Google検索

「助けて」と誰にも言えない人は助けを求めることを死ぬほど怖がって、気持ちを悟られないように逆に強がっている場合があります。

「助けて」と誰にも言えない人は、助けを求めることを死ぬほど怖がって、気持ちを悟られないように、逆に強がっている場合があります。その部分に触れたら自分が精神的な崩れ落ちて崩壊してしまいそうな気持ちの場合もあると思います。

そういった人は、「家族などに助けを求めたけど、いとも簡単に裏切られた」経験などが過去にあるのかもしれません。更に追い打ちをかけるかのように、弱点を探し出されては攻撃をされた過去があるかもしれません。

http://bright-ms.net/?p=3179の記事に書いたことですが、言葉のイジメや嫌なことをする者は相手の「自尊心を傷つけ、傷ついた人が自分の価値を低く評価し、 セルフイメージを下げる」ようにすることを目的としています。

<<下に続く>>

その為に、相手の心の脆弱性を見つけ出して、その心の脆弱性に集中攻撃をする場合があるのです。ですから、むやみやたらに自分の心の弱さを表に出さずに、「助けて」と誰にも言えない状態であることは「理に適っている」とも言えるのです。

世の中には人の心を傷つけて楽しむ者はいるので、そういった者もいるということを前提に生きなくてはいけません。ですから、防衛の為に嘘をついて自分の心の弱さをカモフラージュすることも防衛手段の一つにもなるのです。

このようなことを覚えて自分で自分の心を守れるようになっていく為に、無意識のうちに、助けを求めることを死ぬほど怖がって、気持ちを悟られないように、逆に強がっている場合もあるかと思います。

大切なことは、自分の心を守るために、自分が成長をしていく事です。

 

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。