【良い経験】狂った心の世界に閉じ込められる。それが宗教洗脳……。

【良い経験】狂った心の世界に閉じ込められる。それが宗教洗脳……。 自己理解・自己受容(1)

はじめに

狂った心の世界に閉じ込められる。それが宗教洗脳……。

本記事で言う宗教とは、すべての宗教を指すのではなく一部の間違った宗教のことです。間違った宗教とは、結果として信じる者を”誤った信念”(その者が不幸になる道)に誘導する宗教のことです。そのような宗教を信仰して、他人や子供に強要している者も「間違った宗教を信仰している者」と捉えています。

本記事では過去の僕の苦しみや心理的な成長について書いています。心の苦しみ乗り越えるには「自分を変える」ことが大切なことなのです。そして間違ったもの、誤り、狂気、そうしたことに関する経験があるからこそ正すことが出来るのです。これらの経験もまた1セットなのです。

記事の要約

ChatGPT4.0より

この記事は、宗教洗脳というテーマを中心に、著者自身の経験と心理的成長について語っています。著者は、特定の宗教による洗脳と、その結果としての狂気について語り、これが個人の心に与える深刻な影響に焦点を当てています。

著者は子供の頃から誤った信念や価値観を強要され、それに対して抵抗し、非行に走るまでに至った経験を共有しています。成人後もこれらの経験の影響で心的な問題に苦しみ、最終的には自分自身でこれらの問題を克服し、心理的な成長を遂げたと述べています。

著者は、心の苦しみを乗り越える過程で自己認識と自己理解が重要であると強調し、これらを深めることによって洗脳から解放され、本当の自己を発見する旅を説明しています。また、他人の理解や支援を求めることの難しさと、結局は自分自身が自己理解に至る唯一の方法であると指摘しています。

著者はまた、人生の苦しみを乗り越え、心理的成長を遂げることの重要性についても述べ、自分自身の問題を解決することが、心の虹を生み出すことにつながると説いています。このプロセスを通じて、苦しみから学び、より良い人生を築くことができると主張しています。

最後に、著者は読者に対して、苦しみを乗り越えて新しい解釈を打ち立てること、自分自身の内面を変えることの重要性を説いています。これにより、人生の見方が変わり、より幸せで満たされたものになると結論付けています。

宗教洗脳:狂った心の世界との葛藤の連続

僕の人生の半分くらいは、まさにこの狂った心の世界との葛藤の連続だったと思います。物心ついた頃から狂った信念や価値観などを強要されて育ちました。子は親を信じています。僕も最初は親を信じていました。しかし、度重なる八つ当たり、攻撃、理不尽なことなどが重なることで小学生の頃の僕は親を信じることが出来なくなり、親のことが嫌になり、徹底して抵抗、反発するようになりました。

僕が間違ったことをしていて怒られる分には納得出来ますが、完全に間違った攻撃ばかりでした。そんなことを黙って「はいそうですか」と受け入れることなど出来ません。それでも支配し、心を閉じ込め、言うことを聞かそうとする親と、人生を捨てて、自分の将来なんてどうなってもいいと投げやりになり、その時の「今」を、心汚されないよう、支配の毒で染まらないように必死に抵抗し、その手段の1つとして非行に走りました。

誰も助けてくれない、理解されない。周りの大人も理不尽に攻撃してくることが多い。そんな環境でしたので、非行に走ることが救いだったのです。そしてそれで精一杯の10代だった為、20代になり、疲れ果ててしまい、様々なことが重なり続け、僕の心は病んでいきました。心も脳も衰え、シンナー中毒の廃人のような状態からなんとか回復出来たようなもの……。そんな人間の末路は自殺か刑務所だと思います。どうしていいかわらず、心が閉じ込められているような状態だったので、それらを必死に隠して、「問題解決」という言葉さえも知らないまま、ただ適当に過ごす日々でした。それから数年、更に病み、次は身体の病気、そしてそれが改善した頃には、心の問題、恐怖症、パニック発作、悪夢障害レベルなどで苦しみました。

心の奥底に、「狂気」による侵食も多数あったのです。理の力が弱すぎた僕は尚更、これらの狂気に侵食されていたのでした。

これはもう乗り越えて成長できたのですが、これは一種の洗脳と言えます。

狂気についてですが、これは間違った信念の強要などが原因で無意識を侵されていたということです。

苦しみ〜自己認識〜心の問題解決

話は戻りますが、過去、苦しみが続き、そしてようやく「自己認識」に迫られて(人間は死ぬくらいまで追い詰められると自己認識の要求が無意識のうちに迫ってくる)、自己認識、自己理解を深める道へと入りました。心理学三大巨頭の1人ユングが言ったよう、それを拒めば本当の死を意味することもあるのです。そして自分と向き合うことを少しずつ始め、それにより、自分が洗脳されていたことや、機能不全家庭でスケープゴートだったこと、様々な心理的な問題だらけだったことが明らかになったので、1つ1つ心の問題解決を始め、約6年で大幅な変化(書くこと、サヨナラ・モンスター)、更に数年で心の問題の大きなものの解決を一通り終えました。これにより、洗脳を解き、「本当の自分」を知りました。これを知るともうブレません。再び洗脳されることはありません。ここまで来て「深い納得」が出来る状態になるのです。そうすることで過去に蓋をする必要もなく、「過去を終わらせる」ということが出来るのです。過去に蓋をしても解決はしません。それどころか蓋の中で問題が肥大化し、後でますます苦しくなる可能性もあります。だから僕のお勧めは「過去の蓋を開けて、未処理の問題を処理して納得して終わらせること」です。これが「本当の解決」であると僕は考えています。

心の苦しみから感謝の視点を発見

昔の僕は誰にも言えなかったけど「お願い、誰か助けて」「苦しい」「わかって」というような心の苦しみをずっと抱えていました。僕が抱えていた心の問題は非常に複雑です。一般的な心理師などでは到底理解出来ないことです。ですからわかってもらうことなんて夢のまた夢だったわけです。そして他人にわかってもらうということはとても贅沢なことであり、基本は「無理」なのです。自分のことを理解出来るのか誰か? それは「自分だけ」です。これは当然のことです。自分と共に、いつも一緒にいたのは自分だけです。例えパートナーがいたとしても、心の隅々までわかるわけではありません。だから自分のことを理解出来るのは自分だけなのです。他人が理解してくれるのは、その中の一部だけです。それでも理解してくれたら有り難いことなのです。理解には「理の力」が必要です。この理の力は、黙って勝手に身につくわけではありません。それ相応の努力の結果身につくものです。それをもってわかってくれたなら、その人の背景にある努力があったからこそなのです。だから他人から一部でも理解してもらえたのなら、それは本当に「有り難いこと(感謝の本でお伝えした「有ることが難しい」というい意味)」なのです。

【広告】感謝の本:(読み放題0円対象本)

感謝できない人が感謝できるようになるために大切なこと!
(上記リンクはアフィリエイトリンクになっています。誰かが購入したり、Kindle Unlimitedに登録すると僕に報酬が入る仕組みです)

過去の僕の心の変化の1つ

ここまで読んで、過去の僕の心の変化の1つがわかりましたよね。

1、「お願い、誰か助けて」「苦しい」「わかって」と、他人に当たり前にわかってもらおうとしていた自分
2、他人から一部でも理解してもらえたのなら、それは本当に「有り難いこと」だとわかっている

1はまるで「永遠の赤ん坊」
2は心理的な成長が窺える

自分でも思いますが、僕はかなり成長したと思います。昔の自分と比べて。我儘で自己中心的で、心の一部に根腐れが起きていた過去の自分。その状態から自分の力で心の問題を解決したからこそ、ダメなりにでも成長が出来て、まだまだ足りないけど感謝も少し覚えることが出来たのです。

もし過去の苦しみがなかったら? そう、僕は絶対に変わることなくどんどん悪化していたのです。人生に苦しみはつきものです。それだけ見れば確かに嫌なものですが、乗り越えて、過去も含めて全体を俯瞰して見ると、そこには確かに「苦しみから生まれた心理的な成長」があったことが見えます。こうした心の旅を経て、「苦しかったけど、辛かったけど、良い経験だった。苦しんで良かった」と思えるようになります。

次の大きな問題:人生は問題解決の連続

僕自身は今、次の大きな問題を抱えています。それが何かは今書きませんが、それを解決したら、その時に書こうと思っています。この大きな問題を自分の力で解決出来なければ終わりです。解決できれば更なる成長が待っています。必ずやる。そう思って取り組んでいます。ですので今後は、今までのように自分の言葉のまま記事を投稿することは減るかもしれません。減らないかもしませんが。またはChatGPTを活用して書いた記事が中心になるかもしれません。どうなるかわかりませんが、心の問題解決の為のヒントは山ほど書いて残していますので、僕の書いた過去記事を読み漁ったり、Amazonで販売中の書籍などを繰り返し読んでいただけると嬉しいです。そこにきっと役立つ何かがあると思います。

人生は問題解決の連続です。何年も前から「人生楽しまなきゃ!」と楽しむことのみが人生において必要だと言っている者も増えましたが、これは間違っています。確かに人生は楽しんだほうが良いでしょう。しかしどうでしょうか? それが続きますか? ずっと続きますか? ただ笑って楽しめばいいなんて生きながら、弱り、衰え、全体を見れば悪化や悪循環……。どんな人生でも続かないようになっています。人生には苦しみがつきものなのです。それを解決していく過程の中で、楽しみながら生きていくことが重要なのです。マイナスとプラス、ポジティブとネガティブは1セットです。苦があるから楽もある。下記の水戸黄門の主題歌の歌詞の一節をご覧下さい。

人生楽ありゃ苦もあるさ
涙のあとには虹も出る
歩いてゆくんだしっかりと
自分の道をふみしめて

水戸黄門の主題歌より

まさにサヨナラ・モンスター的な感じです。

涙をしっかり流し、感情を解放し、問題解決をしていくと、「心の虹」が出来ます。心が晴れて、心が豊かになります。

涙をしっかり流し、感情を解放し、問題解決をしていくと、「心の虹」が出来ます。心が晴れて、心が豊かになります。

高評価(星5つ):宗教洗脳の手口の1つ、それは心を閉じ込めること。

【広告】(読み放題0円対象本)
Amazon.co.jp: 宗教洗脳の手口の1つ、それは心を閉じ込めること。: 宗教二世の苦しみと信念。そして人は心理的に成長する。

先日、上記の本に高評価(星5つ)が掲載されていました。読んでくれた方のプラスになったようで書いて良かったと思います。

高評価(星5つ)Amazon.co.jp: 宗教洗脳の手口の1つ、それは心を閉じ込めること。: 宗教二世の苦しみと信念。そして人は心理的に成長する。Amazonより

上記の本でお伝えしているように、狂った心の世界に閉じ込められる。それが宗教洗脳です。だけど結果として僕は【良い経験】だったと思っています。本の中で「誰も悪くない。問題は自分にあった。」と書きました。この考えに至ると、心が自由になります。今の僕は、親や宗教などを恨んでいません。全て、あるがまま、それらが自然な移り変わりの中で起きた経験であったと納得しています。ですので彼らと敵対する必要もないので、心は自由です。

おわりに

僕がお伝えしたいことは、苦しみを通して「新しい解釈を打ち立てること」をしてほしいということです。特にサヨナラ・モンスターを購入された方は、積極的にどんどん、出来るところからやってみて下さい。人生は、自分以外を変えようと努力しても、それは虚しいものになりやすいのです。自分以外は所詮は外のもの。見てる世界を変えるには自分が見る全ての人を変えないといけません。それは支配者たちがやることです。その最終形態が戦争です。そうではなく、自分の内側を変えていけば、自然と見ている世界が変わってきます。今まで「腐った日本」と見ていたとしても自分を変えるだけで「素晴らしい日本」に変わるのです。こんな安全で豊かな国に生まれただけでも、世界トップクラスに幸せなのです。綺麗な水、綺麗な空気、安全。もう既に十分すぎるくらいのものが与えられています。それ以上を求めて更なる豊さを追求するのも良いことです。しかし、現状の基準を「幸せ(素晴らしい日本)」から「不幸(腐った日本)」に変えてしまうから苦しみが増えてしまうということは忘れないでほしいと思います。

僕自身は、自分の過去の宗教洗脳部分に対し、「【広告】Amazon.co.jp: 宗教洗脳の手口の1つ、それは心を閉じ込めること。: 宗教二世の苦しみと信念。そして人は心理的に成長する。」でお伝えしている新しい解釈を打ち立てました。簡単に言うと「偽りを見抜けるように成長する為の試練の1つ。良い勉強になった」ということです。その過程で親への理解も深まり、区別し、相手の「人」としての努力も見えました。

 

心の問題解決をして、心を晴らし、心の虹を出現させましょう!

あなたの「言葉」と「URL」を残す。