「嘘」は口が虚しいと書きます。

世の中には「嘘つき」がたくさんいます。優しい嘘、汚い嘘、恐ろしい嘘、嘘と言っても様々です。そしてその嘘によって命を落とす人もいます。「嘘」は口が虚しいと書きます。虚しいは空っぽということ。つまり嘘を見抜きたいのなら中身を全て確かめればよいのです。「確認」が大事です。

加害者を必要としている被害者。本当の被害者。演技している被害者。被害者と言っても様々です。見抜くのは難しいです。なぜなら相当な演技力の者が混ざっているからです。だから「離れる」ことが大事なのです。騙されていることに気づき、目を覚まし、離れる。そして自分を救うこと。

https://sougok.net/archives/2137

このような手口を使ってまで他人の評価を落とし自分の評価を上げようとする者もいる。それが「現実」。人生甘くはない。幸せに生きてくためには自分や大切な家族の心を守っていくことも必要。そのために「知るべきこと」を知っていくことが大切です。恐怖感情は「知るべきこと」を教えてくれている。

他人の評価を落とそうとしている人は、年中、「解決なしの悪口」を言い続けています。見れば一発です。心理士でさえ、こんなことをしていることもあります。僕らは、そういった魑魅魍魎的な世界から抜け出して、「本当の自分の幸せ」へと向かうための成長をしていけば良い。足枷を外して(離れる)…。

例えば、「被害者に成りすます者(でっち上げ系)」は、「末っ子」に多い。これは心理学三大巨頭の1人アドラーの「末っ子は永遠の赤ん坊になりやすい」と繋がる話です。末っ子は弱者の立場や涙を使って人を支配することを覚えやすいのです。つまり”でっち上げ”をしやすいのです。

あと、長女長男は、大した努力や勉強もせず良く思われたいなどの思いが強くなりやすく、中身が空っぽになりやすい。見せかけだけで。その部分を末っ子が巧みに支配するというケースもあります。こういった「あらゆる手口」は依存時に身につけたものです。精神的自立をするまで使い続けます。

ですので、この依存時(子供時代)に身につけた手口では、当然、誰かに負担をかけ続けてしまう。親代わりとして。そしてうまくいかないことが増え、本当の自分から離れてしまう。そして苦しみも問題も増えていく。だから「自分で自分を救い出す!」という気持ちにシフトさせていくことが大切なのです。

自分で自分を救い出すことの大切さを知らなかった頃、自分が自分の虐待者であったことに気づきもしなかった。自分を雑に扱い見捨てて自分を軽視し無視し、人として扱っていなかった。そして、自分で自分を虐待しながら誰かに助けて欲しいと思う弱さや愚かさに気がついたこともあった。

酷い扱いをする親に依存していると、親が子を酷く扱うように、子供も自分のことを酷く扱ってしまいやすい。「依存」というものは本当に恐ろしいことに繋がってしまうこともある。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)