破壊的カルトの手口の1つ

破壊的カルトの手口の1つ

破壊的カルトの手口の1つについて、元統一教会の幹部だったスティーヴン ハッサンの有名な「マインド・コントロールの恐怖」という本から引用してご紹介します。

それでは引用文をお読み下さい。

破壊的カルトのメンバーは心理的囚人だということである。すでに説明したように、破壊的カルトは、メンバーがそもそもグループをやめること自体を怖がるように、恐怖心を心に植え付ける。こうすることで彼らは、自由な選択の扉を閉ざしてしまう。

 

引用元:マインド・コントロールの恐怖 (ノンフィクションブックス)のP192

私自身が、子供の頃にカルト指定されている団体の考え方を刷り込まれていたので、カルト、支配、そういった者に敏感になっています。まず引用の「心理的囚人」はまさにこれです。この「心理的囚人」と繋がる記事は今までにたくさん書いてきました。例えば「ダブルバインド」「モラルハラスメント」です。ダブルバインドに関しては「心理的囚人」とピッタリですよね。

<<下に続く>>

そして、引用の「メンバーがそもそもグループをやめること自体を怖がるように、恐怖心を心に植え付ける。」は「モラルハラスメント」の恐怖と繋がる話です。だから、私はこのブログでうるさいほど「恐怖への同一化」について書いていたのです。恐怖への同一化のことを書いた記事一覧は「こちら」です。

先ほどの引用の「グループをやめること自体を怖がるように」というこの部分。これこそが「心理的囚人」同士を繋ぐ「」です。この鎖に無意識のうちに恐怖してグループをやめないことが幸せだという理由を無理やりにでも作り出すのです。そしてそれをグループに強いていく。抜けようとする者には「モラルハラスメント」に書いた「村八分」で追い詰めるのです。

こういった者たちの行いが、形を変えて色々な形の「ハラスメント」として「表面化」している場合もあるのです。ヤクザがヤクザであることを隠す時代です。カルトもカルトであることを隠すこともある時代なのです。

関連コンテンツ

【新教材】SHIP

【新教材】SHIP
あなたが人生に悩み、苦しむのは「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ていないからですよね。そう、あなたは自分を信じることが出来ないのですよね。

自分を信じている人は、大好きな人と幸せになり、お金にも不自由せず、社会的に認められ、快適に楽しく暮らしています。

彼らのようになりたいのなら、「本当の自分(内なる自分)」と繋がって「本当の自信」を持てるようになることが必要なのです。

催眠療法を習得すれば「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ます。催眠療法は、アメリカでは「医療」として「正式」に認められ「効果も実証」された方法です。

催眠療法は精神療法の一種で、英国医師会と米国医師会も有効な治療法として認めている確かなものです。更に、アメリカ心理学会や米国歯科医師会も催眠を有効な治療法として認めているのです。

【新教材】SHIPは、自己催眠を習得して「本当の自分(内なる自分)」と繋がり、理想の人生を送るための教材です。

SHIPを受講すればあなたの都合の良い時に動画、音声、テキストで学習することが出来ます。サポート体制も充実しています。

この機会を逃せば、あなたはSHIPに出会えないかもしれません。募集終了になる前に受講して下さい。

続きをメール購読

この記事に「いいね!」しますか?

(最終更新:2017年9月8日)Leave a Comment0 Comment599 views

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)