心理的な虐待者がよく「傷の舐め合いは気持ち悪い」と言いますが、傷の舐め合いにも良い面はたくさんある。

1148 views
約 2 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
心理的な虐待者がよく「傷の舐め合いは気持ち悪い」と言いますが、傷の舐め合いにも良い面はたくさんある。

心理的な虐待者は「傷の舐め合いは気持ち悪い」と言うことがありますが、これはまさしく心理的な虐待者だからこその発言だなと僕は思います。

動物たちは傷を負うと仲間で傷を舐め合って助け合いますが、これは素晴らしいこと。人間も同じく深い傷を負った者たちは仲間で傷を舐め合って癒すことが大切な場合もあるのです。

例えば、人の心に深い傷を負わせるサディストや心理的な虐待者は、被害者の傷が癒えてほしくないから無意識のうちに「傷の舐め合いは気持ち悪い」と発する場合もある。それは当然ですよね。「傷つけたい虐待者は、相手の傷が癒えてもらったら困る」かと思います。

「傷の舐め合いはよくない」と思うのは自由です。それと同じく、「傷の舐め合いはよくない」という他人の意見を受け入れるのも捨ててしまうのも自由です。そして、傷の舐め合いにも良い点がたくさんあるということ。

<<下に続く>>

冷静に考えたらわかること。深い傷を負った者たちが肩を寄せ合い、助け合い、深い傷を癒しあって何が悪いのか。震災で心も深く傷ついた人たちが傷を舐め合っていたら気持ち悪いか?僕はそうは思わない。傷の舐め合いは大切なことだと思う。人間らしい素晴らしいことだと思う。

傷の舐め合いはよくないという一方的な視点しか持っていない人は、温室育ち、あるいは、深い傷を心に負ったことが無いのかもしれない。

傷の舐め合いによって、自分1人では癒えなかった傷が癒えることはよくある。なぜなら「自分の深い傷は自分では気がつかないけど、他人が気づくこともあるから」だ。そういった場合も、傷の舐め合いがあったからこそ回復し歩き出せる人たちもいる。それを「傷の舐め合いは気持ち悪い」と思うのは自由だが、そういう言葉をわざわざ他人に伝えている者は、その時の自分の顔を一度鏡で見たら良いと思う。嘲笑の不気味な薄ら笑いを浮かべていると僕は思う。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)