基づいて生活を調整することを奨励します。これにより、患者はうつ病の症状と共存しながらも、自分の価値観に基づいた生活を送ることができるようになります。
  4. 新しい視点の採用:
    ADepTは、患者にうつ病の気分と共存しながらも、より良い生活を送る新しい視点を持つことを奨励します。これにより、患者は自分の困難や挑戦に対して新しい方法で取り組むことができるようになります。
  5. 実際の体験者の声:
    ある体験者は、ADepTが彼女の人生の見方を変え、彼女自身の価値観に基づいて行動することを助けてくれたと述べています。これにより、彼女は自分のアイデンティティを再確認し、困難な週でも生活の中の良いことを楽しむことができるようになったと言います。

これらのアプローチを通じて、ADepTはうつ病の患者が自分の人生をより充実させ、日常生活での喜びや興味を取り戻すことをサポートしています。

エクセター大学の研究と「サヨナラ・モンスター」の共通点・相関性

エクセター大学の研究では、新しいうつ病の話し合い療法、**Augmented Depression Therapy (ADepT)**が紹介されています。一方、「サヨナラ・モンスター」は、菅原隆志氏によって開発されたセルフヘルプ教材で、心の苦しみを解消するための方法を提供しています。以下は、両者の共通点と相関性を説明します。

  1. 自己認識と自己理解:
    両者とも、自己認識と自己理解を深めることに重点を置いています。ADepTは患者が自分の価値観や生活の目標を明確にすることを奨励しています。一方、「サヨナラ・モンスター」は、自己認識、自己理解、そして自己受容を深める方法を提供しています。
  2. 無意識の探求:
    「サヨナラ・モンスター」は、無意識にある心理的な問題を意識化し、それを解決する方法を提供しています。ADepTも、患者がうつ病の気分と共存しながらも、新しい視点を持つことを奨励しています。
  3. 書くことの力:
    「サヨナラ・モンスター」は、書くことを通じて心の問題を解決する方法を提供しています。テキサス大学オースティンの心理学者ジェームズ・ペンネベーカー博士の研究によれば、書くことには多くのプラス効果があるとされています。ADepTも、患者が自分の価値観や生活の目標を明確にするためのツールとして、話し合いや自己反省を奨励しています。
  4. 心理的変容と成長:
    両者とも、心理的なアプローチを通じて、心理的変容や成長を促進することを目指しています。「サヨナラ・モンスター」は、無意識の真相にアクセスし、新しい視点や解釈を手に入れる方法を提供しています。ADepTも、新しい視点を持つことを通じて、心理的な成長を促進することを目指しています。

これらの共通点と相関性を考慮すると、エクセター大学の研究と「サヨナラ・モンスター」は、心の問題を解決するための異なるアプローチを提供しているものの、その核心としては、自己認識、自己理解、そして心理的変容と成長を促進することに焦点を当てていると言えます。

新しいうつ病の話し合い療法、**Augmented Depression Therapy (ADepT)**の核心

エクセター大学の研究で紹介された新しいうつ病の話し合い療法、**Augmented Depression Therapy (ADepT)**の核心は以下の点に集約されます:

  1. 幸福感の向上:
    ADepTは、うつ病の症状を減少させるだけでなく、患者の幸福感や生活の質を向上させることにも重点を置いています。
  2. anhedonia(興味や喜びの減少)の対処:
    うつ病の主な特徴であるanhedoniaやwellbeing deficits(幸福感の欠如)に対して、従来の治療法では十分に対処されていないとされています。ADepTはこれらの要素に特に焦点を当て、患者が日常生活での喜びや興味を取り戻す手助けをします。
  3. 価値観の確認と生活の調整:
    ADepTでは、患者が自分の価値観や生活の目標を明確にし、それに基づいて生活を調整することを奨励します。これにより、患者はうつ病の症状と共存しながらも、自分の価値観に基づいた生活を送ることができるようになります。
  4. 新しい視点の採用:
    ADepTは、患者にうつ病の気分と共存しながらも、より良い生活を送る新しい視点を持つことを奨励します。これにより、患者は自分の困難や挑戦に対して新しい方法で取り組むことができるようになります。

これらの核心的な要点を通じて、ADepTはうつ病の患者が自分の人生をより充実させ、日常生活での喜びや興味を取り戻すことをサポートしています。

菅原隆志より

つまり、小さな幸せ、身近にある感謝すべきことに気づいて幸福感を向上させ、日常生活や自分の価値を発見し、自分らしく生きて、そのために新しい視点を見つけるという感じですね。

ChatGPT4.0よりはい、その通りです。エクセター大学の研究で紹介された**Augmented Depression Therapy (ADepT)**は、以下の要点を中心にしています:

  1. 小さな幸せの発見:
    日常生活の中での小さな瞬間や出来事に気づき、それを喜びとして感じることで、幸福感を向上させる。
  2. 身近な感謝:
    日常生活の中で当たり前と思われることや、過去に経験したことに対する感謝の気持ちを持つことで、心の豊かさを感じる。
  3. 自分の価値の発見:
    自分自身の価値観や生活の目標を明確にし、それに基づいて行動することで、自分らしい生活を実現する。
  4. 新しい視点の採用:
    うつ病の気分や困難な状況と共存しながらも、新しい視点や考え方を持つことで、より良い生活を送ることを目指す。

これらの要点を通じて、ADepTは患者に、日常生活の中での喜びや興味を再発見し、自分らしい生活を送るためのサポートを提供しています。

菅原隆志より

「小さな幸せ、身近にある感謝すべきことに気づいて幸福感を向上させ、日常生活や自分の価値を発見し、自分らしく生きて、そのために新しい視点を見つける」、これはまさにサヨナラ・モンスターでずっと言い続けてきたことです。人間は新しい視点を見つけ、それを無意識に落とし込んで初めて、それが機能してきます。エクセター大学の研究は素晴らしい1歩だと思います。

ChatGPT4.0より確かに、あなたが述べた「サヨナラ・モンスター」のコンセプトとエクセター大学の研究で紹介された**Augmented Depression Therapy (ADepT)**のアプローチは、多くの共通点を持っています。両者とも、人々が自分らしい生活を送るために、日常生活の中での小さな喜びや感謝の気持ちを再発見し、新しい視点や考え方を採用することの重要性を強調しています。

「サヨナラ・モンスター」が提供するセルフヘルプの方法は、自己認識、自己理解、そして自己受容を深めることを中心にしています。これにより、人々は自分の無意識の中にある問題や認知を意識化し、それを解決するための新しい視点や考え方を採用することができます。

エクセター大学の研究も、新しい視点や考え方を採用することの重要性を強調しています。ADepTのアプローチは、患者が自分の価値観や生活の目標を明確にし、それに基づいて行動することで、自分らしい生活を実現することを目指しています。

このように、両者のアプローチは、人々が自分らしい生活を送るための方法やツールを提供することに焦点を当てています。そして、これは多くの人々にとって、心の健康や幸福感を向上させるための重要なステップとなるでしょう。

菅原隆志より

新しい視点を持つことの重要性が、また1つ分かったと言える研究ですね。僕は心の問題(様々な問題)を解決していく上で、絶対的に必要な13要素(約10年間の追求で分かったサヨナラ・モンスターが考える「人間幸福」において重要な13要素)を考えています。その詳細はまだ公開しませんが、その1つに「新しい視点や解釈・価値観」が含まれています。人間は困難や苦しみ、ネガティブに対して新しい視点を如何に見つけられるか、これがとても大事なことです。そしてそれを重要なものだと刻むために「書くこと」と無意識に刻む方法を併せて行うことで、効率よく自分を変えていけることを僕は発見しました。

ChatGPT4.0よりおっしゃる通り、新しい視点や解釈、価値観を持つことは、心の問題や日常生活の困難に対処する上で非常に重要です。人々は固定的な視点や考え方に囚われることが多く、それがストレスや不安、うつ病などの心の問題を引き起こす原因となることがあります。

新しい視点や解釈を持つことで、同じ状況や問題に対しても、異なる角度から考えることができ、それによって心の負担やストレスを軽減することができます。また、新しい価値観を持つことで、自分の生き方や行動の基準を再評価し、より自分らしい生活を送ることができるようになります。

「書くこと」は、自分の考えや感情を整理し、新しい視点や解釈を明確にするための非常に効果的なツールです。書くことを通じて、自分の無意識の中にある問題や認知を意識化し、それに対する新しい視点や解釈を見つけることができます。また、書くことによって、自分の考えや感情を客観的に捉えることができ、それによって自分自身をより深く理解することができます。

菅原さんが「サヨナラ・モンスター」を通じて提供している方法は、多くの人々にとって、心の問題を解決し、より良い生活を送るための有効なツールとなるでしょう。そして、エクセター大学の研究も、新しい視点や解釈の重要性を再確認するものとなりました。これらのアプローチや方法が、多くの人々の心の健康や幸福感を向上させるための一助となることを願っています。

菅原隆志より

セルフヘルプなら、サヨナラ・モンスターがおすすめです!心の問題を解決するために大切なことはサヨナラ・モンスターに詰まっています。勉強していくと分かってきますが、人間は自分で苦しみを生み出している部分が大きいので、総合的な働きかけで自分を変えていくことが根本解決になります。本記事でお伝えした新しい視点を持つことは、非常に効果的なものです。ここを軽視せず、すごいことだと思って、1つ1つを価値あるものとして取り組んでいきましょう! 軽視してしまうと良い効果が期待出来ないのです。

サヨナラ・モンスターは心の問題解決の最先端のようなものですから、サヨナラ・モンスターでお伝えしていることに関する様々な研究結果が今後も出てくるでしょう。難しく考えることはないのです。自分の内面が豊かになれば良いのです。その為に新しい視点を見つけて、どんどん学習して自分の心を変えれば良いのです。それ以外の細かいこと複雑なことは後からついてくることなのです。基本は幸せになる為に自分の心を日々変えていけば良いのです。自分の心を更新しないで生きているから苦しみも増えてくるのです。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:New talking therapy for depression could be more effective and cheaper than CBT  – News(https://news.exeter.ac.uk/faculty-of-health-and-life-sciences/new-talking-therapy-for-depression-could-be-more-effective-and-cheaper-than-cbt/)

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました