執着を手放す方法を読んでくれた人の心に良い変化が!「心が軽くなり、手元から執着が流れ出ていった感覚になった」とのこと!

執着を手放す方法を読んでくれた人の心に良い変化が!「心が軽くなり、手元から執着が流れ出ていった感覚になった」とのこと!

何十万冊もあるKindle本の中で、6662位、「叢書・全集 の 売れ筋ランキング」で、本日、4位でした。AmazonのKindleストアのカテゴリで「執着 手放す」で検索するとAmazonおすすめ商品として一番上に表示されています☆

「叢書・全集 の ほしい物ランキング」では、9位に表示されました! 「欲しいものリスト」に登録してくれている人が増えてきたようです。もっと多くの人に、「執着を手放す方法」を届けて、その人と、その周囲の人が、これまでよりもプラスになってくれたら嬉しいです☆

そんな、「執着を手放す方法」を読んでくれた方から、一昨日、Amazonのほうにレビューが投稿されていました。その文章を下記に引用させていただきます。(Amazonから引用)

このように、良いレビューを頂くと、とても嬉しいです! 僕の書いた本を読んでくれていて、「ストンと府に落ちて自分が変わったのは初めて」「気づいて、心が軽くなり、実際に手元から執着が流れ出た感覚になった」と書かれており、本当に良かったです。読んでいただき、投稿もしてくださり、感謝です。ありがとうございます。

読んだときに、涙が出てくる時があります。嬉しいのと、過去の心の傷が癒されたような、プラスな感じの涙が出てきて、過去の人間扱いされなかった心の傷が、今回のようなレビューを読んだときに、「きっと、心から読んでくれたんだろうな」とか、「人間扱いされている」と感じるので、人は表現を通して癒されるんだなと、再認識しました。僕が発する言葉の1つ1つがゴミ扱いだった過去、しかし、僕が書いた文章で、このような良い変化があったと言ってくれる人。直感的に、人間扱いされた…と感じるので、このようなレビューも励みになっています。

レビューを投稿してくれた方は、これまでにたくさんの本を読んできたようで、これまでに苦しみから抜け出そうと、一生懸命生きてこられたのだと思います。自分の苦しみ、恐怖、トラウマ、などが明確になることで手放していけることもありますが、明確になっていく過程、気づく過程、ここは本当に苦しいと思います。それでも、多くの人たちが勇気を持ってそこと向き合い、そして手放して、成長に繋げていく…。これは、すごいことだと思います。とても素敵なことだと思います。

自然なプロセスを経て、手放していくと、「成長」に繋がり、その「成長」が「自由」に繋がり、その「自由」が「責任」と併さり、そしてその人は「その人の幸せ」に近づいていけるのです。執着を手放していく人たちは、幸せになっていくと思います。大切なことは、焦らず、無理せず、自分の1歩を大切なものと、価値あるものと、意味あるものとして、踏み締めていくことだと思います。

もう1度レビューをご紹介させてください。

(Amazonから引用)

この方の「勇気」が、インターネット上、Amazonのページを通して、緩やかに連鎖していき、何処かの誰かの心へ、勇気づけとなるかもしれません。僕自身も、レビューを投稿してくれた方から勇気づけられました。自分の良い変化、心、それをはっきりと発信する。こういった勇気あるアウトプットは、きっと他の人の心にも届き、その人の心が動きにくくなっている原因(サヨナラ・モンスターの教材本編、モンスターの正体でお伝えしている複数のこと)を弱めて、その内側にある「動きたがっている本来の心」が動き始めるきっかけに繋がる場合もあると思います。

人は、「書くこと」を恐れています。ただ書くこと、嘘を書くこと、本当の自分を隠して書くことは恐れません。人が恐れるのは、本当の自分のことを書くことです。以前、下記の記事でお伝えしました。

どんな人も本当に伝えたい思いがある。書けないのは「勇気」より「恐怖」が勝っているからです。

誰もが、本当の自分が伝えたいことを発することに恐怖します。本当のアウトプットを恐れています。そんな中、勇気ある1歩を踏み出して、本当の自分の良い変化をレビュー投稿してくれる人は、勇気ある人だと、僕は思います。レビュー投稿しながら、自分で自分にその成長、良い変化を刻んでいる部分もあると思います。人は誰もが挫けそうになることも、負けそうになることもあります。そんな時に、敢えて書き出すことで、自分に宣言できます。

僕自身も、書くことがとても怖かった。書き続けることで、気づいていなかったこと、気づいたら心が壊れてしまうんじゃないかって思うほどの心の傷、そこが少しずつ見えてきたときは、怖いものです。そしてとても悲しいものです。それでも書き留めて、書き貯めて、壊れそうな自分が壊れないよう、自分で自分に言い聞かすように宣言することで、宣言した通りの方に進めることもあります。そして見捨ててしまった本当の自分を掴みにいく。それは勇気なしでは無理です。

多くの人たちが、本当の自分を大切にする勇気を持ち、その勇気を何らかの形で発信していくことで、そこにその人の「感情」が宿り、それが良い連鎖、勇気の連鎖、温かい連鎖に繋がるでしょう。この連鎖の仕組みが、SNSを通して行われることを、ハーバード大学の医学部の研究者たちは既に発見しています。下記の過去記事でお伝えしたことです。

ハーバード大学の医学部の研究者は、人々が幸せになる方法を発見している!その方法は「感情の連鎖(SNSを通して行われる感情の伝染)」です!良い感情を宿そう!

実際に、レビュー投稿してくれた方の温かい感情が僕の心にも連鎖して、僕自身もプラス感情になりました。ですから、率先して、プラスをアウトプットしている人たちは、ハーバード大学の医学部の研究者たちが発見している「人々が幸せになる方法」を実践しているようなものです。これはSNS以外でも働くのです。なぜなら、プラス感情トレーニング2「emotion plus」でお伝えしているよう、感情(気)は何処にでも宿せるからです。それを率先して実践している人たちが増えてきているように感じます。

この記事を読んでくれている方の中に、周りを気にして、自分が良いと思ったことを堂々と発信できない、怖い、そういう人がいるなら、よく考えてみて欲しいです。他人を生きて何になるのかを。同一化に気づき、それをやめて、かけがえのない存在であるあなた自身を、あなた自身の思考、感情、言葉、行動、これを一番大切にしてあげてください。

もし良かったら、、、、下記を聴いてみてください。時々、僕も聴いています。

 

長くなりましたが、お読みいただき、ありがとうございました。

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)