破壊的カルトの手口の1つ

破壊的カルトの手口の1つ

破壊的カルトの手口の1つについて、元統一教会の幹部だったスティーヴン ハッサンの有名な「マインド・コントロールの恐怖」という本から引用してご紹介します。

それでは引用文をお読み下さい。

破壊的カルトのメンバーは心理的囚人だということである。すでに説明したように、破壊的カルトは、メンバーがそもそもグループをやめること自体を怖がるように、恐怖心を心に植え付ける。こうすることで彼らは、自由な選択の扉を閉ざしてしまう。

 

引用元:マインド・コントロールの恐怖 (ノンフィクションブックス)のP192

私自身が、子供の頃にカルト指定されている団体の考え方を刷り込まれていたので、カルト、支配、そういった者に敏感になっています。まず引用の「心理的囚人」はまさにこれです。この「心理的囚人」と繋がる記事は今までにたくさん書いてきました。例えば「ダブルバインド」「モラルハラスメント」です。ダブルバインドに関しては「心理的囚人」とピッタリですよね。

そして、引用の「メンバーがそもそもグループをやめること自体を怖がるように、恐怖心を心に植え付ける。」は「モラルハラスメント」の恐怖と繋がる話です。だから、私はこのブログでうるさいほど「恐怖への同一化」について書いていたのです。恐怖への同一化のことを書いた記事一覧は「こちら」です。

先ほどの引用の「グループをやめること自体を怖がるように」というこの部分。これこそが「心理的囚人」同士を繋ぐ「」です。この鎖に無意識のうちに恐怖してグループをやめないことが幸せだという理由を無理やりにでも作り出すのです。そしてそれをグループに強いていく。抜けようとする者には「モラルハラスメント」に書いた「村八分」で追い詰めるのです。

こういった者たちの行いが、形を変えて色々な形の「ハラスメント」として「表面化」している場合もあるのです。ヤクザがヤクザであることを隠す時代です。カルトもカルトであることを隠すこともある時代なのです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)